くらし

簡単なのに栄養たっぷり!冬のおうち時間を使って甘酒づくりはいかが?

こんにちは。お出かけ記事のお届けが多いものの、実はバリバリのインドア派な本河(ほんかわ)です。寒くなってきたことですし、おうち時間を使ってできることをご紹介したいと考えたところ、ありました。面白そうなものが。

甘酒です!

「飲む点滴」とも言われるくらい栄養価が高い甘酒。最近では健康志向の高まりを受けて「菌活」に興味を持つ方も増えています。そこで今回は、甘酒が持つ歴史と魅力、甘酒づくりの様子をご紹介します。

自然な甘さがうれしい甘酒の魅力!

甘酒には2種類あることを、多くの方がご存知かと思います。

ひとつは、米麹を使用して造る、麹菌の働きによって砂糖を使わない自然な甘さを楽しめるタイプ。

もうひとつは日本酒の風味で大人の味が楽しめる、酒粕を使って造るタイプです。「お酒の匂いがきつくて、小さい時は甘酒を飲めなかった」という方は、もしかしたら酒粕から造られた甘酒を飲んでいたのかもしれませんね。

米麹からつくった甘酒には、「飲む点滴」とも呼ばれるくらい、ビタミンB群やアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれています。また、麹菌の働きによって米のデンプン質が糖化しているので、砂糖を使わなくても自然な甘さを楽しめるのも嬉しいところですね。

最近では健康と美容のことを考えて、甘酒をお菓子やジュースを作る時に砂糖の代用品として使う方も増えているそうです。

引用:写真AC

そんな甘酒の歴史ですが、実はかなり古いことをご存知でしょうか。一説によると、甘酒の起源は古墳時代まで起源を遡ることができるそうです。日本書紀に登場する宮中祭祀の一つ、新嘗祭(にいなめさい)で供えられた「天甜酒(あまのたむさけ)」は、甘酒を指しているという説もあります。

江戸時代に入ると、夏場の水分と栄養補給を担う飲み物として、甘酒は飲まれるようになります。当時は甘酒をつくって売り歩く「甘酒売り」という職業もあったそうです。

初詣をした時に振る舞われる機会が多いので「甘酒は冬の飲み物」というイメージが強かったのですが、俳句の世界では甘酒というと夏を指すのですね。よいことを知りました。

コツは●●に気をつけること!ビックリするくらい簡単な甘酒の作り方

では、米麹を使った甘酒を作りましょう。

今回使用した米麹はスーパーで購入しました。米麹は、豆腐や納豆などを置いているコーナーに配置されていることが多いようです。各種通販サイトでも取り扱いがあるので、慣れてきたら自分好みの麹を探すのも楽しいかもしれません。

米や粥を一緒に入れるレシピもありますが、麹単体で作るとどのくらい甘くなるのかを知りたかったので、今回はあえて麹のみで進めました。

スープジャー内部を熱湯で軽く温める。
パラパラになるまで手でほぐした麹をスープジャーに入れる。
適温(60℃前後)に調整したお湯を入れる。
軽く混ぜたらフタをする。

あとは8〜10時間放置。通常のお酒よりも速く発酵が完了するところから、甘酒は「一夜酒」と呼ばれることもあるらしいです。仕込んだ翌日から楽しめるってなかなか魅力的ではありますが、それなりに待たなければいけないのだな、と思いました。

甘酒づくりのポイントについて、すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが「温度」が重要になります。麹菌の働きが活発になるのは60℃前後。それよりも高すぎると麹菌が死滅してしまいますし、低すぎると今度は麹菌の活動が緩やかで発酵が進みません。

ですので、甘酒を造る時は、甘酒が完成するまで麹菌にとって働きやすい環境を提供できるよう、温度管理を意識しましょう。

こうした理由から、今回使用したスープジャーのように適温を保てる道具を使用するのが一般的です。あるいは炊飯ジャーの保温機能を活用する方法もオススメですよ!

完成したはずなのに見た目の変化がなさすぎる甘酒。気になる味は…

シュレディンガーの猫ならぬ、シュレディンガーの甘酒。

翌朝、いよいよスープジャーを開ける瞬間がやってまいりました。真冬なので腐ることはないけれど、逆に発酵の進みが悪くて甘酒になりきっていなかったらどうしようと、ドキドキしながら蓋を開けました。

ちょっとわかりにくいので別容器に移し替えました。

水分を吸って麹がふやけているのはわかります…が、それ以外の見た目の変化は特に見られません。匂いも、発酵臭も刺激臭もしない。

スープジャーで保温料理をした経験がある方ならイメージしていただきやすいと思うのですが、朝ごはんで雑炊を食べたくて仕込んだものの上手くいかず生煮えになってしまった米を見ている時のような気持ちです。

ビジュアルはお粥。味は…?

失敗しても、それはそれで貴重な「はじめの半歩」。いざ実食。

甘い!

麹のつぶつぶは、舌先で押すとほろっと崩れるくらいのやわらかさ。口に含むと、一気に甘みが押し寄せてきます。

市販されている米麹を使った甘酒と比べてもなんら遜色ありません。

というよりも、むしろ甘みが強い気がします。水分が少なくて「甘酒」というより「甘粥」といったほうがしっくりきますが、甘すぎると感じた場合はお湯で伸ばして調整すれば特に問題なさそうです。

これは成功したといってもOKでしょう!

最後は、せっかくなのでお正月らしい雰囲気にしてみました。

【まとめ】

本河美佳

本河美佳

投稿者の記事一覧

金融機関とベンチャー企業での勤務後独立した、フリーランスのライター。記事を書くうえでのモットーは「何かを変えたい誰かの背中を押す」です。
気になることにはまっしぐらな性格で、心のアンテナに引っかかったイベントに参加したり、ちょっとニッチで面白そうなスポットを訪問したりしています。
学生時代には学芸員の資格を取得した博物館・美術館好きで「博物館は誰のもの」(https://who-belongs-to-the-museum.hatenablog.com/ )を不定期更新中。

関連記事

  1. 「日本文具資料館」は文房具のワンダーランド!浅草橋で文房具に萌え…
  2. 3高→4低→3生って何?
  3. 【インタビュー】金沢21世紀美術館「ダブル・サイレンス」をどう楽…
  4. アンティーク入門のすすめ~お部屋に暮らす美術品~
  5. 中毒性高し!スペインの歴史や文化も楽しめるフラメンコの魅力を、舞…
  6. グルーヴ足りてますか?~ライブレストラン「銀座ケントス」でオトナ…
  7. 金沢といえば兼六園とレトロ建築!おすすめの観光・お散歩コースを紹…
  8. 名古屋メシならここ!地元在住ライターがオススメする絶品和食ランチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

環境先進国オランダで進む脱プラスチック!スーパーマーケットで見る、オランダ人の環境への取り組みとは?!

オランダは国土の約25%が海抜以下、地球温暖化や環境問題に敏感な国です。無料レジ袋は数年前…

ジェロントロジーの本『なぜ愉快?』を読んでみました♬

昨年、話題のソーシャルメディアClubhouseで知った『ジェロントロジー』について書いてある本を…

【顔面学講座②】「東大寺の大仏殿の観相窓」~仏像の顔を見比べる楽しみ~

あけましておめでとうございます。新年ということで、今回は縁起のいい「仏像の顔」をテーマにお…

冬こそ行くべし!雪の貴船神社は京都が誇る絶景の名所!

冬景色といえば津軽海峡ですが、京都も負けてはおりません。雪の貴船神社(きふねじんじゃ)に行ってきた…

驚異のイラストアーティスト田村大、初個展&初画集で飛躍の年となった2021年を振り返る

若手アーティストにとって、「初個展の開催」「ファースト作品集の発表」は、その後キャリアを伸ばしてい…

PAGE TOP