金魚が日本橋で乱舞?『アートアクアリウム 2018』で過ごす夏 | [楽活]rakukatsu - 日々楽シイ生活ヲ

アート

金魚が日本橋で乱舞?『アートアクアリウム 2018』で過ごす夏

大人が「夏の涼」を求める楽しみといえば、花火、縁日、ビアガーデン、最近ならナイトプールなんていうものも。その中、夏でこそ楽しめるもののひとつが「アクアリウム(水族館)」です。

今年も全国各地の水族館で大人も楽しめる夏季限定のイベントが行われています。特に、ここ数年は、エンタテインメントとしても存在感を増してきた「デジタルアート」を演出に積極的に取り入れ、光や音などの総合演出で盛り上げる、ナイトアクアリウムやナイトショーを開催する水族館が目立っています。

とりわけ日本橋での開催が定番となった感のある「アートアクアリウム」は、毎年開催初日から大行列となり、約3ヶ月間の開催期間中、50万人以上を動員するおばけイベントとなっており、今年も『ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018』として開催中です。

約8000匹の金魚や錦鯉がきらびやかな演出が施された水槽の中で乱舞する、この夏、大注目イベントをご紹介します。

テーマは「江戸・金魚の涼」

「アートアクアリウム」の最大の特徴は、日本の夏の美を象徴するような「金魚」や「錦鯉」を中心とした大量の観賞を、音と光、映像、香りなど多彩できらびやかな演出とともに楽しめること。特に今回の日本橋会場では、”江戸・金魚の涼”をテーマに、大小様々な観賞魚が「和」を強く感じさせる数々の水槽で遊泳します。

所狭しと金魚が回遊する、まるでクリスタルのような水槽。

巨大な水槽、ダイナミックな演出

本展で展示されている15作品の中から、巨大な水槽を使った、ダイナミックな演出の作品をいくつかをご紹介します。

「天井金魚」
会場のエントランスからメイン展示室へと抜ける通路を見上げてください。そこには格天井のように仕切られた水槽が天井に。これは江戸時代の豪商がガラスの水槽を天井に作って、金魚を下から見上げて鑑賞していたという言い伝えを現代に蘇らせたものです。プロデューサーの木村英智氏が構想5年を経て実現した展示方法で、技術的にも難しいもので「消防法ともギリギリだったが、なんとか実現できた」(木村氏)作品です。

天井金魚

「アースアクアリウム・ジャポニズム」
地球上の主要な各大陸の輪郭を水槽の表面に描いた球体状の巨大水槽。ライトに照らされて、乳白色のやさしい色合いに光る水槽内では、大量の金魚が回遊しています。よく見てみると、地球が自転するように、水槽本体もゆっくりと回転しています。

「アースアクアリウム・ジャポニズム」

「大政奉還金魚大屏風」
本展における最大規模の作品。特設ステージの背景部分に設置されている「ビョウブニウム」と名付けられた18連の屏風状の水槽に、様々な種類の金魚が泳いでいます。さらにその背面には、プロジェクションマッピングによる江戸時代の「大政奉還」をイメージしたデジタルアートが巨大水槽を彩ています。

「大政奉還金魚大屏風」

「超・花魁」
アートアクアリウムの「顔」といえる作品のひとつです。花魁(おいらん)の頭部に見立てた、ダイナミックなデザインの巨大なクリスタル状の水槽の中に、約3000匹の金魚が回遊する、本展で最大級の容積を誇る巨大水槽です。

「超・花魁」

綺羅びやかな水槽、贅沢な演出

続いて、日本の美を心安らかに楽しめる作品です。

「九谷金魚品評」
金魚鉢という呼び名がしっくりくる九谷焼で製作された贅沢な作品。品評会にならって上見で金魚を鑑賞し、横からは九谷焼で描かれた金魚を楽しむというもの。巨大な水槽ばかり見てくると、思わずホッとします。

「九谷金魚品評」

「カレイドリウム3D」
大人気のカレイドリウムが六面体の「万華鏡」として立体的に再現された作品。刻々と色合いが変わり続ける水槽の中で泳ぐ金魚に光が当たり、万華鏡のようにきらびやかに変化し続ける極彩色の水槽は、いつまでも見飽きません。

「カレイドリウム3D」

「床掛け金魚飾」
掛軸水槽の手前には、刀匠・月山貞利とのコラボレーションにより誕生した日本刀「翔英美天命(しょうえいびてんめい)」が。刀身に金魚が彫刻された史上初の日本刀です。また、掛け軸の周りには、イタリア最古の宝飾ブランドであるCuusiが手がけた、海の生き物たちのシルバーアートが配されています。

「床掛け金魚飾」

「翔英美天命(しょうえいびてんめい)」

日本橋をそぞろ歩きたくなる「金魚大提灯参道」

「アートアクアリウム2018」に来たら、ぜひあわせてお楽しみいただきたいのが、こちら。できれば夕方になって、日が落ちてから、コレド室町の外に出てみてください。コレド室町の北側に鎮座する福徳神社への参道である仲通りが「金魚大提灯参道」として、高さ約1.8mの金魚柄の大提灯を含む、大小合わせて約100個の金魚柄の提灯が参道を彩っています。

花火で描かれた金魚?

大提灯がお祭り気分を盛り上げています

さらに、仲通りを川の水面に見立てたデジタル花火アート「ミナモハナビ」が連日18時よりスタート。川のせせらぎの音や、鳴り響く花火の音を連想させる環境BGMにあわせて、パッと花火が道いっぱいに描かれます。この夏らしい趣向は一見の価値あり!

いつもは普通の道路が、いまは参道としての風情を醸しています。

また、福徳神社の境内には約200個の江戸風鈴が吊り下げられた「森の風鈴小径」もお目見え。音で涼を楽しんでもらおう、という粋な演出です。

福徳神社の「森の風鈴小径」

都心における夏のイベントとして、確実に定着してきた感がある、日本橋の夏を盛り上げる「アートアクアリウム2018」。家族連れに、デートに、あるいは会社帰りに一杯飲みながら、様々な楽しみ方ができる展覧会です。趣向を凝らした演出の中で金魚が織りなす幻想的な非日常の世界をぜひお楽しみください。

【展覧会情報】
展覧会名:「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018」
開催期間:2018年7月6日(金)~9月24日(月・祝)※期間中無休
開催時間:日曜日~金曜日:11時~22時30分(最終入場:22時)
土・祝祭前日:11時~23時30分(最終入場:23時)
アートアクアリウム(11時~19時)
ナイトアクアリウム(19時~22時30分/23時30分)
会場:日本橋三井ホール
東京都中央区日本橋室町2-2-1コレド室町1(5F/受付4F)
入場料 :中学生以上1000円/子供(4歳~小学生)600円/3歳以下無料
※小学生以下は保護者要同伴
公式サイト:http://artaquarium.jp/

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. 【趣味れーしょん美術館】#002:ヌード展の想定外な展示とスマフ…
  2. 2017年の『あな展』ベスト1は? / 『あなたが選ぶ展覧会20…
  3. 図録製作秘話もたっぷり聞けたトークイベント「久保佐知恵×おおうち…
  4. 女性ならではの独自の着眼点に注目! / 石内都「肌理(きめ)と写…
  5. 【てつとび】美術館編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原…
  6. 【ミュージアム・プレイリスト】第1回 音楽の印象派『至上の印象派…
  7. 【DJAIKO62の京都藝術迷宮通信(仮)】03:暑い京都で涼し…
  8. 【Takのアート入門講座】「世界史」で美術を学びなおそう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

上野で昆虫採集!? “昆活”マイスターが盛り上げる!特別展「昆虫」

ファミリー向けの夏の大型イベントといえば、人気が高いのは「恐竜」と「昆虫」がすぐに思い浮かびます。こ…

【Recipes of masterpiece】JAZZYなブルーベリーパイ:「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

初めまして。料理好きアーティストのケルピィと申します。映画や楽曲に出てくる印象的な食べ物を、簡単…

古のサムライが現代へ!?『野口哲哉~中世より愛をこめて』ポーラミュージアムアネックス

現代美術家、野口哲哉を知っていますか? 1980年生まれの作家は、幼少期より模型づくりに没頭。大学で…

『FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展』コスプレイベントレポート!

2018年8月10日よりスタートした『FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展』。先日こちら…

美術館で納涼!『水を描くー広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしおー』山種美術館 

今年の夏の暑さは特に厳しいですね。祇園祭の時期の京都に一週間ほど滞在したのですが、意外なほど夕方から…

PAGE TOP