アート

しとやか人形にひとめ惚れ。与勇輝の創作は「存在力」がすごい!『パリ凱旋・傘寿記念 与 勇輝 創作人形の軌跡』

初雪の朝、紅に色づく頰は、ぷにぷにと柔らかそう!人形のような人間…間違えた、人間のような人形です。こんなお人形が家にいてくれたら、現実の厳しさを忘れられそう。(26歳独身女性の感想)

申し遅れました。弊職は「アートの定理」という美術ブログを運営する、アラサー孤独ハイテンション美術ブロガーです。[楽活]読者の皆さん、はじめまして。

はじめに紹介したこの人形は、世界的な人形作家、与勇輝(あたえ ゆうき)さんの「初雪」(1996年)です。与さんの80歳を記念して、50年に渡る創作活動を振り返る展覧会が行われています!

人形の内側から滲み出る「存在力」

「徹子の部屋」で黒柳徹子さんが大絶賛されていた「夕子」も美しく静かに佇んでいます。

与勇輝「夕子」(2015年)

髪も瞳も唇も、浴衣のしわも、指の曲がり方も。しっとりした生気を感じます。頭の先からつま先まで完璧な和装美人…こんな美女に生まれてみたかった!

とにかく「存在力」が凄いんです。動き出しそうだし、喋り出しそう。この子の性格も声も息遣いも、無いはずの背景まで、全て伝わってきます。主人公を取り巻く物語がほわほわと脳内に広がりますよね。

驚異のバランス

与勇輝「戯れ」(2015年)

何とも自然に蝶々と戯れる少女。洋風の少女人形も、与さんの守備範囲なのです。

今、「この人形、本体を外側から支えているんでしょ?」って思いましたよね?違うんだなー! ちゃんと二本足で立っているのです!信じられますか!?お人形なのに二本足で!ねぇ!?人間の骨格と同じような仕組みで自立していますよ!

与さんの観察眼と計算が超絶に完璧すぎる証です。

与勇輝さんって何者!?

超ブラボーなマエストロの与さん。子どもの頃から手先が器用で、工作が大好きな少年だったそうです。最初の職は人形ではなく、マネキンの制作でした。ところが10年ほど勤めた頃、マネキンは機械で量産されるようになってしまいます。それからは、オリジナリティーが出せる表現を求め、30歳頃から人形制作にのめり込んだのです。人形制作一筋にやってきたその実力は、日本だけでなく世界からも認められようになります。

2000年にはニューヨークで初の個展を開催、2006年にはパリでも個展を開催しました。2008年のブラジル・サンパウロでの展覧会には10日間で20万人を動員したのです!70歳になる2007年には、ニューズウィーク日本版で「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれました。さらに翌年の2008年には「卓越した技能者(現代の名工)」として厚生労働省大臣から表彰されます。凄い2冠…日本を代表する芸術家と言っても全く過言ではありません。

さらに今回、2018年2月9日~3月3日には2回目となるパリでの個展が開催されました。与さんの人形は、美意識の高いパリジャン、パリジェンヌをも魅了し、個展は大成功!まさに日本が誇る人形作家であり、本展はパリでの成功を祝う凱旋記念展でもあるのです。

お人形の作り方も公開!

制作途中のパーツや道具も展示

マネキン制作の技術が役立っているという、「存在力」に溢れ、二本足で立つお人形たち。一体、どうやって作っているのでしょうか?

「中身を知りたい!」という声に応えるように、制作途中のパーツや道具も展示されています。針金に脱脂綿を巻いて、手袋のように縫い合わせた布の中に詰めるのだそうです。お手手の中から針金が伸びていて、急に現実に引き戻されますね…。中の針金をいじることで、首の角度や関節の曲がりを調整しているのです。0.1度レベルの繊細な針金の曲げで物語が生まれている、と。

こんなに手先の器用な作家がいるのかぁ…。参っちゃうよね、本当。

芸能界にもたくさんのファンが

与勇輝「埴生の宿」(2015年)

会場を訪れた、与作品の大ファンであり本展のオフィシャルサポーターを務めるミュージシャンの藤井フミヤさんが、「生きているようにしか見えない。動き出さないのが不思議なくらい」「人形を見ているだけで、住んでいる町や生活まで想像が広がる」と魅力を語っていました。展覧会に行ったら、同じ感想を抱くこと間違いなしですね。

同じく内覧会に登場した俳優の谷花音ちゃんと寺田心くんも「本物みたい!」と感激。おふたりのように、先入観の無い子どもたちには、どんな物語が見えているのでしょうか?

半世紀に渡る創作の歴史を一挙公開

与勇輝「お庭のすずめ」(1998年)

「布の彫刻」と評される、唯一無二の与作品。1つの人形を作るのに、平均して3週間もの時間がかかる大変な仕事です。本展では150点ほどのお人形が展示されており、隣のミニチュア異空間を覗くかのような体験ができました。1人1人から滲み出る物語を、あなた自身の心で受け止めてみてくださいね!

【展覧会情報】
『パリ凱旋・傘寿記念 与 勇輝 創作人形の軌跡』

[東京展]
会期:2018年3月21日(祝・水)~4月10日(火)
会場:松屋銀座8階イベントスクエア(中央区銀座3-6-1)
開催時間:10:00~20:00 ※最終日は17時閉場、入場は閉場の30分前まで

[京都展]
会期:2018年4月25日(水)~5月7日(月)
会場:京都髙島屋7階グランドホール
開催時間:10:00~20:00 ※最終日は17時閉場、入場は閉場の30分前まで

[横浜展]
会期:2018年5月18日(金)~5月28日(月)
会場: 横浜髙島屋ギャラリー<8階>
開催時間:10:00~20:00 ※最終日は18時閉場、入場は閉場の30分前まで
*以降、全国百貨店・美術館等を巡回予定

詳細は以下のURLをご参照ください。
https://atae-yuki.com/

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

「芸術鑑賞はエンタメ!」
を伝えるため、勢いと慣性に任せた自由ブログ「アートの定理」を運営中。展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴る普通のブロガーです。[楽活]では美術館へのハードルを下げ、テンションの上がる記事を書いています。アートのある楽しい生活へのお手伝いを、させてください。

関連記事

  1. 古のサムライが現代へ!?『野口哲哉~中世より愛をこめて』ポーラミ…
  2. 注目の国宝「葛井寺・千手観音菩薩坐像」の展示も!仁和寺展の後期展…
  3. ひかるの正方形レポート「建築の日本展~その遺伝子のもたらすもの~…
  4. アート✕ポケモン! ピカチュウがアートと饗宴:Pokémon S…
  5. 東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープ…
  6. 新しいモネを見つけに行こう!『モネ それからの100年』横浜美術…
  7. 食べるコミュニケーションって?「おべんとう展」を食べつくそう!:…
  8. 【趣味れーしょん美術館】#006 二度見する、揺れる絵画『ゆらぎ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

ライブハウスで楽しむ伝統芸能!「講談×落語 in KENTOS銀座」に行ってきた!

9月23日、待ちに待った久々の楽活主催での伝統芸能イベント「講談×落語 in KENTOS銀座」が開…

【パパと一緒に】子供も大好き?!自動車文化を無料で楽しめるテーマパーク「MegaWeb」に行ってきた!

小学校の男の子って、とにかく乗り物が好きですよね。僕の子供も、今年小学校3年生に上がったばかりですが…

東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープン!

2018年4月19日、東京・半蔵門駅直結の好位置に、仏教美術を専門に取り扱う新たな博物館として「半蔵…

わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美術館

アートが大好きで、展覧会やギャラリーで見たものをブログに書いているMと申します。週末は注目の企画展に…

【イベントレポート】美術を観る楽しさを知る!トークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』

楽しくて、わかりやすくて、1時間半のトークがあっという間でした!楽活のメインライターであり、人気アー…

PAGE TOP