くらし

【速報】2022年秋、京都国立博物館にて、特別展「京に生きる文化―茶の湯―」開催決定!

茶の湯ファンに朗報です!

2022 年秋、京都国立博物館にて、特別展「京に生きる文化―茶の湯―」が開催されることが決定い
たしました。「茶の湯」をテーマとした大規模展としては、2017年春の特別展「茶の湯」(東京国立博物館)についで、5年ぶりの開催となります。

中国からもたらされた茶を喫する文化は、時代を経ながら徐々に和様化しました。京都周辺では茶の
栽培が活発化し、唐物賞玩する茶や社寺の門前で参詣者に茶を振舞う一服一銭も生まれ、茶は広く拡
がりをみせるようになります。

さらに「茶の湯」という独自の文化を生み出し、今では日本文化を象徴するものとして、世界で広く認知されるようになりました。

現在でも茶道の家元や茶家の多くが京都を本拠としていることからもわかるように、京都は茶の湯の
歴史のなかで、中心的な役割を果たしてきました。

本展では、京都にゆかりのある各時代の名品を紹介しながら、千年以上も日本の中心にあり、今もなお、茶の湯が生きる京都を中心とした茶の湯文化が紹介されます。

茶の湯の本場「京都」で、茶人たちが守り継いできた歴史と美意識をたっぷり体感できる展覧会になりそう。作品数や、作品詳細は今後順次発表される予定。来年の秋が楽しみですね!

詳細が判明次第、楽活では特別展「京(みやこ)に生きる文化―茶の湯―」について、随時ご報告させていただきたいと思います!

【開催概要】

特別展「京(みやこ)に生きる文化―茶の湯―」
◼ 会期:2022年10月8日(土)~12月4日(日)
◼ 会場:京都国立博物館(京都市東山区茶屋町 527)
◼ 休館日:月曜日
(ただし、10月10日[月・祝]は開館、翌11日[火]は休館)
◼ 開館時間:午前9時~午後5時30分
※入館は閉館30分前まで
◼ 主 催:京都国立博物館、読売新聞社
◼ 特別協力: 表千家不審菴、裏千家今日庵、武者小路千家官休庵、藪内家燕庵

関連記事

  1. イーブイが9人のクリエイターとコラボ!「イーブイズプラスカフェ」…
  2. 金沢に国立工芸館がオープン!コレクションに建築と見どころ盛りだく…
  3. 毒と共に生きていく?『ヨコハマトリエンナーレ2020』とコロナ禍…
  4. 「なんかいいな」の一瞬を永遠に!あなただけの小説を書いてみよう!…
  5. フランス美術の300年を堪能!ヤマザキマザック美術館「秋の所蔵品…
  6. アート✕ポケモン! ピカチュウがアートと饗宴:Pokémon S…
  7. 「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和展…
  8. 【ミュージアム・プレイリスト】第4回「美のはじまりの音楽:縄文1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

観光に活気が戻ったトルコ。コロナ禍での、人気のリゾート地への最新の格安旅行事情をレポートします!

筆者が現在住むヨーロッパ・ドイツでは、国内外問わず人の行き来が比較的、元に戻っています。場…

【群馬県】キングオブパスタ2021開催食べ歩き&スタンプラリーで王者を決定せよ!

群馬県内最大級のフードイベント、キングオブパスタ2021年が開催、新型コロナの関係で2020年より…

【珠玉の5選】映画で読み解く、文豪や編集者たちの波乱に満ちたドラマチックな人生!

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋…読者の皆様、いろんな秋を楽しんでいますか? 秋の夜長に気になっていた…

今、clubhouseで起きていること。独自の展開を続けるclubhouseはその進化を止めてはいない。「楽しめる」部屋の扉は自分で「開ける」。

2021年、鳴り物入りで日本でもスタートした音声SNS「clubhouse」。サービス開始から半年…

「鬼滅の刃」の新聖地?!天狗だらけのお寺・迦葉山弥勒寺が凄かった!日本三大天狗の魅力を徹底レポート!

皆様こんにちは!楽活ライターのかわむらです。今回は群馬県沼田市にある天狗だらけのお寺、弥勒…

PAGE TOP