シネマ

【映画評】ミレーの絵画世界をリアルに再現?!映画「田園の守り人たち」試写会レビュー

映画「田園の守り人たち」を観て来ました。


「田園の守り人たち」公式サイト
http://moribito-movie.com/
岩波ホール
https://www.iwanami-hall.com/

2019年7月6日より岩波ホールを皮切りに順次全国公開となる映画「田園の守り人たち」。まずは2分弱の予告編をご覧になって下さい。

7/6「田園の守り人たち」予告編

1915年、第一次世界大戦時のフランスの片田舎が舞台の映画。全編を通し美しい風景・景色がスクリーンに映し出されます。

ただ、映画を紹介する際に風景の映像美が素晴らしい!と書くことは、暗に内容は大したことはないことを意味したりするものです。

でも、「田園の守り人たち」は違います。

しっかりと女性たちの物語を描いています。そう、戦争で旦那や息子が駆り出され、男手が足りなくなった農地を必死で守ろうとしる女性たちの姿を。

一心不乱に種をまく姿は、種まきの時季に間に合わせるためでもあり、また戦場へ赴いている身内のことを一時忘れるためでもあります。

そしてそうしたシーンはバルビゾン派のミレーが描いた農民画の世界観と見事なまでに一致します。監督がミレー作品を意識したことは疑う余地はありません。


ジャン=フランソワ・ミレー「種まく人」1850年 油彩、キャンバス、101.6 × 82.6 cm
ボストン美術館

描かれている農民が男性ではなく、女性になっただけです。

残された女性だけで農作業は務まりません。そこへひとりの女性がお手伝いとしてやってきます。

彼女は決して「ゴジラ」ではないので、別段大地を揺るがすような大きな変革がそこにもたらされるわけではありません。

誰も気が付かぬ程度の微細な変化に過ぎませんが、鑑賞者はそれを知ってしまいます。

そしてその小さな一穴が、いつ知らず不協和音となって影を落とし始めます。とは言えそれも普段見慣れている映画やドラマに比べれば全く大ごとではありません。

だから、ミレーの絵画のような美しい風景に集中できるのかもしれません。


ジャン=フランソワ・ミレー「藁を束ねる人」1850年 油彩、キャンバス、56 × 65 cm ルーヴル美術館

「田園の守り人たち」を観ていると、『万葉集』に入っている防人の歌が自然と頭の中に浮かんできます。

それが、この作品の本筋です。と同時に美しい風景も。

多くは語らずとも、派手な場面展開はなくても人間の本質的な想いというものは、どの時代、どこの国であっても決して変わるものではありません。

それを静かに再確認させてくれる極上の作品です。2019年7月6日より岩波ホールを皮切りに順次全国公開となります。


映画「田園の守り人たち」

原題:Les gardiennes
製作年:2017年
製作国:フランス・スイス合作
配給:アルバトロス・フィルム
上映時間:135分
「田園の守り人たち」公式サイト
http://moribito-movie.com/
岩波ホール
https://www.iwanami-hall.com/

※本記事は、ブログ「青い日記帳」Takさんの許可を得て以下の記事を転載させていただいたものとなります。
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=5522

Tak

Tak

投稿者の記事一覧

美術blog「青い日記帳」主宰。『カフェのある美術館』(世界文化社)『美術展の手帖』(小学館)編集。『フェルメールへの招待』編集・執筆。ぴあ、goo連載。『文藝春秋』書評寄稿など、各種講演・執筆活動など、幅広く活躍中。

関連記事

  1. 大正ロマンの魅力、再発見!東京駅で竹久夢二の世界へ〜『夢二繚乱』…
  2. 霧と光で涼を楽しむ。WOWが手がけるデジタルアート庭園
  3. 【趣味れーしょん美術館】#003:ミラクル エッシャー展はクルク…
  4. 【趣味れーしょん美術館】#006 二度見する、揺れる絵画『ゆらぎ…
  5. 春を感じるような華やかさ。『ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛し…
  6. セログラフィティの達人、Evgeny Chesさんのライブペイン…
  7. 芸術の街ウィーンで建築美を堪能してきました!
  8. 爆音上映ならぬ勉強上映? スクリーンから西洋美術を学ぶ。『アート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

京都市京セラ美術館のカフェ「ENFUSE」を堪能してきました!

先日、2020年4月4日からオープンする京都市京セラ美術館の内覧会へ行ってきました。私は美術館…

「生誕140年記念 背く画家 津田青楓とあゆむ明治・大正・昭和展」(練馬区立美術館)

「津田とは側にいて昼寝をすることもできるし、黙って何時間一緒にいても気が張らないからいい」そういっ…

華やかなファッションと女性の自信『森英恵 世界にはばたく蝶』

日本を代表するファッションデザイナー、森英恵(もり はなえ)さん。オートクチュールや映画・舞台の衣…

【開館中の展覧会まとめ】あきらめるのはまだ早い!首都圏で現在楽しめる、オススメの美術展10選

2月末に政府から発表された「大規模なスポーツ・文化イベント自粛」要請を受け、東京・大阪など大都…

幸せがほとばしる!アール・デコの美術館でルネ・ラリックのガラスを堪能!

こんにちは、「イチオシの美術館はどこですか?」と聞かれると、必ず「東京都庭園美術館です!」と答える…

PAGE TOP