アート

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』


《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵

ラウル・デュフィという画家をご存知ですか?20世紀のパリを代表する画家で、その明るい色彩は現代でも多くの人々を惹きつけています。

パナソニック汐留美術館で、2019年12月15日まで『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』が開催されています。本展を楽しむため、ポイントを簡潔にまとめました!

空間の『雰囲気』まで描いたデュフィの絵画


《公式レセプション》1942年 油彩/キャンバス 大谷コレクション

ラウル・デュフィは20世紀のパリを代表する画家。アンリ・マティスなど野獣派の画家に影響を受けたこともあり、華やかな色彩が特徴です。

しかし彼の芸術は野獣派の枠に収まらず、独自の表現を作っていきます。中でも注目したいのが、「その場の雰囲気や音楽を色彩で表現する」という職人技!

展示風景

デュフィが頻繁に描いたコンサートホールには、演奏される音楽が伝わってくるほどの臨場感があります。オーケストラの迫力ある音が、デュフィの手によって色彩による網膜への圧力となり、あなたの心を振動させるはず。

まるで自分が絵の中にいるかのように感じられるデュフィの絵画。色彩を介して五感が刺激される感覚を楽しんでみてくださいね。

テキスタイル・デザイナーとしてのデュフィの才能


展示風景

ラウル・デュフィは画家としてだけでなく、テキスタイル・デザイナーとしても活躍してきました。同時代にファッション・デザイナーとして活躍したポール・ポワレに見出され、デュフィはテキスタイルのデザインを始めました。ちなみに、ポワレはコルセットを取り去った画期的な女性ファッションを提案し、一世を風靡した人物です。

テキスタイル・デザインの世界に入るきっかけとなったのが、デュフィが制作した木版画でした。詩人アポリネールの依頼で制作した木版画による挿絵が、ポワレの心を掴み「テキスタイル・デザインでも活躍できる!」と確信させたのでしょう。

絹織物の会社ビアンキーニ=フェリエ社との専属契約を結んでからも、数々のヒットを生んできました。中でも画期的なのが、スポーツをする人々やダンスホールの風景をテキスタイルに用いたことです。


展示風景

「まさかコレをファッションに!?」と、当時の人々も驚いたのではないでしょうか。テニスをする人々の様子までテキスタイル・デザインに落とし込んでおり、普通だったら考えられないアイディアを形にしていきました。

本展では、デュフィがデザインしたテキスタイルを用いたドレスなども20点展示されています!夢のブティックに招待された気分も味わうことができます。

パナソニックの技術が用いられたプロジェクション


会場風景

本展で欠かせない見どころの一つが、『床』です!パナソニック社のプロジェクション技術を用い、会場の床にはデュフィがデザインした花が投影されています。

花が現れたり消えたりと、ダイナミックなプロジェクションです。ダンスホールで花びらに誘われるが如く、歩みを進めることができました!

これもパナソニック汐留美術館だからこそできる工夫ですよね。西洋美術と最新テクノロジーのコラボも必見です!

【まとめ】デュフィの豊かな才能を五感で楽しもう!

ラウル・デュフィ展を楽しむポイントを紹介してきました。

①『雰囲気』まで伝わる豊かな色彩
②テキスタイル・デザイナーとしても一流
③床のプロジェクションも見どころ

絵画やドレスなどがメリハリをつけて展示されており、最後まで飽きない展覧会でした!これまでデュフィを知らなかった人も楽しめることは間違いないので、足を運んでいただけたらと思います。

展覧会情報

『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』
会期:2019年10月5日(土)~12月15日(日)
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※11月1日(金)、12月6日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分)
休館日:水曜日
会場:パナソニック汐留美術館
公式ホームページ:https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/19/191005/ex.html

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

「芸術鑑賞はエンタメ!」
を伝えるため、勢いと慣性に任せた自由ブログ「アートの定理」を運営中。展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴る普通のブロガーです。[楽活]では美術館へのハードルを下げ、テンションの上がる記事を書いています。アートのある楽しい生活へのお手伝いを、させてください。

関連記事

  1. 図録製作秘話もたっぷり聞けたトークイベント「久保佐知恵×おおうち…
  2. 金魚が日本橋で乱舞?『アートアクアリウム 2018』で過ごす夏
  3. どんなアーティスト?見どころは?『オラファー・エリアソン ときに…
  4. 【オトナのためのエンタメ講座】アメコミ映画『アベンジャーズ』はな…
  5. 日本画を体験型展示で楽しむ!『Re 又造 MATAZO KAYA…
  6. 食べるコミュニケーションって?「おべんとう展」を食べつくそう!:…
  7. ようこそ《グラン・ブーケ》の食卓へ。『ルドン−秘密の花園』(三菱…
  8. 麗子ちゃんだけじゃない!『没後90年記念 岸田劉生展』で理解する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【展示場所を探しているアーティストの方へ】渋谷・西麻布のバー「SIX SENSE」が展示施設無料提供中です!

以前、楽活編集部にてオープニング・パーティの様子を取材させて頂いた、プロジェクション・マッピングと…

「東京 TOKYO / MIKA NINAGAWA」で蜷川実花さんワールドに触れてきました!

6月12日(金)から渋谷パルコ4F・PARCO MUSEUM TOKYOで開催している蜷川美花さん…

今、オンラインが熱い!Withコロナ時代の4つの新しい美術鑑賞のあり方を一挙紹介!

緊急事態宣言が解除されて早くも約1ヶ月が経過しようとしています。3月頃から始まった約2ヶ月間の自粛…

どんなアーティスト?見どころは?『オラファー・エリアソン ときに川は橋となる』を徹底紹介!

こんにちは、久々に美術館に行って息を吹き返した、美術ブロガーの明菜です。話題の現代アートの…

未公開作品大量32点!嵯峨嵐山文華館「いちからわかる 円山応挙と長沢芦雪」

いよいよ梅雨入りが近づいてきたのか、最近どことなく湿度が上がってきたような気がします。緊急事態宣言…

PAGE TOP