アート

『FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展』開幕!幻想的なゲームの原画世界へ

「ファイナルファンタジー」なんて聞いたこともない。という方っているのでしょうか? どのバージョンかはそれぞれあると思いますが、ほとんどの方がどこかで見聞きしたか、多くはちょっとでもプレイしたことがあるのではないでしょうか?

いわゆる国民的、いや世界的大人気RPG(ロールプレイングゲーム)であるファイナルファンタジー(FF)シリーズのキャラクターデザインなどを手がけたのが画家・イラストレータの天野喜孝さん。FFシリーズをはじめ最新の未発表作品まで、天野さんの原画作品を集めた展覧会『FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展』が2018年8月10日(金)に池袋サンシャインシティ文化会館3F展示ホールCにおいて開幕しました。会期は9月2日まで。

FINAL FANTASYの世界を原画と立体作品で表現

展示の冒頭からファイナルファンタジーシリーズの原画がずらり。右:《FINAL FANTASY パッケージイラスト》(1987年 442☓363mm アクリル、紙)。左:《FINAL FANTASY パッケージイラスト2》(1987年 502☓346mm アクリル、紙)

展覧会の冒頭から、FFシリーズ各バージョンの原画複数点が展示され、モンスター、キャラクター、風景/旅、バトルといったさまざまなテーマ別に多種多彩な原画が展示されており、その膨大な量に圧倒されます。それもそのはずで、本展のFFシリーズ原画の出展作品数は過去最多となる約150点にも及びます。FFシリーズは1987年に誕生し昨年2017年に30周年を迎えましたが、天野さんはそのシリーズ1作目(FFⅠ)からイメージイラスト制作で参加。ドット絵のRPGに壮大な世界観を創り出しました。

原画とフィギュアをセットにした立体的な展示。

原画に描かれたキャラクターのコスチュームを再現した展示も。《FINAL FANTASY XⅢ ライトニング》(570☓755mm アクリル、紙)。

ファンタジー・コリドー。原画をモチーフに動画で見せるインスタレーション(部分)。

アニメからファイアアートまで。幅広い天野喜孝の世界

FFシリーズの他には、50年以上の天野さんの画業においてもっとも最初期といえるタツノコプロ時代に手がけた「昆虫物語 みなしごハッチ」(1970年〜71年放送)や「科学忍者隊ガッチャマン」(1972年〜74年放送)、「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」(1977年〜79年放送)などのキャラクター原画などの貴重な作品も展示。

懐かしのアニメキャラクターも原画でみると新鮮に感じる。右:《ヤッターマン》(472☓623mm アクリル、紙)、左:《ドロンジョ》(383☓503mm アクリル、紙)

さらに1990年代後半から手がけているファインアートの大型作品まで含めると実に約200点もの天野作品が一堂に揃った本展は、ゲームファン、アニメファンのみならず、キャラクターデザインからアートに至るまで幅広い層の方々に、天野喜孝の作品世界が堪能できるまたとない機会となりそうです。

90年代後半から天野さんが手がけているファインアートの作品も多数展示されている。《Candy Girl》シリーズ。

未発表作品も本展で初お目見え。

インタビューに答える天野喜孝さん。

【展覧会情報】
FINAL FANTASY と天野喜孝の世界展
会期:2018年8月10日(金)〜9月2日(日)※会期中無休
開館時間:11:00~18:00 ※入場は閉館の30分前まで
会場:池袋サンシャインシティ 文化会館ビル3F展示ホールC
公式ホームページ:http://amano-exhibition.jp/

チバ ヒデトシ

チバ ヒデトシ

投稿者の記事一覧

アート、デザイン、エンタテイメントとテクノロジーに関連したクリエイティビティについて横断的に取材、執筆活動を行っているフリーランス・ジャーナリスト。メディアやアプリの企画を手がけ、ファシリテーションなども行う。また、さまざまな美術館に足を運び、今後の美術館のあるべき姿を考える美術館研究家としても活動。週4日の美術館、ギャラリー通いは当たり前。デジタルハリウッド大学大学院客員教授(2011〜2016)。元書店員(西武百貨店、リブロ)。仙台出身。

関連記事

  1. 大正ロマンの魅力、再発見!東京駅で竹久夢二の世界へ〜『夢二繚乱』…
  2. 【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 …
  3. 大阪でもチームラボ!千住博と「水」をテーマに異色のコラボ:千住博…
  4. 『サントリー美術館 プレミアム・セレクション 新たなる美を求めて…
  5. 【路地の美術館~密かな美の愉しみ】Vol.1 岡本太郎記念館
  6. 上野で昆虫採集!? “昆活”マイスターが盛り上げる!特別展「昆虫…
  7. 密かに世界に知られる映画祭。15周年でますます注目!『SKIPシ…
  8. 「意外に」凄い。見どころ満載の仏教美術展 / 特別展 仁和寺と御…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。…

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

【茶の湯ファン必見】桃山時代の侘茶を体感!2019年秋、東京で開催中の2つの茶陶展を見逃すな!【展覧会レポート】

2019年は茶の湯で使われた陶磁器の展覧会が大人気。特にこの秋、東京で開催中の三井記念美術館「高麗…

PAGE TOP