ニュースフラッシュ

劇団ZANGEによる、認知症と介護をテーマとした舞台「生きる」がこの夏20回目の公演!

1980年代に明石家さんまさん、ビートたけしさん、島田紳助さん等と共演した伝説のバラエティー番組『オレたちひょうきん族』の人気コーナー「ひょうきん懺悔室」で「懺悔の神様」を演じたブッチー武者さんが、近年、介護問題を描いた舞台「生きる」を主催し、コロナ禍を乗り越えて、今夏20回目の公演を迎えます。

BMCエンタープライズを設立した武者さんは こう話します。

「弊社は、舞台制作事業として劇団ZANGEを立ち上げ、認知症にちなむ介護をテーマとした芝居『生きる』の公演を行ってきました。 2014年俳優座劇場を皮切りに、現在まで都内・関東近県19ヶ所で公演を行ってきました。 認知症と介護の問題は今の国が抱える優先課題にもなっております。医療の発達に伴いその副産物として認知症という病気が増えて参りました。 家族に認知症の方が出ると、生活設計どころか予定が立たなくなります。 24時間自宅介護、介護離職、施設への入所金など、精神的・体力的・経済的にも大きなリスクが生じます。 2025年には認知症患者が700万人を超えるという推計も発表されており、認知症の対策をどうしていくのか専門家だけに頼るだけでは問題は解決しません。 これは他人事ではなく必ずや本人に降りかかってくる問題です。 介護した人も介護される側になる確率が増えています。 私どもの舞台はこのことに警鐘を鳴らすための、ある事件を元に脚色した作品であります。」

検察官・裁判官からも同情があり、懲役2年6ヶ月、執行猶予3年の判決が下った 京都伏見介護殺人事件が モチーフになっています。

お母さんを看取った「おニャン子クラブ」新田恵利さんとYouTubeで介護対談をなさった武者さんならではの工夫で、記念すべき第20回公演も注目されます。

舞台「生きる」公演情報

舞台「生きる」~2022改訂版~
日時:2022年8月11日(木・祝)
会場:南大塚ホール(〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-36-1
チケット:全席自由席(5,900円)※後援会員は割引あり
公式HP:http://ikiru.bmc-enterprise.co.jp/
問い合わせ:03-6903-7895(BMCエンタープライズ株式会社)

BMCエンタープライズ
https://bmc-enterprise.co.jp/  

懺悔の神様 劇場
https://youtu.be/p0dDfGgFepY 

関連記事

  1. 「ローズフェア with 趣味の園芸」がスタート!横浜市役所がバ…
  2. 北斎の未発表版下絵を原寸で!『大英博物館所蔵 未発表版下絵 葛飾…
  3. 松井まさみちさん(三叉路Vo)が2022年5月31日に2年ぶりと…
  4. シン・ウルトラマンが公開後絶好調!特撮映画のエッセンスを詰め込ん…
  5. VooDoo Hawaiiansが「ロックシティ横浜 vol.5…
  6. ミュージシャン暦47年!劉哲志が70歳を記念したライブ「祝・古希…
  7. 前田耕陽主宰の「家族の愛情」をテーマにした新作舞台「僕らの純ちゃ…
  8. 仏画好きにオススメ!根津美術館「企画展 阿弥陀如来 浄土への憧れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

「森のきのこ倶楽部」サンゴハリタケの18日間連続栽培レポート!数量限定の栽培キットで育てました!

「めずらしいきのこ」との出会いそのきのこに出会ったのは、Twitterがきっかけでした。…

印象派の先にはどんな名品があるの?プチ・パレ美術館展でわかる「印象派のその後」(SOMPO美術館)

みなさんは、SOMPO美術館といえばどんなイメージがありますか?おそらく、「ひまわり」のある美術館…

【群馬と新潟のイチオシ紫陽花鑑賞スポット】梅雨の風物詩アジサイの美しさをご堪能あれ!

例年6月から7月にかけて見頃を迎えるのが、紫陽花(アジサイ)です。満開になった淡い色の花は、梅雨時…

早見優が26年ぶりに主演!ミュージカル『mother』が7/13からスタート!

最近、幻のライブ盤が発売されるなど、デビュー40周年を期に芸能活動を本格化させている早見優。この夏…

「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」最終日に登場する「CHIBI with Friends」に注目!

今年、本土復帰50周年を迎えた沖縄で「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」が 6月20日から…

PAGE TOP