くらし

一度植えたら放置でもOK!?自宅の庭で、おうち山菜作りをはじめてみませんか?

こんにちは!自然豊かな青森でゆるりと暮らしている、ゆうなぎです。

突然ですが、皆さんは採れたての山菜を食べたことがありますか?

私は採れたての山菜が大好きで、4月後半~6月前半までの山菜シーズンを毎年心待ちにしています。たらの芽、わらび、ぜんまい、ふきにウドに姫竹。この他にも色々な種類の山菜が、スーパーでも売られていますよね。

スーパーで売られているものは、既に水煮や天ぷらなどに調理されていて、お手軽なのでときどき購入してみますが、

「やっぱり採れたてのものが一番おいしい!」

と思ってしまいます。

採れたての山菜を食べたことがない方には、ぜひ食べてほしいしいのですが、そうは言っても山菜採りには労力がかかるうえ、知識も必要。さらには遭難やクマなどの猛獣と遭遇する危険などもあるため、気軽に行けないのが現実ですよね。

そこで私がおすすめしたいのが、お庭での山菜採りです!

山菜はお庭でも育てられる

山で収穫した姫竹、アザミなど

お庭で山菜を育てて、山菜採りができるなら危険も無くて労力も最小限で済むのでとても合理的!

でも山菜を庭で育てるのって、難しそうに感じませんか?

私も、最初は「面倒くさそう、難しそう・・・」と思っていました。

でも、実は思っているよりも山菜は簡単に育てられるんです。

もちろん手間のかかる山菜もあるので種類にもよりますが、我が家で育つウド、フキ、うるい、ミョウガは植え付けをしてから数年間、肥料を与えずに放置していても毎年しっかりと育ってくれています。生命力がとても強いので、こまめな水やりなどができず野菜づくりに失敗した経験がある人でも、きっと無理なく育てられますよ。

とはいえ、植え付け前の土づくりは必要なので、植える年は少し手間もかかります。

そのうえ、1年目は根株をしっかりさせるために収穫はゼロ。2年目以降から収穫が可能となるので待ち時間の長さは否めません。

5月中旬。ウドの穂先を収穫。

しかし山菜の多くは多年草なので、いちど根付いてしまえば、あとは手をかけなくてもOK。2年目以降、ニョキニョキと勝手に育ってくれて、待つ甲斐があります。

我が家は水やりすらせずに自然に任せていますが、毎年しっかりと育ってくれていますよ。

お庭山菜は、植える場所に合わせて選ぶ

庭のウルイ

種類が豊富な山菜。いざお庭で育てようと思っても、何を育てればいいのか迷ってしまいますよね。

湿地を好むものや涼しい環境を好むものなど、山菜によってそれぞれ育ちやすい環境が違うので、地植えする場合は、お住まいの地域の気候に合わせて山菜を選んでみてくださいね。

プランター栽培や水耕栽培もできる

地植え以外にも、プランター栽培や水耕栽培が可能な山菜もあります。

水耕栽培できる山菜として、コシアブラタラの芽があります。私はまだ水耕栽培の経験がないので、いつか挑戦してみたいと思っています。

育てる山菜を選ぶときには、お住まいの地域の気候の他にも、栽培方法も考慮して選んでみてくださいね。

苗や根を購入

育てる山菜が決まれば、次は苗の購入です。

苗はホームセンターや通信販売でも購入可能。

100均でもタラの芽やフキの根が購入できるので、一般的な家庭菜園同様に簡単にはじめられますよ。

私がお庭山菜づくりでおすすめしたいのは「ウド」

ウドの穂先

我が家で育てている山菜のウド、フキ、うるい、ミョウガ。どれも美味しくて大好きですが、私がこの中で一番おすすめしたい山菜はウドです。

おすすめする理由はなんといっても味!

タラノキ属であるウドは、お惣菜で目にすることも多い人気の山菜、タラの芽の仲間で、香りやクセがタラの芽にとても似ています。タラの芽好きな方にもとてもおすすめです。

そのうえ、余すことなく食べつくすことができるのが、ウドの良いところです。

ウドの脇芽や穂先、葉は天ぷらにして、茎の部分は酢味噌和えやお味噌汁に。皮はきんぴらにするなど、いろいろな調理方法があって、1本まるまる楽しめるのが魅力です。

山菜の栽培方法。ウドの場合

5月上旬のウド

ウドの生育適温は17℃~18℃です。15℃以下や25℃以上の温度だと生育状態が悪くなると言われています。とはいえ、寒い地域の青森でも地植えでしっかりと育っているので、寒さにはとても強いですよ。

<ウドの栽培方法>

①ウドは4月から5月頃が最も植え付けに適した時期と言われているので、苗を植える一ヶ月ほど前には、堆肥、石炭、油粕を土に混ぜ合わせて準備しておきます。
②土に5cm位の穴をあけて苗を植え付けます。
③その後、若茎が出てくるので藁などを上にかぶせます。
④収穫したい衝動を抑えて、1年目は収穫を見送ります。
⑤2年目は特に手をかけず放置していても生えてきます。育ってきたらやっと収穫です!

収穫したら美味しくいただきましょう!

ウドの穂先の天ぷら

自分で育てて、収穫した山菜。美味しくいただきたいですよね!

ウドの調理方法で1番おすすめなのは、天ぷらです。

他の山菜に比べてアクもすくないウド。脇芽や穂先を天ぷらにするのであれば、アク抜きをしなくても、美味しく食べられますよ。少し苦みは残りますが、それが山菜特有の良い味を出してくれます。

茎の部分は、酢水につけてアク抜きをしてから調理すると美味しくいただけます。

ウド以外にも、我が家では、ウルイ、ミョウガも天ぷらで食べています。

どれも美味しいので、食べたことがない方は、ぜひ試してみてくださいね。

最後に

山で収穫した姫竹

季節のものをその季節に食べる喜びが、おうち山菜づくりの醍醐味です。1年目は少し手間もかかってしまいますが、2年目以降は自然に生えてきてくれるのでお得感があります。

さらに、おうちで育つ山菜で季節を感じる生活はとても豊かさを感じることができますよ。

ぜひみなさんもお庭で山菜づくり・山菜採りを楽しんでみてくださいね!

ゆうなぎ

投稿者の記事一覧

青森でほのぼの暮らす一児の母。
田舎暮らしを活かした情報や、子供とのこと、趣味のキャンプ情報をお伝えします。
初めの半歩のお手伝いができれば幸いです。
インスタでは「イラスト」と「娘との遊びの記録」を発信中。
イラスト
https://www.instagram.com/hanasan0211/
遊びの記録
https://www.instagram.com/inase806/

関連記事

  1. ワインへのはじめの半歩!ワインセミナーに行ってきました!
  2. 本屋めぐりの新たな楽しみ「御書印」を集めてみた!本好きの間でジワ…
  3. オランダが目指す、地球にも人にも優しい自転車中心の街づくりとは?…
  4. 子供への心の教育で第7波を防げ!「思いやり除菌」プロジェクトがい…
  5. 「きのこ心が湧くね」作家・高原英理による、奇想のきのこ文学『日々…
  6. ミスコン挑戦を通して知った「ヴィーガン」の世界。山形颯生が体当た…
  7. 「サブスクリプション」の時代!賢く利用すれば楽しい生活が待ってい…
  8. エシカルとは?身近なモノから始めるエシカル生活「はじめの半歩」!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

「森のきのこ倶楽部」サンゴハリタケの18日間連続栽培レポート!数量限定の栽培キットで育てました!

「めずらしいきのこ」との出会いそのきのこに出会ったのは、Twitterがきっかけでした。…

印象派の先にはどんな名品があるの?プチ・パレ美術館展でわかる「印象派のその後」(SOMPO美術館)

みなさんは、SOMPO美術館といえばどんなイメージがありますか?おそらく、「ひまわり」のある美術館…

【群馬と新潟のイチオシ紫陽花鑑賞スポット】梅雨の風物詩アジサイの美しさをご堪能あれ!

例年6月から7月にかけて見頃を迎えるのが、紫陽花(アジサイ)です。満開になった淡い色の花は、梅雨時…

早見優が26年ぶりに主演!ミュージカル『mother』が7/13からスタート!

最近、幻のライブ盤が発売されるなど、デビュー40周年を期に芸能活動を本格化させている早見優。この夏…

「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」最終日に登場する「CHIBI with Friends」に注目!

今年、本土復帰50周年を迎えた沖縄で「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」が 6月20日から…

PAGE TOP