アート

「発酵から再発見する日本の旅」 渋谷ヒカリエ

渋谷ヒカリエ 8F d47 MUSEUM
「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」
2019/4/26〜7/8

渋谷ヒカリエ 8F d47 MUSEUMで開催中の「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」を見てきました。

古くから日本では、「土地の微生物の力を活かした」(解説より)発酵食品が数多く存在してきました。

そうした発酵に関した文化を紹介するのが、「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」で、全国各地より集められた発酵食品が展示されていました。

中には毎日食べている方もおられるかもしれません。それが茨城を代表する納豆で、パッケージ入りの天狗納豆やそぼろ納豆などが展示されていました。元々、納豆の源流は東北にありましたが、1889年の水戸鉄道(常磐線の前身)の開通とともに、駅のホームで土産として販売し、一躍名産として注目されるようになりました。今も水戸土産の定番として知られています。

漬物も発酵の力がなくては保存食として成り得ません。中でも有名なのは奈良漬で、酒粕で漬け込んだニンジンやウリなどが木の桶に入れられていました。またここで面白いのは、桶を自由に開けて匂いを嗅げることで、特有の甘酸っぱい酒の匂いを実際に味わうことが出来ました。奈良漬の歴史は極めて古く、平城京の時代より朝廷に献上されていました。

伊豆諸島の新島のくさやも有名な発酵食品かもしれません。いわゆるくさや液にトビウオなどの青魚を浸し、屋外で干して作られたもので、何よりも強烈な匂いを特徴としていました。なおくさや液は、江戸時代、塩漬け液を使いまわしていたところ、「謎の発酵作用」(解説より)により誕生したとされていて、今でも秘伝の液として200年以上も受け継がれてきました。

そのくさやと並び、同じく伊豆諸島の特産である青酎も番外編として出展されていました。古くから青ヶ島のみで生産された焼酎で、近世に薩摩の商人が伝えた醸造法を、島独自の酵母で発酵させ、蒸留して作られました。かつては島内の人々のみで消費されていましたが、今では半ば幻の焼酎として全国でも人気を博しています。

私も好きな滋賀のフナのなれずしも登場していました。フナの塩漬けに、米を媒介とした乳酸発酵の酸味が加わったもので、一口で鼻へと抜けるような匂いと豊かな味わいは、それこそ焼酎などの酒の肴にも欠かせません。

つるんとした食感が好きな方も多いのではないでしょうか。それが神奈川の川崎大師のくずもちで、小麦粉に水をさらして乳酸発酵させ、デンプンを取り出しては餅に仕上げられました。川崎大師のほかには、亀戸天神や池上本門寺の土産としても有名かもしれません。

奄美大島のなりと呼ばれる麹も匂いが絶品でした。島に自生するソテツの身を、空気と水にさらし、毒の成分を抜いたのち、麹にしたもので、味噌に仕込んだりして食されるそうです。

このほかにも高知の碁石茶や群馬の焼きまんじゅう、山梨の甲州ワイン、さらには沖縄の豆腐ようなど、実に様々な発酵食品が紹介されていました。また発酵を支えた木桶や麹菌のサンプルなどもあり、発酵のメカニズムや普及のプロセスを分かりやすい形で知ることが出来ました。

会場内のショップの「発酵デパートメント」では、展示の発酵食品(一部を除く)を購入することも可能です。さらに隣接するd47食堂では、会期中リレー形式で発酵食品を用いた定食も発売されていました。発酵を見て、嗅いで、さらに食べて楽しめる展示と言えるかもしれません。

入場は無料です。7月8日まで開催されています。

「Fermentation Tourism Nippon 〜発酵から再発見する日本の旅」 渋谷ヒカリエ 8F d47 MUSEUM(@hikarie8)
会期:2019年4月26日(金)〜7月8日(月)  
休館:会期中無休  
時間:11:00~20:00
 *最終入館は19:30まで。
料金:無料。
住所:渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8階
交通:東急田園都市線、東京メトロ副都心線渋谷駅15番出口直結。東急東横線、JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線渋谷駅と2F連絡通路で直結。

 

※本記事は、アートブログ「はろるど」管理人はろるどさんの許可を得て以下の記事を転載させていただいたものとなります。
https://blog.goo.ne.jp/harold1234/e/20bd84763c12ab5bcb5795c18e5f2081

はろるど

はろるど

投稿者の記事一覧

美術・音楽ブログ「はろるど」(https://blog.goo.ne.jp/harold1234)管理人。都内の美術館や博物館に出かけては、日々、展覧会の感想をブログに書いています。美術、クラシック音楽、お酒、カープ、地元千葉県の話題などに反応。楽活でも様々な情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. しとやか人形にひとめ惚れ。与勇輝の創作は「存在力」がすごい!『パ…
  2. 『あなたが選ぶ展覧会2017』中間発表。エントリー結果速報!
  3. ひかるの正方形レポート「建築の日本展~その遺伝子のもたらすもの~…
  4. 東大寺と東北の深いつながりに思いを馳せて『東大寺と東北 復興を支…
  5. 『FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展』開幕!幻想的なゲ…
  6. 光をつかみ取る~写真家・田原桂一を偲んで:ポーラミュージアムアネ…
  7. 霧と光で涼を楽しむ。WOWが手がけるデジタルアート庭園
  8. 【趣味れーしょん美術館】#005:無限ループ探検物語『小瀬村真美…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

【茶の湯ファン必見】桃山時代の侘茶を体感!2019年秋、東京で開催中の2つの茶陶展を見逃すな!【展覧会レポート】

2019年は茶の湯で使われた陶磁器の展覧会が大人気。特にこの秋、東京で開催中の三井記念美術館「高麗…

京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020年6月にオープン!

2020年6月、京都で最も人気のある観光地の一つである嵯峨嵐山で、渡月橋を眼前に臨む最高のロケーシ…

アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。突然ですが、2019年はオランダの巨匠レンブラントの記念イヤー…

PAGE TOP