旅・グルメ

雨の季節の風物詩!アジサイと巡る群馬県のオススメ観光スポット【50枚以上の写真でお届けする永久保存版!】

四季のある日本は6月から7月にかけて梅雨に突入します。

雨が降ったり止んだり、じめじめすることも多い季節ですね。だからこそ楽しめるのが紫陽花(アジサイ)。雨に打たれる淡い花の姿は情緒あふれます。

そこで、今回は梅雨時期のシーズンに心が軽やかになるような紫陽花の名所を、群馬県全域から特選してご紹介。併せて、近隣のオススメ観光スポットもあわせてご案内します。

【利根郡川場村】「青龍山吉祥寺」~境内にあふれる色とりどりのアジサイ~

青龍山吉祥寺境内

群馬県北部の利根郡川場村、名峰武尊山(ほたかやま)を望む自然あふれるロケーションに佇む名刹青龍山吉祥寺(せいりゅうざん きちじょうじ)。鎌倉の建長寺を本山にもつ臨済宗の禅寺です。創建は古く、南北朝時代の1339年に開山され、建長寺派の寺院で最も北に位置することから「建長寺北の門」と言われます。

吉祥寺では年間を通じて四季折々の美しい花が姿を見せ、花寺として親しまれているスポット。

隋神門

梅雨時期には参道両脇に紫陽花が咲き誇り、梅雨ならではの風情を放っています。鐘楼と水屋があり、手水の紫陽花は目を見張る美しい光景を放ちます。

手水の紫陽花

吉祥寺は、花寺として親しまれる群馬の名刹。紫陽花シーズンには必見のスポットです。

参道の紫陽花

「青龍山吉祥寺」関連情報

所在地:〒378-0115 群馬県利根郡川場村門前 860
公式HP:http://www.kitijyouji.com/
駐車場:あり(普通車30台/大型バス10台)
紫陽花の見頃:例年6月中旬〜8月

「青龍山吉祥寺」周辺のおすすめ観光スポット:「道の駅川場田園プラザ」

川場田園プラザ

全国に数ある「道の駅」の中でも、人気投票でNo.1に選ばれたこともある川場田園プラザ。地元で採れた新鮮な野菜やお土産をはじめ、ご当地グルメも充実。特に飲むヨーグルトは濃厚で、お土産にもぴったり。

ご当地名物が並ぶ直売所

敷地内にはキッズに大人気のアスレチックもあり、自然を感じながらのびのび体を動かして遊べます。食べてよし、遊べてよしの、群馬で屈指の人気を誇る道の駅です。

「道の駅 川場田園プラザ」関連情報

所在地:〒378-0111 群馬県利根郡川場村大字萩室385
公式HP: https://www.denenplaza.co.jp/
駐車場:あり(約900台)

【渋川市】「小野池あじさい公園」~自然あふれる遊歩道に乱れ咲く約8000株の紫陽花~

公園入口の看板

群馬の名湯伊香保温泉から車で10分ほどのところにある小野池あじさい公園。渋川市内を流れる平井川のほとりに広がり、園内には遊歩道、丘陵地さらには池もあり、市民の憩いの場として親しまれています。

園内の遊歩道

小野池あじさい公園では、遊歩道周辺を中心に20種類約8,000株の紫陽花が咲き誇り、シーズンになると圧巻の光景が広がります。

淡い色を放つ紫陽花

遊歩道の脇を流れる平井川のせせらぎを聞きながら、のんびり散策を楽しめます。ライトアップはありませんが、無料で24時間解放されているので、時間を気にせずに夜桜ならぬ、夜紫陽花を鑑賞出来ますよ。

園内の丘陵地。斜面一面に紫陽花が植えられています。

散策道のてっぺんには人工的に作られた小野池があります。遊歩道を上った先の森の中にあり、釣りも楽しめるスポットです。あじさい鑑賞とセットでぜひ楽しんでみてください。

「小野池あじさい公園」 関連情報

所在地: 渋川市渋川(上ノ原)2979番地
公式HP:https://www.city.shibukawa.lg.jp/shisetsu/kouen/p003118.html
駐車場:あり(4台)
紫陽花の見頃:例年6月中旬〜7月上旬

「小野池あじさい公園」周辺のおすすめ観光スポット:「伊香保温泉石段街」

伊香保温泉の石段

温泉地として有名な群馬県の名湯の一つ伊香保温泉。温泉旅館をはじめ日帰りの温浴施設が、365段の石段周辺に立ち並びます。

伊香保神社拝殿

毎日健やかに過ごせるようにと作られた伊香保温泉名物石段を上り切ると、子宝祈願・安産・縁結びなどで女性に人気の伊香保神社が鎮座しています。ここからさらに山の方へ向かうと、飲泉所や露天風呂もあり伊香保を日帰りで存分に楽しめます。

飲泉所

「伊香保温泉石段街」 関連情報

所在地:〒377-0102 群馬県渋川市伊香保町伊香保76−5
公式HP: https://www.ikaho-kankou.com/aboutikaho/ishidan/
駐車場:石段街に複数あり(https://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/kurashi/koutsuu/tyuusyajyou/p000215.html
伊香保周辺マップ:https://www.ikaho-kankou.com/access/

【前橋市】「道の駅『赤城の恵』内の荻窪公園」~アジサイの丘に咲き誇る16,000株の紫陽花~

公園案内板

群馬三名山の一つ、赤城山の麓にある荻窪公園。「道の駅赤城の恵」に併設された、豊かな自然広がる公園です。

公園で一日遊んで疲れたら、公園内の日帰り温泉施設「あいのやまの湯」も利用可能。道の駅では、地元の新鮮野菜や自慢のグルメなどが並びます。

アジサイの丘へ続く遊歩道

荻窪公園内メインエリアの一つ「アジサイの丘」では10種類約16,000株もの紫陽花が咲き誇り、毎年梅雨の時期は園内が淡いブルーやピンクに包まれます。

アジサイの丘には遊歩道もあるので、花を鑑賞しながらのんびり散策を楽しめます。白やピンク、薄紫の美しい紫陽花が咲き誇る圧巻の光景が広がります。

荻窪公園内で手つかずの自然を体感できる「大入沼」

広大な園内には、大入沼やアスレチック、東屋などもあるので、お弁当を持って家族で1日のんびりと過ごすにもぴったりです。

園内の紫陽花

道の駅『赤城の恵』内の荻窪公園 関連情報

所在地:〒371-0001 群馬県前橋市荻窪町437-11
公式HP: http://www.maebashi-cvb.com/gourmet&product/mitinoeki/megumi.htm
駐車場:あり(大型12台 普通車390(身障者用20)台)
紫陽花の見頃:6月中旬〜7月下旬

「荻窪公園」周辺のおすすめ観光スポット:「日本キャンパック大室公園」

さて、赤城山麓の荻窪公園から程近い場所にあるのが、前方後円墳や円墳など、多くの古墳群が園内で楽しめる日本キャンパック大室公園です。

園内の古墳跡

広大な敷地には、中二子古墳・後二子古墳・小二子古墳といった群馬を代表する大きな古墳をはじめ、埴輪のレプリカや大室古墳群からの出土品を展示する「大室はにわ館」、竪穴式住居や高床式倉庫の再現展示、群馬で栄えた養蚕農家の建物を再現した「民家園」など、様々な展示や施設が揃っています。

埴輪レプリカの展示

また、水生ゾーンや親水ゾーンなども充実。釣りや野鳥観察もできる憩いの場も備わっています。家族連れでの気軽なレジャーから歴史ファンまで、歴史と自然を楽しめるオススメの総合公園です。

「日本キャンパック大室公園」 関連情報

所在地:〒379-2104 群馬県前橋市西大室町2545番地
参考HP:https://www.maebashi-cvb.com/spot/1010
駐車場:あり(500台)

【高崎市】「清水寺」~参道両脇に咲き誇る圧巻のアジサイ~

「きよみず」でらではありません。「せいすいじ」と呼びます。

高崎市人気の観光スポット観音山の東斜面に位置する清水寺(せいすいじ)。808年、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷征伐に赴く兵士の健勝と武運長久を祈り、京都東山の清水寺から勧請・開基したと伝えられる名刹です。高崎市内で一番紫陽花が美しいスポットとも言われています。

急峻な石階段の両脇に美しい紫陽花が。アジサイ鑑賞を楽しみながら、ゆっくり登っていきます。

清水寺の本堂(観音堂)へは、520段もの石段が待ち受けます。これはかなり上りごたえが……。

しかし清水寺の見どころは、まさにこの石階段の両脇に植えられた紫陽花。両脇に咲き誇る紫陽花が情緒たっぷり。途中には観世音堂があるので、休憩がてら参拝してみましょう。

観世音堂を過ぎたら、千手観音が祀られている観音堂まであと少し!

本堂手前に設けられた仁王門。アジサイとの色彩のコントラストは見事!

さらに登っていくと仁王門があり、紫陽花と赤い門がマッチした美しい情景に思わずため息。ここを抜けるといよいよ参拝のゴール地点・観音堂にたどり着きます。

観音堂「大悲閣」

ようやくたどりつきました。観音堂には、千手観音菩薩が祀られています。

情緒あふれる参道の景色と紫陽花のコラボが神秘的な光景を放つ、高崎を誇る名所です。

参道を飾る紫陽花

「清水寺」 関連情報

所在地:〒370-0864 群馬県高崎市石原町2401
公式HP: https://www.city.takasaki.gunma.jp/kankou/history/kiyomizu.html
駐車場:あり(観音山頂駐車場 普通430円 大型750円)
紫陽花の見頃:6月中旬〜下旬

「清水寺」周辺のおすすめ観光スポット:「牛伏山自然公園」

高崎市吉井町にある牛伏山自然公園(うしぶせやましぜんこうえん)。なんとなく名前から由来が想像できるかもしれませんが、牛が伏せているような地形から名付けられました。

頂上に悠然と鎮座する、公園名のゆかりとなった牛の石像

公園の頂上では「牛伏石像」がお出迎えしてくれます。本像は、昭和61年に設置された全長2.5mほどの巨大な牛の石像彫刻。山頂で採れる多胡石の原石から彫り出されました。

頂上には、1990年にできた二層三階建の展望台が設置されています。

かつての城をモチーフにした展望台。天守まで昇ることが可能です。

ぜひ、中に入ってみましょう。地元の商工業製品や文化資料等の展示室となっている1F、2Fを抜け、3Fの展望台へ。そこから眺める絶景をぜひ味わってみてください。上毛三山や関東平野を望む360度の大パノラマが楽しめます!

展望台から高崎市内を臨む。
鐘楼(平和の鐘)

近くには牛伏山琴平神社や鐘楼なども。さらに、牛伏洞窟とよばれる洞窟も!

牛伏洞窟
洞窟内には、多数の観音像が鎮座。

また、吉井町から牛伏山にアクセスする道は「あじさい街道」とも呼ばれ、シーズンになると両脇におよそ1,400株のあじさいが咲き乱れます。鬱蒼とした森の中に連なる紫陽花はまるでトンネルのようにも感じられますよ。

道沿いに咲く紫陽花

山一帯が自然公園になっているので、紫陽花とともに壮大なスケールの自然を堪能できます。

「牛伏山自然公園」 関連情報

所在地:〒370-2115 群馬県高崎市吉井町多比良4457-1
営業時間:門扉 午前9時~午後5時(冬季は午後4時)
公式HP:https://www.city.takasaki.gunma.jp/kankou/nature/ushibuse.html
駐車場:あり(33台)

【藤岡市】「八塩あじさいの里」:温泉地に寄り添うあじさいの名所

「八塩あじさいの里」入り口

八塩あじさいの里」は、関東一の清流とも呼ばれる神流川(かんながわ)沿いにある、藤岡市の名湯・八塩温泉郷に隣接する群馬屈指の紫陽花の名所です。

古代この一体は海で、海水が閉じ込められてできた岩塩層から温泉が噴き出るため、「塩の湯口八箇所」と呼ばれてきました。八塩温泉郷には神水館、八潮館、鬼石観光ホテルなど老舗旅館が立ち並び、近くには遊歩道が設けられています。

遊歩道に咲く紫陽花

シーズン最盛期になると、およそ5,000株ものあじさいが遊歩道沿いに咲き誇り、圧巻の光景が広がります。

愛らしい形をした紫陽花も

神流川へ注ぐ小川に沿った遊歩道では、色とりどりのアジサイをのんびり楽しめます。

紫陽花を静かに楽しむ

「八塩あじさいの里」 関連情報

所在地:〒370-1406 群馬県藤岡市浄法寺
公式HP:https://www.city.fujioka.gunma.jp/kakuka/f_onishi/yasioazasainosato.html
駐車場:あり(10台)
紫陽花の見頃:6月下旬〜7月中旬
無料パンフレット(PDF):https://www.city.fujioka.gunma.jp/kakuka/f_onishi/files/yasioazisainosatotirasi.pdf

周辺のおすすめ観光スポット:「八塩温泉郷八福神めぐり」

遊歩道で見られる寿老人

ところで、八塩温泉郷の見どころは、紫陽花だけではありません。街中に点在する七福神ならぬ「八福神」巡りも面白いんです。 恵比寿・福禄寿・毘沙門天・弁財天・寿老人・布袋尊・大黒天と定番の七福神に、御荷鉾山にいたとされる「福鬼神」が加えられ、八福神になりました。

橋に描かれた八福神の絵

まず、温泉郷の駐車場から散策をスタート。すると、橋脚にパステルカラーで描かれたかわいらしいアート作品が姿を現します。

遊歩道内弁財天へ進む橋

ネット上で公開され、無料でダウンロードできるガイドマップを片手に、温泉街をゆっくり回りながら、一柱ずつお参りをすすめていきます。

寿老人

鬼石地区とも呼ばれるこのエリアで篤く信仰されてきた福鬼神は見逃せません。

鬼石名物福鬼神

遊歩道を奥へ進むと、蛍鑑賞スポットや大黒滝もあり、見どころたくさん。紫陽花の美しい花とともに楽しんでみてください。

夜になると蛍が鑑賞できるスポット

「八塩温泉郷八福神めぐり」 関連情報

散策マップ(無料):https://www.city.fujioka.gunma.jp/kakuka/f_onishi/files/yasioazisainosatotirasi.pdf
駐車場:10台(八塩あじさいの里内)

おわりに

日々群馬県内を駆け巡る筆者の、紫陽花のイチオシ名所を地域別にご紹介しました。風情あふれる名刹や公園で、初夏の風物詩を様々に楽しむことができます。周辺のオススメスポットも併せて一つずつ紹介させていただきましたので、観光の参考になれば幸いです。

雨の季節だからこそ美しく咲き誇る紫陽花を写真で見ていただきましたが、機会があればリアルに足を運んで楽しんでみてくださいね。

CHIRI

CHIRI

投稿者の記事一覧

「毎日旅するように生きていく」がモットー、フォトライターCHIRIです。鶴まう形の群馬県を中心に、時々青い海の魅力を求めて時には車中泊で彷徨い、魅力を各種メディアで発信。

スイーツから郷土料理、激辛ラーメンまで食べるの大好き!日帰り温泉や秘湯・パワースポット・絶景・秘境などなど、定番から穴場まで胸キュン旅巡航中。

Instagram:
https://www.instagram.com/surf_photografa_in_gunma/

関連記事

  1. 日本三大秘境徳島・祖谷にある日本三奇橋の「祖谷のかずら橋」を詳細…
  2. あの、水のチームラボが復活!『チームラボ プラネッツ TOKYO…
  3. 【趣味れーしょん美術館】#006 美術館激戦区、箱根へ行こう!:…
  4. 芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!
  5. 塩麹と醤油麹の失敗しない作り方!鶏肉や豚肉を使ったレシピによる食…
  6. 久屋大通公園(Hisaya-odori Park)が水と緑の癒し…
  7. 山の上ホテルはおこもりステイにオススメ!文豪に愛された神保町の隠…
  8. 橋を見ながらランチやランニング!穴場なオアシス、その名は隅田川テ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

夏は激辛ラーメン!群馬名物「雷ラーメン」の名店5選!辛さと旨さのハーモニーはやみつきに?!

現在、大ブームを巻き起こしている激辛ラーメン。今や、ラーメン屋で見かける定番メニューの一つになった…

中毒性高し!スペインの歴史や文化も楽しめるフラメンコの魅力を、達人へのインタビューを交えてご紹介!

かきならすギターの音、激しい靴音、喉の奥から振り絞るような歌声。日本でフラメンコと言えば「…

原田マハのアート小説を読んで、美術作品や展覧会をもっともっと楽しもう!~ゴッホ、モネ、マティス、カサット、ドガ、セザンヌ、アンリ・ルソー、ピカソ~

小説は、事実と事実の間を想像してつなぐもの。原田マハのアートをテーマにした小説は、芸術家や美術作品…

近年話題のオーディオブック!「忙しくて本を読む暇がない」を解決!

こんにちは。サラダです。本格的に暑くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私…

ワンタッチテントは女性でも本当にワンタッチで設営可能なのか試してみました!

キャンプに挑戦してみたくても、テントの設営が面倒だからと、今一踏み出せない人もいるのではないでしょ…

PAGE TOP