くらし

投資のイロハを学ぶ「投資の半歩プロジェクト」が始動!「トラノコ」アプリで楽しみながら投資体験はいかが?!

2022年から、楽活の「はじめの半歩」が、投資分野にも広がります!

楽活では、これまでも展覧会、エンタメ、グルメ、旅、グッズなど幅広いジャンルで、読者のみなさんの「はじめの半歩」を応援するための記事づくりを目指してきました。

2017年10月にプレオープンしてから、約4年。もっとみなさまの「はじめの半歩」をサポートしたい!と考えた私たちは、2022年の新たなチャレンジとして、「投資」分野に挑戦することにしました。

なぜなら、美術展に行くにしても、旅行やグルメを楽しむにしても、まずは“お金”がないとはじめることができませんから。そして、お金は黙っていても増えるわけじゃありません。使えば減る一方。

ですが、ちょっとしたコツを知っていれば、少しずつ増やすことだってできるんです。その増えたお金で、また新しい活動への「はじめの半歩」を踏み出すことができる。つまり、私たちの「楽活」、つまり楽しい生活は、「お金」に関する知識やノウハウによって、大きく影響されるんです。

そこで、今回私たちが「投資の半歩」を踏み出すためにピッタリだと感じた、ある画期的な仕組みと、今後の「投資の半歩」プロジェクトについて、少しお話していきたいと思います!

「投資」へのはじめの半歩は、どこからスタートすればいい?

たとえば、銀行預金に着目してみましょう。2022年2月現在、普通預金の金利は約0.001%、定期預金の金利は約0.002%です。銀行によっては多少の違いはあるでしょうけど、今、仮に100万円をどこかの銀行に預けるとしても、1年後にもらえる利息はわずか10~20円にしかならないのが現実です。

「投資するほどのお金がない。」
「投資って難しいんじゃないの?」
「元本割れのリスクがあるから・・・」

…等々、未経験者の方にとって、投資をはじめられない理由はいろいろとあるかと思います。

ですが、バブル崩壊以来、「失われた30年」と呼ばれるほど長期的に経済が低迷している日本では、もはやお金を銀行に寝かせておくだけではまったく増やすことはかないません。

そうなると、別の選択肢として、いよいよ「投資」をはじめてみる機会なのかもしれません。やっぱり手元に少し自由になるお金があってはじめて、趣味やレジャーに「はじめの半歩」を踏み出すことができるわけですから。

私も投資には漠然とした興味はありましたが、これまでは特に何もやってきませんでした。まとまったお金がなかったためです。

新聞の株式欄を見ると、多くの上場企業の株価一覧が掲載されていますよね。ためしに、2022年4月13日の終値から、日本を代表する会社の株価をいくつかチェックしてみましょう。パナソニックは1,129.5円ソニーなら11,500円となっています。

ですが、この金額で株を買うことはできません。なぜなら、各株式市場に上場されている株式は、銘柄によって決められた単元単位で購入しなければいけないんです。パナソニックもソニーも100株単位でしか売買はできません。そういう決まりなんです。

すると、パナソニックなら、最低購入金額は、112,950円、ソニーなら、1,150,000円となるわけです。そうなると、パナソニックならなんとか買えるけど、ソニーはちょっと買うのに勇気がいるかもしれませんね。

同様に、別業種も少し見てみましょう。たとえば、コロナ禍になってから注目されている製薬会社の株価はどうでしょうか。2022年4月13日時点では、アステラス製薬が2,076.5円塩野義製薬は6,611円です。

この2銘柄も、それぞれ100株単位での購入が必須ですね。つまり、アステラス製薬の株を買うには最低でも207,650円、塩野義製薬は661,100円それぞれ初期投資が必要になってきます。

どうでしょうか?今、冷静になってみてみると、ソニーや塩野義製薬のように、比較的まとまったお金が必要な銘柄もあれば、パナソニックやアステラス製薬のように、新卒の初任給以下の金額でも手頃に投資できる銘柄もあったのだな、と気づきます。

分散投資でリスクを低く抑える

ただ、自分の懐と相談してみて、この株は安いから買ってみようか、というのもちょっと性急な考え方ではあるようです。なぜなら、株式投資が成功したかどうかは、買った時点での価格が「高い」「安い」ではなくて、購入後に「値上がりしたか」によるからです。

でも、これだけたくさんの銘柄がある中で、1銘柄だけを自信をもって選ぶ、というのも、少々ハードルが高い気がしますよね。株価の流れを見ていると、必ずしも会社の業績と連動しているわけでもなさそうです。また、景気変動や市場動向、時にはネット上でのうわさ話などにも反応して、ほとんどランダムな値動きをしているようにも見えてしまいます。

専門書などを紐解いても、短期的には株式投資は「丁半バクチ」のような一面もあり、プロの投資家でも将来の株価を正確に予測できるわけではないようです。

では、投資のベテランは、一体どのようにして株式投資を運用しているのでしょうか?

その鍵となるのが、「リスク分散」という考え方です。1銘柄だけでわからなければ、2つ、3つ、あるいいは、10、20の銘柄に分けて投資する「分散投資」を行うことで、投資成績を安定させることができます。

でも、そうなると今度は一度に多数の銘柄を買わなければならないので、もっとまとまったお金が必要になりますよね。当然、そんな大金は庶民には用意できないわけです。これは困りました。一つの株だけだと株価の変動リスクが怖いけれど、数多くの株へ振り向けるための余剰資金もありません。

……やっぱり、投資は、お金持ちしかできないものなのでしょうか?

実は、そんな時に頼りになる金融商品があるんです。

それが、投資ファンドが運用する、「投資信託」という金融商品です。私たち投資家のお金を少しずつ集めて、投資のプロが毎日最適な分散投資を積み重ね、安定したリターンを狙います。少額で購入することができるだけでなく、リスクも軽減できます。

投資信託には、いろいろな種類があります。リスクは高めですが、その分リターンも狙えるタイプや、リスクをできるだけ抑えて、安定した利益を目指すタイプなど千差万別。数多くある中から、自分の考えに合わせたものを購入できます。

そこで、私もこの冬思い切って、投資への「はじめの半歩」を投資信託で踏み出すことに決めました。

楽しみながらスタートできる投資アプリ「トラノコ」

数多くの投資信託の中から、最も敷居が低く、リスクを極限まで抑えた上で、ゲーム感覚で投資に入門できるのが、TORANOTEC投信投資顧問(株)「トラノコ」というサービス。スマホアプリで行える、ユニークな金融サービスです。

「トラノコ」の面白い点は、毎月定額の積み立て投資はもちろん、日常の買い物で受け取った「おつり」で投資できるということ。アプリに登録したクレジットカードや電子マネー等から取得するお買い物金額と、あらかじめ設定した「おつり」を算出する単位(100円、500円、1000円)との端数が毎日トラノコへ記帳され、その月の投資金額になるんです。

毎日の買い物の「おつり」程度の金額を、コツコツ投資に回してみたらどうだろう、というコンセプトが、「トラノコ」のユニークなポイントの一つなんです。

投資のための資金を貯めなくてはと思うと最初の一歩が踏み出せない人にも、「お釣り程度の金額」と考えられるなら、心理的にも凄く負担が軽く感じられますよね。

ですが、「ちりも積もれば山となる」という格言にもあるように、1ヶ月間ずっと端数の金額を足し上げていくと、数千円程度にはなるんです。「買い物」のついでに投資するような感覚で、毎月無理なく投資ができるわけですね。

これなら、全くの初心者でも、安心して投資への第一歩を踏み出せますね。また、日常生活で貯まる様々なポイントやANAマイルも投資へと振り向けることができます。

ではどういう投資ができるのか。運用方針も細かい設定は必要ありません。リスク許容度に応じて、3種類のファンドから1つを選ぶだけ。どのファンドも世界中の資産に幅広く分散投資しています。あれこれと投資先で悩まず、あとはプロにお任せしてしまえます。

生活感覚で投資を楽しんで学べるアプリ「トラノコ」。楽活と一緒に、「投資の半歩」をはじめてみませんか?

さて、「トラノコ」の話は今日はここまで。私もまだはじめたばかりですから。またいずれ、使い方に習熟したタイミングで、別の記事で詳しく解説してみたいと思います。

楽活では、私と一緒に「投資の半歩」を踏み出したい人を応援していきます。そのため、今後は皆さんに初心者向けの、わかりやすい投資情報を様々な観点から配信していく予定です。ぜひ、ご期待くださいね。

ちなみに、今回「トラノコ」を運営するTORANOTEC投信投資顧問(株)が、楽活読者限定で、投資への「はじめの半歩」を応援してくれることになりました。この記事を読んで、私と一緒に専用スマホアプリ「トラノコアプリ」を使って投資をスタートさせたい、という方のために、楽活から2000円分のクーポンをプレゼントさせていただきます!

以下のページからクーポンコード「VNYQACK8」を入力して、口座開設のお申し込みを新規で行い、すべての設定を完了すると、あなたのアカウントに2000円分の投資資金が「トラノコポイント」の形でプレゼントしてもらえます。

https://toranoko.com/go/coupon/

「トラノコ」について詳しい情報が知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

https://toranoko.com/

関連記事

  1. アンティーク入門のすすめ~お部屋に暮らす美術品~
  2. エシカルとは?身近なモノから始めるエシカル生活「はじめの半歩」!…
  3. 蔵前のインクスタンド「inkstand by kakimori」…
  4. ミスコン挑戦を通して知った「ヴィーガン」の世界。山形颯生が体当た…
  5. 本屋めぐりの新たな楽しみ「御書印」を集めてみた!本好きの間でジワ…
  6. 2020年6月、隅田川に新たなランドマークが誕生!すみだリバーウ…
  7. 本州最北端に、なぜか自由の女神像が?!青森県上北郡おいらせ町の「…
  8. 【顔面学講座②】「東大寺の大仏殿の観相窓」~仏像の顔を見比べる楽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

前田耕陽主宰の「家族の愛情」をテーマにした新作舞台「僕らの純ちゃん!!」が7月に東京・大阪で上演!

ジャニーズの伝説のロックバンド「男闘呼組」の元メンバーで俳優の前田耕陽さんが主宰する舞台TEAM5…

つかこうへいの名作『熱海殺人事件〜売春捜査官〜』気鋭の演劇集団「深海洋燈」により6月6日から上演!

つかこうへいの代表作にして、約50年上演され続けている名作戯曲『熱海殺人事件』が光の届かない、未知…

シンガーソングライターの奥村慎也さんが、2022年8月6日に 新宿SACT!でワンマンライブを開催!

さだまさしさんの親戚でシンガーソングライターの奥村慎也さんが、2022年8月6日(土)に新宿SAC…

アーティスト・イン・レジデンスで見えてきたものとは?アーティスト城戸みゆきさんロングインタビュー!【前編】

城戸みゆきさんは現代アートの分野で活躍しているアーティストです。国内外のいろいろな場所に赴いて、そ…

【顔面学講座⑥】赤ちゃんは顔が好き〜なぜ人間は顔を見ようとするのか?

この人は良い人なのか?悪い人なのか? 「人を見抜く力」は社会で生活していく上でとても重要です。…

PAGE TOP