アート

【体験記】モナ・リザに長蛇の列?!初めてのルーヴル美術館訪問では、事前の予習がカギに!

こんにちは。サラダです。

2019年の8月に、フランスへ旅行しました。コロナになる前の年です。

お盆休みの時期だったので、どこも多くの観光客で賑わっていました。

現在は海外への渡航が制限されていたり、厳しい入国時の行動規制があったりで、事実上海外旅行は難しい状況ですが、コロナが収まり、また海外旅行に行けるのを待ち遠しく思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、コロナ後の海外旅行の参考になればと、フランスで有名な美術館「ルーヴル美術館」で私が体験した出来事をシェアしたいと思います。

パリ観光の目玉として、世界中から旅行客が集まる「ルーヴル美術館」。今、現地がどんな様子か知っているのと知らないとでは、予定の組み方も、そして想定外のことが起きたときの気持ちも大きく違ってくるかもしれません。

突然行っても、当日券が買えるとは限らない?

ルーヴル美術館入り口

フランス旅行で「ルーヴル美術館」へ行くことは一大イベント。

ですが「朝早く行けば、並んだとしても当日券買えるよね」と思っていた私と友人は、頑張って早起きをして、開館前に向かいました。

しかし、到着してルーヴル美術館を目の当たりにして感動していたら、そこにはすでに大行列が。

少しでも早く並ばなくてはと思い「当日券売り場はどこだろう?」と探していたのですが、出来上がっていた行列は当日券を買った人たちではなく、事前にチケット予約をして購入していた人たちだけだったことが発覚。

スタッフによると、当日券は販売していないとのこと。

結局、翌日の午後にしかチケットが取れずに、その日のスケジュールは見事に崩れました。

後々ネットで調べてみると、ストライキなどの関係で当日券が買えない場合もあるそうです…。

そのときは仕方がないので潔く諦めましたが、もしルーヴル美術館に行く日を、出発の前日の日にしていたら、私はルーヴル美術館に行けないままフランスを発つことになっていたのかもしれません。

そうなれば、とんでもない後悔を置いて帰っていたのかも…と想像してしまいました。

なので、必ず前もってチケットを予約して、万が一のために最終日の予定に組み込むのは避けた方がいいかもしれません!

★ルーヴル美術館の時間指定制チケット予約サイト(公式)https://www.ticketlouvre.fr/louvre/b2c/index.cfm/pmpevent/eventCode/PMP

あの有名な「モナ・リザ」を近くで観る時間、アイドルの握手会並。

「モナ・リザ」が展示されている様子

無事に館内に入れたと思っても、油断してはいけません。

ルーヴル美術館と言えば、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」ですよね。

この目で一度は見たい!と世界中から多くの人々が訪れます。

しかし、広いルーヴル美術館の入り口から、モナ・リザに辿り着くまで、とんでもなく長い列に並ばなくてはいけません。(時期によって展示場所が移動する可能性もあります)

どこがゴールかわからずに、ただただ行列に並ぶ

その間、友人とたくさん話をしましたが、話すネタも尽きるほどでした。

やっとモナ・リザが展示されている部屋に着くと、そこからは嬉しさと同時に緊張感が増します。

モナ・リザの前に通されるときは、一定の人数(そのときは15人ぐらいだったと思います)が順番に行列から開放され、近くで写真を撮ったり、見ることができます。

この時間が、一瞬です。(と言っておいた方が心構えができるかも)

自分とモナリザを写真に収めようと必死で撮影しましたが、正直写真のアングルを考えている余裕もありません。そして写真に夢中になりすぎて、肉眼でじっくり見れていませんでした。

時間がくると、警備の人たちが一斉に移動するよう誘導します。

まるでアイドルの握手会のような滞在時間。容赦無く移動させられ、悪あがきもできません。

おすすめなのは、まず落ち着いて写真を撮ってから、そのあとにモナ・リザを自分の目に焼き付けることです。並んでいる間にもシミュレーションしておきましょう。

広すぎる館内。見たい作品は、あらかじめ予習して絞っておく

館内には、同館を代表する作品のタペストリーも掛かっています。

ルーヴル美術館には、モナ・リザ以外にも有名な作品が数多く所蔵されていますが、広すぎて見たい作品に辿り着くまでも時間がかかります。

なので、事前にモナ・リザと、これだけは見ておきたいと思う作品を決めておき、ホームページなどで展示部屋を確認しておくのがいいでしょう。

私は、後の予定もあったため、前回の訪問ではモナ・リザとミュージアムグッズだけを見て、別の目的地へ向かわざるを得ませんでした。もっと違う作品も見たかったのですが、時間の都合上諦めるしかなく、少し後悔しています。

ルーヴル美術館は、丸1日費やしてもすべての作品を見ることは不可能と言われています。それほど広い建物なので、ルーヴル美術館でいくつか見たい作品がある方は、そのために1日を鑑賞にあてるスケジュールでもいいと思います。ミュージアムショップもありますし、館内を歩くのも行列に並ぶのも疲れるので、休憩する時間も必要になります。

パリ市内には、他にも有名な美術館があります!

オルセー美術館内

他にも、フランスには有名な美術館がいくつかあります。

そのなかでも、印象派の作品を数多く展示する「オルセー美術館」とモネの「睡蓮の間」がある「オランジュリー美術館」は、互いに徒歩15分圏内にあるので同じ日に回るのがおすすめです。印象派の作品に浸れる1日になるでしょう。

オランジュリー美術館

だいたいの美術館は18時ごろに閉館してしまうので、早めの行動が肝になりますが、嬉しいことにオルセー美術館は、木曜日なら21時45分まで開いています。

朝が苦手…という方は、木曜日にオランジュリー美術館に行ってから、オルセー美術館に行く順番なら安心できますね。

フランス旅行で後悔しないためにも、ルーヴル美術館訪問には入念な準備を

コロナが終わったら、海外旅行に出かけようと計画されている方も多いのではないかと思います。はじめてのフランス旅行では外せない「ルーヴル美術館」。混雑しやすい人気スポットだからこそ、入念な下調べをすることで鑑賞体験の質を高めることができるでしょう。

すべてを分刻みで計画する必要はないですし、そもそも計画通りにはいきませんが、できる限りの準備はしておかなければいけないと学びました。

海外旅行ができるようになったら、今回の内容をスケジュールを立てる際の参考にしてみてください。頭の片隅に入れておくだけでも、気持ちに余裕ができるかもしれません。

みなさまの旅行が、後悔のない素敵な旅になれば嬉しいです。

関連情報:ルーヴル美術館のチケット予約関連HP

★ルーヴル美術館公式HP(英語)
https://www.louvre.fr/en

★ルーヴル美術館の公式チケットサービスサイト(英語)
https://www.ticketlouvre.fr/louvre/b2c/index.cfm/home

★日本語オーディオガイド付きチケット予約サービス(日本語)https://www.veltra.com/jp/europe/france/paris/a/157342

楽活のルーヴル美術館関連記事

サラダ

サラダ

投稿者の記事一覧

名古屋在住フリーランスライターのサラダです。

アートを中心としたブログ(https://saladaart.com)も運営しております。楽活では、アートやエンタメを通して、毎日が少しでも楽しくなるような記事を書いています。

楽しいことがたくさん溢れている今の世の中で、あなたの好奇心が掻き立てられるような出会いに繋がれば嬉しいです。いくつになっても好奇心と行動力をもつことが、私の人生のモットーです。

関連記事

  1. 【速報】2022年秋、京都国立博物館にて、特別展「京に生きる文化…
  2. 【Takのアート入門講座】無料で「銀ブラアート」しましょう!
  3. 【美術史入門】ルネサンス絵画の技法解説②カンジャンテ~ミケランジ…
  4. 【速報】絵画公募展「FACE2022」のグランプリ、受賞作品9点…
  5. 【ひかるの正方形レポート】『チームラボ プラネッツ』に没入!チー…
  6. リサイクル会社が経営!気鋭のアーティスト長坂真護さんのギャラリー…
  7. フランス美術の300年を堪能!ヤマザキマザック美術館「秋の所蔵品…
  8. 知られざる巨匠の傑作が続々!「シダネルとマルタン展 ー最後の印象…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

前田耕陽主宰の「家族の愛情」をテーマにした新作舞台「僕らの純ちゃん!!」が7月に東京・大阪で上演!

ジャニーズの伝説のロックバンド「男闘呼組」の元メンバーで俳優の前田耕陽さんが主宰する舞台TEAM5…

つかこうへいの名作『熱海殺人事件〜売春捜査官〜』気鋭の演劇集団「深海洋燈」により6月6日から上演!

つかこうへいの代表作にして、約50年上演され続けている名作戯曲『熱海殺人事件』が光の届かない、未知…

シンガーソングライターの奥村慎也さんが、2022年8月6日に 新宿SACT!でワンマンライブを開催!

さだまさしさんの親戚でシンガーソングライターの奥村慎也さんが、2022年8月6日(土)に新宿SAC…

アーティスト・イン・レジデンスで見えてきたものとは?アーティスト城戸みゆきさんロングインタビュー!【前編】

城戸みゆきさんは現代アートの分野で活躍しているアーティストです。国内外のいろいろな場所に赴いて、そ…

【顔面学講座⑥】赤ちゃんは顔が好き〜なぜ人間は顔を見ようとするのか?

この人は良い人なのか?悪い人なのか? 「人を見抜く力」は社会で生活していく上でとても重要です。…

PAGE TOP