アート

ベルギーのマグリット美術館へ!ブリュッセル周辺の観光やおすすめスポットもご紹介!

こんにちは。ライターのサラダです。

みなさまは「ルネ・マグリット」という画家をご存知でしょうか?ベルギー出身のシュルレアリスムを代表する画家のひとりとして世界的に知られ、私の大好きな画家なのです。

ルネ・マグリット

そこで、ついに「マグリット美術館」に行ってきました。ベルギー観光の中心地・ブリュッセルに2009年に建てられ、約230点ものマグリット作品・資料などを所蔵しています。

今回は、マグリット美術館と、周辺の観光スポットについてご紹介していこうと思います。

美術館のユニークな外観に注目!入館前から、マグリットの絵画世界に没入できます!

マグリット美術館の外観は、想像を超えた景色でした。

彼の作品の数多くで描かれた「空」と「雲」をベースとして、マグリットを連想させるモチーフが美術館の窓に描かれています。じっと見ていると、ベルギーの空までもがマグリットの絵になっているようでした。

マグリット美術館・外観

感動して、しばらく外観の写真ばかり撮っていました。開館時間の前に行って撮影するのがおすすめですよ。

建物の窓に注目!マグリットが描いた様々なモチーフが隠れています!

美術館の中はもっと素晴らしく、チケット売り場から、こんな素敵な空間で迎えてくれます。

マグリット美術館 館内

展示内容はマグリットが残した作品たちはもちろん、当時の貴重な写真や映像、デッサンなどなど…。非常に見応えがありました。ファンの方なら、数時間あっという間に過ぎてしまうと思います。

マグリットの作品たち

館内は撮影可能(※フラッシュは禁止)。お気に入りの作品を思う存分撮影することもできます。

「ザ・リターン」

私が観たい作品の大半は観ることができました。

そこまでマグリットのファンではない方や、スケジュール的に館内を見て回るのが難しい方は、ミュージアムショップだけでも十分に楽しめます。マグリットのグッズは、お洒落でセンスの良いお土産としても人気なんです。ショップを利用するだけなら、チケットを購入しなくても入場可能です。

ミュージアムショップ

たくさん種類があって、どれもかわいくてかなり迷いました。
ここでは時間の余裕が必要です…!

(私は、レジで店員さんをびっくりさせてしまうほどの量を買ってしまいました。)

マグリット美術館周辺のおすすめスポット

ブリュッセルには、マグリット美術館周辺にもいろいろな観光スポットがあります。

まずは、1998年に世界遺産にも登録された、ブリュッセルの中心地にある広場「グラン=プラス」です。世界でもっとも美しい広場の一つと言われています。私が行った時期は真冬。クリスマスツリーが広場の中心に設置され、普段とは違った装いが楽しめました。

クリスマス仕様のグラン=プラス

夜間はライトアップされ、とても綺麗で優美な空間になります。イベントの時期は、プロジェクションマッピングも行われています。

クリスマス仕様にライトアップされたブリュッセル市庁舎。一際明るく輝く尖塔が見事ですね。グラン=プラス観光のハイライトです。

続いて、グラン=プラスの有名店、Chez Léon(シェ・レオン)をご紹介。

出典:Chez Léonホームページ(http://www.chezleon.be

観光客にも大人気のお店です。事前に予約していった方がよいでしょう。

ここでは、ベルギーの名物であるムール貝をぜひ食べてみてください。ハマってしまうとどれだけでも食べられます。

美味なだけでなく、ボリュームも満点。美しく皿に盛られ、食欲をそそります。ベルギービールとの相性も抜群?!

そして、一度は聞いたことがある「小便小僧」も、本物のオリジナルはブリュッセルにあるんです。観光客が集まっているのですぐに見つけられると思いますが、実物はとても小さくてびっくり。

小便小僧(クリスマス仕様)

ここでもクリスマスの装いになっていました。季節ごとに装飾に変化があるそうなので、それも楽しみのひとつにできますね。実はオマージュとして作られた「小便少女」もあるんですよ。グラン=プラスの近くにあるので、気になる方はぜひ。

アートもグルメも観光も!ベルギー旅行を満喫しよう!

ベルギーはブリュッセル以外の各都市にも観光名所があり、旅行先としてもおすすめな国です。ベルギービールをはじめ、美味しい食べ物もたくさんあるので、グルメな方にもぜひ訪れてほしい国です。

ベルギーに旅行する際は、ぜひマグリット美術館にも足を運んでみてくださいね。

参考情報:マグリット美術館

名称:マグリット美術館(The Magrit Museum/Musée Magritte Museum)
場所:Place royale / Koningsplein 1 – 1000 Brussels
公式HP:https://www.musee-magritte-museum.be/en
Twitter:https://twitter.com/museummagritte

サラダ

サラダ

投稿者の記事一覧

名古屋在住フリーランスライターのサラダです。

アートを中心としたブログ(https://saladaart.com)も運営しております。楽活では、アートやエンタメを通して、毎日が少しでも楽しくなるような記事を書いています。

楽しいことがたくさん溢れている今の世の中で、あなたの好奇心が掻き立てられるような出会いに繋がれば嬉しいです。いくつになっても好奇心と行動力をもつことが、私の人生のモットーです。

関連記事

  1. 下町情緒溢れる柴又にアートルームが誕生。ゲストハウス「柴又 FU…
  2. 【展示場所を探しているアーティストの方へ】渋谷・西麻布のバー「シ…
  3. 金沢といえば兼六園とレトロ建築!おすすめの観光・お散歩コースを紹…
  4. 笑って学べる古美術の贋作コメディ!『嘘八百』の意外な面白さとは?…
  5. 日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アー…
  6. 大正ロマンの魅力、再発見!東京駅で竹久夢二の世界へ〜『夢二繚乱』…
  7. 【路地の美術館~密かな美の愉しみ】Vol.1 岡本太郎記念館
  8. この秋、日本美術史上の事件が。ナビゲータの石原さとみさんも “フ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

観光に活気が戻ったトルコ。コロナ禍での、人気のリゾート地への最新の格安旅行事情をレポートします!

筆者が現在住むヨーロッパ・ドイツでは、国内外問わず人の行き来が比較的、元に戻っています。場…

【群馬県】キングオブパスタ2021開催食べ歩き&スタンプラリーで王者を決定せよ!

群馬県内最大級のフードイベント、キングオブパスタ2021年が開催、新型コロナの関係で2020年より…

【珠玉の5選】映画で読み解く、文豪や編集者たちの波乱に満ちたドラマチックな人生!

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋…読者の皆様、いろんな秋を楽しんでいますか? 秋の夜長に気になっていた…

今、clubhouseで起きていること。独自の展開を続けるclubhouseはその進化を止めてはいない。「楽しめる」部屋の扉は自分で「開ける」。

2021年、鳴り物入りで日本でもスタートした音声SNS「clubhouse」。サービス開始から半年…

「鬼滅の刃」の新聖地?!天狗だらけのお寺・迦葉山弥勒寺が凄かった!日本三大天狗の魅力を徹底レポート!

皆様こんにちは!楽活ライターのかわむらです。今回は群馬県沼田市にある天狗だらけのお寺、弥勒…

PAGE TOP