アート

ベルギーのマグリット美術館へ!ブリュッセル周辺の観光やおすすめスポットもご紹介!

こんにちは。ライターのサラダです。

みなさまは「ルネ・マグリット」という画家をご存知でしょうか?ベルギー出身のシュルレアリスムを代表する画家のひとりとして世界的に知られ、私の大好きな画家なのです。

ルネ・マグリット

そこで、ついに「マグリット美術館」に行ってきました。ベルギー観光の中心地・ブリュッセルに2009年に建てられ、約230点ものマグリット作品・資料などを所蔵しています。

今回は、マグリット美術館と、周辺の観光スポットについてご紹介していこうと思います。

美術館のユニークな外観に注目!入館前から、マグリットの絵画世界に没入できます!

マグリット美術館の外観は、想像を超えた景色でした。

彼の作品の数多くで描かれた「空」と「雲」をベースとして、マグリットを連想させるモチーフが美術館の窓に描かれています。じっと見ていると、ベルギーの空までもがマグリットの絵になっているようでした。

マグリット美術館・外観

感動して、しばらく外観の写真ばかり撮っていました。開館時間の前に行って撮影するのがおすすめですよ。

建物の窓に注目!マグリットが描いた様々なモチーフが隠れています!

美術館の中はもっと素晴らしく、チケット売り場から、こんな素敵な空間で迎えてくれます。

マグリット美術館 館内

展示内容はマグリットが残した作品たちはもちろん、当時の貴重な写真や映像、デッサンなどなど…。非常に見応えがありました。ファンの方なら、数時間あっという間に過ぎてしまうと思います。

マグリットの作品たち

館内は撮影可能(※フラッシュは禁止)。お気に入りの作品を思う存分撮影することもできます。

「ザ・リターン」

私が観たい作品の大半は観ることができました。

そこまでマグリットのファンではない方や、スケジュール的に館内を見て回るのが難しい方は、ミュージアムショップだけでも十分に楽しめます。マグリットのグッズは、お洒落でセンスの良いお土産としても人気なんです。ショップを利用するだけなら、チケットを購入しなくても入場可能です。

ミュージアムショップ

たくさん種類があって、どれもかわいくてかなり迷いました。
ここでは時間の余裕が必要です…!

(私は、レジで店員さんをびっくりさせてしまうほどの量を買ってしまいました。)

マグリット美術館周辺のおすすめスポット

ブリュッセルには、マグリット美術館周辺にもいろいろな観光スポットがあります。

まずは、1998年に世界遺産にも登録された、ブリュッセルの中心地にある広場「グラン=プラス」です。世界でもっとも美しい広場の一つと言われています。私が行った時期は真冬。クリスマスツリーが広場の中心に設置され、普段とは違った装いが楽しめました。

クリスマス仕様のグラン=プラス

夜間はライトアップされ、とても綺麗で優美な空間になります。イベントの時期は、プロジェクションマッピングも行われています。

クリスマス仕様にライトアップされたブリュッセル市庁舎。一際明るく輝く尖塔が見事ですね。グラン=プラス観光のハイライトです。

続いて、グラン=プラスの有名店、Chez Léon(シェ・レオン)をご紹介。

出典:Chez Léonホームページ(http://www.chezleon.be

観光客にも大人気のお店です。事前に予約していった方がよいでしょう。

ここでは、ベルギーの名物であるムール貝をぜひ食べてみてください。ハマってしまうとどれだけでも食べられます。

美味なだけでなく、ボリュームも満点。美しく皿に盛られ、食欲をそそります。ベルギービールとの相性も抜群?!

そして、一度は聞いたことがある「小便小僧」も、本物のオリジナルはブリュッセルにあるんです。観光客が集まっているのですぐに見つけられると思いますが、実物はとても小さくてびっくり。

小便小僧(クリスマス仕様)

ここでもクリスマスの装いになっていました。季節ごとに装飾に変化があるそうなので、それも楽しみのひとつにできますね。実はオマージュとして作られた「小便少女」もあるんですよ。グラン=プラスの近くにあるので、気になる方はぜひ。

アートもグルメも観光も!ベルギー旅行を満喫しよう!

ベルギーはブリュッセル以外の各都市にも観光名所があり、旅行先としてもおすすめな国です。ベルギービールをはじめ、美味しい食べ物もたくさんあるので、グルメな方にもぜひ訪れてほしい国です。

ベルギーに旅行する際は、ぜひマグリット美術館にも足を運んでみてくださいね。

参考情報:マグリット美術館

名称:マグリット美術館(The Magrit Museum/Musée Magritte Museum)
場所:Place royale / Koningsplein 1 – 1000 Brussels
公式HP:https://www.musee-magritte-museum.be/en
Twitter:https://twitter.com/museummagritte

サラダ

サラダ

投稿者の記事一覧

名古屋在住フリーランスライターのサラダです。

アートを中心としたブログ(https://saladaart.com)も運営しております。楽活では、アートやエンタメを通して、毎日が少しでも楽しくなるような記事を書いています。

楽しいことがたくさん溢れている今の世の中で、あなたの好奇心が掻き立てられるような出会いに繋がれば嬉しいです。いくつになっても好奇心と行動力をもつことが、私の人生のモットーです。

関連記事

  1. 今、九州で大注目!神社の天井画を次々手掛ける中国人画家・尹雨生さ…
  2. 【ミュージアム・プレイリスト】第2回「英国紳士の音楽:くまのパデ…
  3. 大阪でもチームラボ!千住博と「水」をテーマに異色のコラボ:千住博…
  4. ヒントは地下アイドルにあり? インディーズ画家・福井安紀の「絵で…
  5. トキワ荘ゆかりの地をめぐる! マンガ家たちに愛される豊島区椎名町…
  6. 「天下一」をめぐる、絵師たちの戦い!狩野永徳 vs 長谷川等伯!…
  7. 【速報】待望のフェルメール展詳細レポート!《窓辺で手紙を読む女》…
  8. 【速報】2020年9月、人気クリエイター佐藤可士和の初めての大規…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

備えあれば憂いなし!小さな子供とキャンプを楽しむための必須アイテムを、現役ママキャンパーが厳選してオススメ!

妊娠をきっかけにお休みしていたキャンプですが、娘が3歳になったころに再開しました。子どもが…

松井まさみちさん(三叉路Vo)が2022年5月31日に2年ぶりとなるデジタルシングル【Navigation】をリリース!

NHKみんなのうた『しあわせだいふく』、爆笑オンエアバトルエンディングテーマ曲『もっともっと』等を…

どこまでも陽気で単純だけど意味深い。キース・ヘリングは今も落書きの中で息づいている。中村キース・ヘリング美術館開館15周年記念展:混沌と希望

小淵沢にキース・ヘリングの作品が常設された美術館があるのをご存知ですか? 日本のバブル経済…

仏画好きにオススメ!根津美術館「企画展 阿弥陀如来 浄土への憧れ」が7月3日まで開催中!

仏画好きの方に朗報!根津美術館で「阿弥陀如来」をテーマとした仏画や経典、仏像などを特集した仏教美術…

Clubhouseの仲間たちが初ライブに挑む!「ちさまやのわちゃライブ」

楽活で活躍されているライター・Mayachiさんが、シンガーソングライターのChisacoさんと四…

PAGE TOP