アート

ベルギーのマグリット美術館へ!ブリュッセル周辺の観光やおすすめスポットもご紹介!

こんにちは。ライターのサラダです。

みなさまは「ルネ・マグリット」という画家をご存知でしょうか?ベルギー出身のシュルレアリスムを代表する画家のひとりとして世界的に知られ、私の大好きな画家なのです。

ルネ・マグリット

そこで、ついに「マグリット美術館」に行ってきました。ベルギー観光の中心地・ブリュッセルに2009年に建てられ、約230点ものマグリット作品・資料などを所蔵しています。

今回は、マグリット美術館と、周辺の観光スポットについてご紹介していこうと思います。

美術館のユニークな外観に注目!入館前から、マグリットの絵画世界に没入できます!

マグリット美術館の外観は、想像を超えた景色でした。

彼の作品の数多くで描かれた「空」と「雲」をベースとして、マグリットを連想させるモチーフが美術館の窓に描かれています。じっと見ていると、ベルギーの空までもがマグリットの絵になっているようでした。

マグリット美術館・外観

感動して、しばらく外観の写真ばかり撮っていました。開館時間の前に行って撮影するのがおすすめですよ。

建物の窓に注目!マグリットが描いた様々なモチーフが隠れています!

美術館の中はもっと素晴らしく、チケット売り場から、こんな素敵な空間で迎えてくれます。

マグリット美術館 館内

展示内容はマグリットが残した作品たちはもちろん、当時の貴重な写真や映像、デッサンなどなど…。非常に見応えがありました。ファンの方なら、数時間あっという間に過ぎてしまうと思います。

マグリットの作品たち

館内は撮影可能(※フラッシュは禁止)。お気に入りの作品を思う存分撮影することもできます。

「ザ・リターン」

私が観たい作品の大半は観ることができました。

そこまでマグリットのファンではない方や、スケジュール的に館内を見て回るのが難しい方は、ミュージアムショップだけでも十分に楽しめます。マグリットのグッズは、お洒落でセンスの良いお土産としても人気なんです。ショップを利用するだけなら、チケットを購入しなくても入場可能です。

ミュージアムショップ

たくさん種類があって、どれもかわいくてかなり迷いました。
ここでは時間の余裕が必要です…!

(私は、レジで店員さんをびっくりさせてしまうほどの量を買ってしまいました。)

マグリット美術館周辺のおすすめスポット

ブリュッセルには、マグリット美術館周辺にもいろいろな観光スポットがあります。

まずは、1998年に世界遺産にも登録された、ブリュッセルの中心地にある広場「グラン=プラス」です。世界でもっとも美しい広場の一つと言われています。私が行った時期は真冬。クリスマスツリーが広場の中心に設置され、普段とは違った装いが楽しめました。

クリスマス仕様のグラン=プラス

夜間はライトアップされ、とても綺麗で優美な空間になります。イベントの時期は、プロジェクションマッピングも行われています。

クリスマス仕様にライトアップされたブリュッセル市庁舎。一際明るく輝く尖塔が見事ですね。グラン=プラス観光のハイライトです。

続いて、グラン=プラスの有名店、Chez Léon(シェ・レオン)をご紹介。

出典:Chez Léonホームページ(http://www.chezleon.be

観光客にも大人気のお店です。事前に予約していった方がよいでしょう。

ここでは、ベルギーの名物であるムール貝をぜひ食べてみてください。ハマってしまうとどれだけでも食べられます。

美味なだけでなく、ボリュームも満点。美しく皿に盛られ、食欲をそそります。ベルギービールとの相性も抜群?!

そして、一度は聞いたことがある「小便小僧」も、本物のオリジナルはブリュッセルにあるんです。観光客が集まっているのですぐに見つけられると思いますが、実物はとても小さくてびっくり。

小便小僧(クリスマス仕様)

ここでもクリスマスの装いになっていました。季節ごとに装飾に変化があるそうなので、それも楽しみのひとつにできますね。実はオマージュとして作られた「小便少女」もあるんですよ。グラン=プラスの近くにあるので、気になる方はぜひ。

アートもグルメも観光も!ベルギー旅行を満喫しよう!

ベルギーはブリュッセル以外の各都市にも観光名所があり、旅行先としてもおすすめな国です。ベルギービールをはじめ、美味しい食べ物もたくさんあるので、グルメな方にもぜひ訪れてほしい国です。

ベルギーに旅行する際は、ぜひマグリット美術館にも足を運んでみてくださいね。

参考情報:マグリット美術館

名称:マグリット美術館(The Magrit Museum/Musée Magritte Museum)
場所:Place royale / Koningsplein 1 – 1000 Brussels
公式HP:https://www.musee-magritte-museum.be/en
Twitter:https://twitter.com/museummagritte

サラダ

サラダ

投稿者の記事一覧

名古屋在住フリーランスライターのサラダです。

アートを中心としたブログ(https://saladaart.com)も運営しております。楽活では、アートやエンタメを通して、毎日が少しでも楽しくなるような記事を書いています。

楽しいことがたくさん溢れている今の世の中で、あなたの好奇心が掻き立てられるような出会いに繋がれば嬉しいです。いくつになっても好奇心と行動力をもつことが、私の人生のモットーです。

関連記事

  1. 新しいモネを見つけに行こう!『モネ それからの100年』横浜美術…
  2. 『あなたが選ぶ展覧会2017』中間発表。エントリー結果速報!
  3. 東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープ…
  4. 半沢直樹よりも凄い?システィーナ礼拝堂に残された『ミケランジェロ…
  5. 食べるコミュニケーションって?「おべんとう展」を食べつくそう!:…
  6. 【展示場所を探しているアーティストの方へ】渋谷・西麻布のバー「シ…
  7. 光をつかみ取る~写真家・田原桂一を偲んで:ポーラミュージアムアネ…
  8. 100年目、あらたに出会ういわさきちひろ。『生誕100年 いわさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【速報/初公開52点!】2021年秋の木島櫻谷展は日本美術ファン必見!~企画展『木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」』

動物を描く名手として、数年前から人気急上昇中の木島櫻谷(このしまおうこく)。明治から昭和戦前にかけ…

ハスよ咲け!滋賀県「草津市立水生植物公園みずの森」の映える・楽しむ・学べる花の宴を体験してきました

1999年、私は初めて滋賀県草津市にある、琵琶湖のほとりの「草津市立水生植物公園みずの森」にやって…

群馬県各地で「かき氷FES」が開催中!猛暑をしのぐひんやりスイーツの食べ歩きはいかが?

連日30℃以上の気温が予想される酷暑がついに到来しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?毎日身も…

コロナ時代の美術館めぐりの注意点を紹介!自宅でアートを楽しむ方法も

コロナ時代に突入してから、事前予約制を取り入れたり、オンラインで展覧会を配信したりする美術館が増え…

ドイツで買える日本のインスタント麺6種類を食べ比べ!海外限定のおすすめのカップラーメン・袋麺を紹介します!

「楽活」読者のみなさん、こんにちは!ドイツ在住WEBライターのあさひなペコです。ドイツでは…

PAGE TOP