アート

美術館で納涼!『水を描くー広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしおー』山種美術館 

今年の夏の暑さは特に厳しいですね。祇園祭の時期の京都に一週間ほど滞在したのですが、意外なほど夕方から夜の暑さが堪えました。外に出るのがちょっと億劫になってしまいますが、インドアなら空調もきいていて快適です。そこで美術館です。涼しげな水をテーマとした企画展『水を描くー広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしおー』が山種美術館で開催中です。会期は9月6日まで。

本展は「第1章 波と水面のイメージ」「第2章 滝のダイナミズム」そして「第3章 雨の情景」の3章で構成されており、横山大観、川合玉堂、奥村土牛、東山魁夷ら山種美術館が所蔵する近代日本画から計55点が出展されています。じっくり見ても1時間もあればじゅうぶん。普段、美術館にあまり行かない方でも親しみやすいボリュームです。

水のさまざまな表情を捉えた「波と水面のイメージ」

「水」と一口に言ってもいろんな表現があります。主役だったり、引き立て役だったり、でも確かにどの絵にも水の存在を感じます。

竹内栖鳳《緑池》山種美術館

見る機会が楽しみな作品ではがきも飾っています。池の水面に顔を出した蛙の姿もどこか涼しげ。

奥村土牛《鳴門》山種美術館

徳島の鳴門に立ち寄り、妻に帯を掴んでもらいながら何十枚も写生をしたというエピソードが面白い。「この渦に飲み込まれたら大変だ」という作家の思いも伝わってくるよう。

奥村土牛《鳴門》山種美術館

季節を少し先取り。フレームが窓で、まるでそこに奥入瀬の風景が広がっているよう。涼しい秋が待ち遠しいですね。

川端龍子《鳴門》山種美術館

山種美術館の展覧会は撮影OKな作品があるのがうれしいです。本展で撮影OKなのがこちらの作品。展示会場入り口付近に撮影や画像使用に関してまとめたものがありますので一読したうえでどうぞ。

インパクトありの「滝のダイナミズム」

今回「わぁ」と声を上げるほどのインパクトがあったのがこの滝の絵。音や水しぶきまで想像してしまいました。

千住博《ウォーターフォール》1995年 山種美術館

身近に感じられる「雨の情景」

雨をテーマにした第3章は一番身近に感じられました。流れる水の勢い、山がかすむほどの雨の様子が墨の濃淡で表現されている中、はっきりした色彩で描かれた農婦にパッと目が行きます。穏やかな表情が印象的でした。

川合玉堂《水声雨声》山種美術館

ひとしきり見終わった頃には外で猛烈に浴びた日差しや湿気からの熱もすっかりクールダウンしていました。「空調の温度、下げていますか?」とスタッフの方にうかがったところ、特に空調を低めに設定してはいないとのこと。水のある場所で感じた「冷たい」「ひんやり」とした記憶がそうさせたのかもしれません。

オリジナル和菓子も涼しげ

山種美術館の企画展で毎回楽しみにしているのが青山の老舗菓匠「菊家」さんとのコラボメニューです。出展作品5点からインスピレーションを受けたオリジナル和菓子が楽しめます。お菓子をいただいてから作品を見るもよし、また、「Cafe椿 和菓子になりました」という赤い印が絵のそばにありますので、お気に入りの絵から和菓子を選ぶのも楽しいですね。2個からテイクアウトもできます。

お気に入りは「黒糖風味大島あん」を使ったもの。今回は橋本関雪の《生々流転》(部分)から「波濤」という和菓子になっていました。(写真右上)

ミュージアムグッズには新しくラインナップに加わったはがき、マグカップも。お気に入りの作品のはがきやグッズはついつい買いすぎてしまうほどです。

近代日本画の巨匠たちの作品が「水」をテーマに集ったこの機会、まだまだ暑い日は続きそうですが、少しでも爽やかな気分を楽しんでもらえたらと思います。

【展覧会情報】

[企画展]水を描くー広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしおー
会場:山種美術館(東京都渋谷区広尾3-12-36)
会期:2018年7月14日(土)〜9月6日(木)会期中一部展示替えあり(前期:7月14日〜8月5日、後期8月7日〜9月6日)
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日
問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル 電話受付時間8:00-22:00)
入館料、各種割引、アクセスなどは下記公式サイトをご確認ください。
http://www.yamatane-museum.jp/

DJAIKO62

DJAIKO62

投稿者の記事一覧

ラジオDJ、ナレーター。京都育ち、中学時代をアメリカ・ニュージャージー州で過ごす。現在は地元のFM京都αステーションで「Kyoto Air Lounge(月曜火曜16-18時)をレギュラー担当。東京と京都を週1で行き来しながらナレーターや映画・美術展ライター、MCとしても活動中。
インスタグラム https://www.instagram.com/djaiko62/

関連記事

  1. 爆音上映ならぬ勉強上映? スクリーンから西洋美術を学ぶ。『アート…
  2. 京都と乃木坂46、刀剣乱舞がコラボ!『KYOTO NIPPON …
  3. アート✕ポケモン! ピカチュウがアートと饗宴:Pokémon S…
  4. 【趣味れーしょん美術館】#001:横山大観展は極端アートがぞろぞ…
  5. イーブイが9人のクリエイターとコラボ!「イーブイズプラスカフェ」…
  6. 【DJAIKO62の京都藝術迷宮通信(仮)】01 : KYOTO…
  7. 【てつとび】鉄旅編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原の…
  8. 笑って学べる古美術の贋作コメディ!『嘘八百』の意外な面白さとは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

ライブハウスで楽しむ伝統芸能!「講談×落語 in KENTOS銀座」に行ってきた!

9月23日、待ちに待った久々の楽活主催での伝統芸能イベント「講談×落語 in KENTOS銀座」が開…

【パパと一緒に】子供も大好き?!自動車文化を無料で楽しめるテーマパーク「MegaWeb」に行ってきた!

小学校の男の子って、とにかく乗り物が好きですよね。僕の子供も、今年小学校3年生に上がったばかりですが…

東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープン!

2018年4月19日、東京・半蔵門駅直結の好位置に、仏教美術を専門に取り扱う新たな博物館として「半蔵…

わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美術館

アートが大好きで、展覧会やギャラリーで見たものをブログに書いているMと申します。週末は注目の企画展に…

【イベントレポート】美術を観る楽しさを知る!トークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』

楽しくて、わかりやすくて、1時間半のトークがあっという間でした!楽活のメインライターであり、人気アー…

PAGE TOP