アート

【ミュージアム・プレイリスト】第3回 皇妃たちの音楽『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界ーー1780年パリに始まるエスプリ』

絵画と音楽には、時代ごとの空気感やメッセージに満ちた「物語」があります。
近年関心が高まりつつある、美術とクラシック音楽のコラボレーション。
このコラムでは、音楽キュレーター高野麻衣が、展覧会のために選曲したプレイリストをご紹介いたします。

【6月のプレイリスト】
◯Spotifyはこちら

◯iTunesはこちら

三菱一号館美術館(東京・丸の内)で開催中の『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界ーー1780年パリに始まるエスプリ』展を訪れました。

パリ・ヴァンドーム広場の名門のなかで最も長い歴史を誇り、フランス革命を見届け、ナポレオンの戴冠式をも彩ったジュエリー・ブランド「ショーメ(CHAUMET)」。期待を胸に会場に足を踏み入れた途端、予想をはるかに超える美のオーラに圧倒されます。

歴史の中のショーメ

入口正面で私たちを迎えてくれるのは、堂々たる皇帝ナポレオンと皇妃ジョゼフィーヌ。ショーメの創業者マリ=エティエンヌ・ニトは、ふたりの御用達だった。

第1章「歴史の中のショーメ」に捧げる1曲目は、この展示風景にぴったりのベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」です。

“音楽界の皇帝”ベートーヴェンは、ナポレオンの1歳下の同世代。思春期にフランス革命の影響を強く受け、のちにナポレオンを讃える交響曲を作曲しました。華麗なイントロに鳴り響くピアノの音は、まるで宝飾品のきらめきのよう。

展示室には、19世紀半ば、皇帝の甥ナポレオン3世の皇后となったウジェニーの肖像(1853年)や、19世紀末のベルエポックの華スターン夫人の肖像(1889年)が、それぞれの人物や時代にちなんだジュエリーとともに展示されている。

「皇妃マリー=ルイーズのアクロスティック・ブレスレット」(1810年)は宝石のイニシャルで秘密のメッセージを作り上げるもので、このジュエリーの贈り主ナポレオンと皇妃自身の名や生年月日、出会いの日、結婚記念日が記されている。

マリー・ローランサンが描く肖像画にも、ショーメのジュエリーが描かれていたなんて!

次々に現れる高貴な女性(ミューズ)たちの回廊に合わせたいのが2曲目。太陽王時代のヴェルサイユで活躍し、19世紀末の作曲家ラヴェルにも愛されたフランス音楽の魂、クープランの「神秘的なバリケード」です。

素晴らしいティアラの饗宴

そして、いよいよ1つめのクライマックス、圧巻のティアラたち!

「ロイヒテンベルクとして知られるティアラ」(1830〜40年頃)。

「ペイン・ホイットニー夫人(ガートルード・ヴァンダービルト)の翼のティアラ」(1910年)。翼のティアラはまるでワルキューレ(戦乙女)のよう。

「ブルボン=パルマとして知られるフクシアのティアラ」(1919年)。

頭部を飾るジュエリーであるティアラは、古代ギリシャが起源。皇妃ジョゼフィーヌによって、ナポレオンの第一帝政時代にリヴァイヴァルしました。

ベルエポックのパリでは、上流階級の女性である証に。「豊かな時代はシンプルに。不安な時代は人々が癒しを求めるので、複雑な植物モチーフなどが好まれます」という学芸員さんのお話も興味深かったです。

高貴な女性たちの、密やかなおしゃべりの気配漂うこの空間に合わせたい3曲目は、現代のミューズ、歌姫アンナ・ネトレプコによる「ジャスミンとばらの二重唱」(ドリーブ:歌劇『ラクメ』より)。香り立つようなソプラノの歌声が、繊細な宝石たちのプリズムと調和します。

長大なガラスケースの背後には、ジュエリー制作前の最終段階である模型「マイヨショール」がずらり。ひとつひとつに女性たちの物語を感じる。

旅するショーメ

つづいて第4章は「旅するショーメ」。「歴史」の次は「地理」の冒険です。

中国やインドなど、東洋の世界からもインスピレーションを受けてきたショーメ。エキゾティズムを堪能する4曲目は、クープランと同じフレンチ・バロックの作曲家ラモー「優雅なインドの国々」からの1曲をピアノ演奏で。

カラード・ストーンに彫をほどこした巨大な「ホープ・カップ」(1853-55年)。ギリシャ神話の物語を描きながらも、どこか東洋的。(撮影:チバヒデトシ)

第6章「身につける芸術=ジュエリー」で嬉しかったのが、前田侯爵夫人・菊子さまに会えたこと。近所にある旧前田侯爵邸に残る彼女の主寝室は、わたしの心のオアシスのひとつなのです。

前田菊子侯爵夫人(左)。日本大使館付武官だった夫のロンドン赴任中、バッキンガム宮殿の拝謁式に出席したときたの礼装。ショーメのティアラを身につけている。

こちらは「ヘッドバンドとしても着用可能な8個のサファイアのネックレス」(1925〜30年頃)。

菊子さまがつけているアール・デコ風のティアラは、帯状のバンドー(1920年代に流行したヘッド・ドレス)で、胸飾りとしても使用可能。5月の英国のロイヤル・ウェディングで、メーガン妃がつけていたティアラにも似ています。

5曲目はそんな菊子さまの肖像に捧げる「わたしが街を行くと」(プッチーニ:歌劇『ラ・ボエーム』より)。

映像表現とのコラボレーションも必見

手前が「6羽のダイヤモンドのツバメの連作」(1890年)。背後を飛びまわり、時折ジュエリーと一体化する映像の小鳥たちが愛らしい。

終盤の2つの展示室には、映像演出が満載でした。

6曲目は、かわいい小さな鳥たちに合わせてダカンのピアノ曲「カッコウ」を聴いてみましょう。

そしてラスト、第8章「遥けき国へ――ショーメと日本」。

手前は「マリー・アントワネットの日本の漆器コレクション」。フランス革命の折に、ショーメの創業者ニトが助け出したものだそう。

フランス革命以来230年あまりの長い歴史のなかで、ショーメは日本の自然や工芸にいくたびも着想を得てきました。

最後のインスタレーションの中央に燦然と輝くのは、この展覧会のために制作された「シャン ドゥ プランタン」。墨と漆の世界を表現したこの作品の世界観に合わせ、7曲目は最も有名な“音楽のジャポニスム”『蝶々夫人』より「ある晴れた日に」はいかがでしょうか。

まさに「美を浴びた」という満足感。三菱一号館美術館やその中庭では、美しい空間に留まり、ゆっくりと余韻を味わうこともできる。(撮影:チバヒデトシ)

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界――1780年パリに始まるエスプリ」は9月17日(月・祝)まで開催中。アートを味わう上質な時間のおともに、ミュージアム・プレイリストをぜひ、ご活用ください。

(選曲・文・写真:高野麻衣)

【展覧会開催概要】
展覧会名:ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界――1780年パリに始まるエスプリ
会場:三菱一号館美術館
会期:2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝)
開館時間:10:00~18:00
※金曜、第2水曜、9月10日~13日は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
※7月16日、9月10日、9月17日と、トークフリーデーの7月30日、8月27日は開館
展覧会ホームページ:https://mimt.jp/chaumet/

高野 麻衣

高野 麻衣

投稿者の記事一覧

コラムニスト。上智大学文学部史学科卒業。歴史をベースに音楽、美術、マンガやアニメについて​幅広く執筆・講演。著書・CDに『フランス的クラシック生活』(PHP新書) 『マンガと音楽の甘い関係』(太田出版)『マリー・アントワネットの音楽会』(ワーナーミュージック)などがある。ラジオ『Memories & Discoveries』(JFN系列)出演中。

Instagram:https://www.instagram.com/_maitakano

関連記事

  1. 東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープ…
  2. 【Takのアート入門講座】「世界史」で美術を学びなおそう!
  3. 男も惚れる?肉体美!“世界” の和太鼓集団DRUM TAO「万華…
  4. この秋、日本美術史上の事件が。ナビゲータの石原さとみさんも “フ…
  5. 笑って学べる古美術の贋作コメディ!『嘘八百』の意外な面白さとは?…
  6. 「発酵から再発見する日本の旅」 渋谷ヒカリエ
  7. あの、水のチームラボが復活!『チームラボ プラネッツ TOKYO…
  8. イーブイが9人のクリエイターとコラボ!「イーブイズプラスカフェ」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

「ぼっち」の時代!「お一人様」でも安心な商品を開発する?

ガストに行くと「お一人様席」があるのをご存知ですか。私も最近お気に入りで良く利用しています。各お…

ビジネス界でも注目されるアート!MBAだけじゃダメ?MFAが脚光を浴びる理由

今、アメリカでは、MBAよりMFAが注目されつつあり、給与も待遇もMBAを持っているよりMFAを持…

【映画評】ミレーの絵画世界をリアルに再現?!映画「田園の守り人たち」試写会レビュー

映画「田園の守り人たち」を観て来ました。「田園の守り人たち」公式サイトhttp://moribi…

「資産寿命」を考えよう!~老後の2000万円の不足に備えるために~

何かと話題の金融庁審議会の報告書ですが、老後約2000万円不足することに危機感を持った多くの方が資…

展覧会レポート:生誕125年記念 速水御舟

※内覧会に参加してきました。※掲載写真は特別に撮影の許可を頂いております。 待望の山種美術館「速水…

PAGE TOP