アート

【ミュージアム・プレイリスト】第1回 音楽の印象派『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』

絵画と音楽には、時代ごとの空気感やメッセージに満ちた「物語」があります。
美術館で音声ガイドを聴いていたら、一枚の絵画の前で流れだした音楽に、涙が出るほどの共鳴を味わった――そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
近年関心が高まりつつある、美術展とクラシック音楽のコラボレーション。このコラムでは、音楽キュレーター高野麻衣が美術展のために選曲したプレイリストをご紹介いたします。

現在、国立新美術館(東京・乃木坂)で開催中の「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」。世界的コレクター、エミール・ゲオルク・ビュールレによる「世界最高峰の印象派コレクション」が大きな話題を呼んでいます。

「印象派(印象主義)」とは、19世紀末後半から20世紀初めのフランスで起きた芸術運動。描く対象の輪郭や色より、周囲の光や空気の変化をとらえようとした画家たち――ですが、じつは音楽家のなかにもマネ、モネ、ルノワールらの絵画に影響を受け、光や風、木々のざわめき、波、匂いなど、変化していく瞬間的なイメージを音にした人々がいました。記念すべき第1回のプレイリストはそんな「音楽の印象派」、ドビュッシー、サティ、ラヴェルを中心にセレクトします。

★4月のプレイリスト★

1曲目はドビュッシー:交響詩「海」~海の夜明けから真昼まで。個人的に、本展で最も音楽を感じた、シニャック《ジュデッカ運河、ヴェネツィア、朝》にちなんでいます。

2曲目はドリーブ:夜鳴鳥(ナイチンゲール)。マネの《べルヴュの庭の隅》など、印象派の風景のなかで飛びまわっていそうな小鳥のイメージを投影しました。

「ルノワールといえばピアノを弾く良家のお嬢様たち!」ということで、《可愛いイレーヌ》に合わせたい3曲目は、ラヴェル:ソナチネ~第2楽章。古典的でチャーミングな曲調がイレーヌにお似合いです。

4曲目のサティ:エンパイア劇場の歌姫は、ダンスホールやキャバレーを愛したロートレックへのオマージュ。本展は、このロートレックのように、印象派の次世代やピカソなどのモダン・アート作品までカバーしているのが特徴的。時代や作風はさまざまですが、ビュールレの好みに一貫性があるので、センスのいいコンピレーション・アルバムみたいに楽しめます。

そしてラスト。大作《睡蓮の池、緑の反映》の余韻とともに味わいたいのは、やはり名曲ドビュッシー:月の光。最初にこの絵画の前に立ったとき、「夜なのだ」というほどの静けさを感じたからです。ジヴェルニーの庭に降り注ぐ月の光。まるで、ドビュッシーが霊感を受けたという、ヴェルレーヌの詩の一場面のようでした。

音楽を思い浮かべると、止まっているはずの絵画が生き生きと動き出す――その瞬間が、私はなによりも大好きです。これからみなさまと、そんな瞬間を分かちあえれば幸いです。

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」は5月7日(月)まで開催中。展覧会をすでにご覧になった方は図録を眺めつつ、おたのしみいただくのも一興です。アートを味わう上質な時間のおともに、ミュージアム・プレイリスト、ぜひご活用ください。

選曲・文:高野麻衣
写真:チバヒデトシ

★4月のプレイリスト★

高野 麻衣

高野 麻衣

投稿者の記事一覧

コラムニスト。上智大学文学部史学科卒業。歴史をベースに音楽、美術、マンガやアニメについて​幅広く執筆・講演。著書・CDに『フランス的クラシック生活』(PHP新書) 『マンガと音楽の甘い関係』(太田出版)『マリー・アントワネットの音楽会』(ワーナーミュージック)などがある。ラジオ『Memories & Discoveries』(JFN系列)出演中。

Instagram:https://www.instagram.com/_maitakano

関連記事

  1. 図録製作秘話もたっぷり聞けたトークイベント「久保佐知恵×おおうち…
  2. 「意外に」凄い。見どころ満載の仏教美術展 / 特別展 仁和寺と御…
  3. ようこそ《グラン・ブーケ》の食卓へ。『ルドン−秘密の花園』(三菱…
  4. 【Takのアート入門講座】無料で「銀ブラアート」しましょう!
  5. 誰も知っている作品がいっぱい!「至上の印象派展 ビュールレ・コレ…
  6. 春を感じるような華やかさ。『ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛し…
  7. 【趣味れーしょん美術館】横山大観展は極端アートがぞろぞろ!
  8. しとやか人形にひとめ惚れ。与勇輝の創作は「存在力」がすごい!『パ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【Takのアート入門講座】いつもと違ったルートで展覧会へ行こう!

映画館は気分によって、鑑賞する劇場を選べますが、展覧会は開催している美術館・博物館が決まっています。…

Netflix、Hulu、Amazonプライムを徹底比較!2018年こそ有料ネット動画を楽しむ

最近、まわりでやたらと「NetflixやHuluで◯◯を観た」という話を聞きませんか?日本でも本格的…

DJAIKO62の京都藝術迷宮通信(仮)01 KYOTOGRAPHIE編

[楽活]をご覧の皆さま、はじめまして、DJAIKO62です。ラジオDJやナレーター、司会として活動し…

【趣味れーしょん美術館】ヌード展の想定外な展示とスマフォト講座

皆さんこんにちは、観光地でカップルに写真を頼まれる歴6年のアラサー孤独ブロガーの明菜です。この度、と…

屏風と庭のカキツバタが饗宴。『光琳と乾山展ー芸術家兄弟・響き合う美意識ー』根津美術館

根津美術館のカキツバタが見頃を迎えています! 毎年恒例となっている、尾形光琳《燕子花図屏風》が公開さ…