アート

日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アーカイブ」が誕生!

東京国立近代美術館フィルムセンターが、2018年4月から国内6つ目となる映画専門の国立美術館「国立映画アーカイブ」とへと格上げされることが決まりました。「映画を残す、映画を活かす。」をミッションとして、より一層の日本映画文化の普及と振興を図っていくとされています。

引用:http://www.nfaj.go.jp/NFAJ_pressrelease.pdf

現在の東京国立近代美術館フィルムセンターは、昭和27(1952)年に国立近代美術館の映画部門として開設され、日本で唯一の国立映画機関として、これまでも内外の映画フィルム及び映画関係資料の収集・保存・復元と調査・研究を行ってきました。今回、このタイミングで国立美術館として改組されることになった背景としては、日本の映画文化に対する内外での認知度の高まりを受けて、より一層国内外への情報発信や日本映画の魅力をアピールするために、独立した国立の専門機関にして体制を強化する必要があったとのこと。

独立後は、新たに山田洋次監督や河瀬直美監督など、著名な業界関係者をアドバイザーとして選任し、広く外部から助言を得る体制を構築する予定となっています。

引用:http://www.nfaj.go.jp/NFAJ_pressrelease.pdf

その事業内容は、ナショナルセンターとして以下の3つの柱を設けるとしています。
1.映画を保存・公開する拠点:保存・復元・上映・展示
2.映画の文化・芸術振興拠点:教育・普及
3.映画による国際交流拠点:FIAF機関との国際連携・協力

また、これまでと変わらず、幅広く多くの人たちに向けて、監督別や国別、ジャンル別など様々なテーマによる上映会や、名作鑑賞会・親子向け上映会など、教育プログラムの
拡充も図られます。このところ、中国やインドといった新興国での映画産業にやや押され気味の日本映画。今回の「国立映画アーカイブ」設立が日本映画のさらなる発展への起爆剤になると良いですね。

独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ概要
名称:国立映画アーカイブ
英語名称:National Film Archive of Japan(略称 NFAJ)
設置年月日:2018年4月1日
館長(予定者):岡島尚志(おかじま ひさし)
URL:http://www.nfaj.go.jp/

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. teamLab Borderless、お台場に今夏オープン! チ…
  2. 屏風と庭のカキツバタが饗宴。『光琳と乾山展ー芸術家兄弟・響き合う…
  3. 春を感じるような華やかさ。『ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛し…
  4. 注目の国宝「葛井寺・千手観音菩薩坐像」の展示も!仁和寺展の後期展…
  5. 北斎の「内面」に深く切り込んだドキュメンタリー映画『大英博物館プ…
  6. 今年のルーブル美術館展は肖像芸術大特集!世界最高峰の「顔」を楽し…
  7. 【Takのアート入門講座】無料で「銀ブラアート」しましょう!
  8. 【趣味れーしょん美術館】ヌード展の想定外な展示とスマフォト講座

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【Takのアート入門講座】いつもと違ったルートで展覧会へ行こう!

映画館は気分によって、鑑賞する劇場を選べますが、展覧会は開催している美術館・博物館が決まっています。…

Netflix、Hulu、Amazonプライムを徹底比較!2018年こそ有料ネット動画を楽しむ

最近、まわりでやたらと「NetflixやHuluで◯◯を観た」という話を聞きませんか?日本でも本格的…

DJAIKO62の京都藝術迷宮通信(仮)01 KYOTOGRAPHIE編

[楽活]をご覧の皆さま、はじめまして、DJAIKO62です。ラジオDJやナレーター、司会として活動し…

【趣味れーしょん美術館】ヌード展の想定外な展示とスマフォト講座

皆さんこんにちは、観光地でカップルに写真を頼まれる歴6年のアラサー孤独ブロガーの明菜です。この度、と…

屏風と庭のカキツバタが饗宴。『光琳と乾山展ー芸術家兄弟・響き合う美意識ー』根津美術館

根津美術館のカキツバタが見頃を迎えています! 毎年恒例となっている、尾形光琳《燕子花図屏風》が公開さ…