アート

日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アーカイブ」が誕生!

東京国立近代美術館フィルムセンターが、2018年4月から国内6つ目となる映画専門の国立美術館「国立映画アーカイブ」とへと格上げされることが決まりました。「映画を残す、映画を活かす。」をミッションとして、より一層の日本映画文化の普及と振興を図っていくとされています。

引用:http://www.nfaj.go.jp/NFAJ_pressrelease.pdf

現在の東京国立近代美術館フィルムセンターは、昭和27(1952)年に国立近代美術館の映画部門として開設され、日本で唯一の国立映画機関として、これまでも内外の映画フィルム及び映画関係資料の収集・保存・復元と調査・研究を行ってきました。今回、このタイミングで国立美術館として改組されることになった背景としては、日本の映画文化に対する内外での認知度の高まりを受けて、より一層国内外への情報発信や日本映画の魅力をアピールするために、独立した国立の専門機関にして体制を強化する必要があったとのこと。

独立後は、新たに山田洋次監督や河瀬直美監督など、著名な業界関係者をアドバイザーとして選任し、広く外部から助言を得る体制を構築する予定となっています。

引用:http://www.nfaj.go.jp/NFAJ_pressrelease.pdf

その事業内容は、ナショナルセンターとして以下の3つの柱を設けるとしています。
1.映画を保存・公開する拠点:保存・復元・上映・展示
2.映画の文化・芸術振興拠点:教育・普及
3.映画による国際交流拠点:FIAF機関との国際連携・協力

また、これまでと変わらず、幅広く多くの人たちに向けて、監督別や国別、ジャンル別など様々なテーマによる上映会や、名作鑑賞会・親子向け上映会など、教育プログラムの
拡充も図られます。このところ、中国やインドといった新興国での映画産業にやや押され気味の日本映画。今回の「国立映画アーカイブ」設立が日本映画のさらなる発展への起爆剤になると良いですね。

独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ概要
名称:国立映画アーカイブ
英語名称:National Film Archive of Japan(略称 NFAJ)
設置年月日:2018年4月1日
館長(予定者):岡島尚志(おかじま ひさし)
URL:http://www.nfaj.go.jp/

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!【明…
  2. 密かに世界に知られる映画祭。15周年でますます注目!『SKIPシ…
  3. 金魚が日本橋で乱舞?『アートアクアリウム 2018』で過ごす夏
  4. 続編だっておもしろい!子どもと行っても、大人だけで行っても見応え…
  5. 箱根ガラスの森美術館は、ヴェネチア旅行へ行った気分を味わえる異国…
  6. 【てつとび】美術館編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原…
  7. 100年目、あらたに出会ういわさきちひろ。『生誕100年 いわさ…
  8. 【Takのアート入門講座】展覧会を楽しむために、ちょっと知ってお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

福井県産ブランド米「いちほまれ」が美味い!11月からは本田姉妹が出演する新CMも登場!【11/15までプレゼント有】

先日、たまたま別件で楽活編集部に立ち寄ったところ、あるご縁から福井県のブランド米「いちほまれ」を頂…

食べ放題でお腹いっぱいに!横須賀海軍カレー本舗・ベイサイドキッチンが10/23グランドオープン!

2020年10月23日、横須賀で最も活気のある観光・ショッピングの中心地「コースカベイサイドストア…

津軽三味線っていくらするの?独学でもできる?はじめの1歩の前の疑問を解消しよう!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。皆さんは、10万円の定額給付金で何を買いましたか?私は…

首都圏から意外に近い?! 在来線でも行けちゃう!! 所蔵コレクションが豊富な『群馬県立近代美術館』

群馬県高崎市にある県立の都市公園『群馬の森』。4haもある大芝生の広場ではスポーツを楽しむ人やのん…

箱根ラリック美術館は、五感でラリックのドラマチックな世界を楽しめる素敵な美術館でした!

ルネ・ラリックといえば、アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けたジュエリーとガラス工芸を…

PAGE TOP