アート

日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アーカイブ」が誕生!

東京国立近代美術館フィルムセンターが、2018年4月から国内6つ目となる映画専門の国立美術館「国立映画アーカイブ」とへと格上げされることが決まりました。「映画を残す、映画を活かす。」をミッションとして、より一層の日本映画文化の普及と振興を図っていくとされています。

引用:http://www.nfaj.go.jp/NFAJ_pressrelease.pdf

現在の東京国立近代美術館フィルムセンターは、昭和27(1952)年に国立近代美術館の映画部門として開設され、日本で唯一の国立映画機関として、これまでも内外の映画フィルム及び映画関係資料の収集・保存・復元と調査・研究を行ってきました。今回、このタイミングで国立美術館として改組されることになった背景としては、日本の映画文化に対する内外での認知度の高まりを受けて、より一層国内外への情報発信や日本映画の魅力をアピールするために、独立した国立の専門機関にして体制を強化する必要があったとのこと。

独立後は、新たに山田洋次監督や河瀬直美監督など、著名な業界関係者をアドバイザーとして選任し、広く外部から助言を得る体制を構築する予定となっています。

引用:http://www.nfaj.go.jp/NFAJ_pressrelease.pdf

その事業内容は、ナショナルセンターとして以下の3つの柱を設けるとしています。
1.映画を保存・公開する拠点:保存・復元・上映・展示
2.映画の文化・芸術振興拠点:教育・普及
3.映画による国際交流拠点:FIAF機関との国際連携・協力

また、これまでと変わらず、幅広く多くの人たちに向けて、監督別や国別、ジャンル別など様々なテーマによる上映会や、名作鑑賞会・親子向け上映会など、教育プログラムの
拡充も図られます。このところ、中国やインドといった新興国での映画産業にやや押され気味の日本映画。今回の「国立映画アーカイブ」設立が日本映画のさらなる発展への起爆剤になると良いですね。

独立行政法人国立美術館 国立映画アーカイブ概要
名称:国立映画アーカイブ
英語名称:National Film Archive of Japan(略称 NFAJ)
設置年月日:2018年4月1日
館長(予定者):岡島尚志(おかじま ひさし)
URL:http://www.nfaj.go.jp/

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. 【路地の美術館~密かな美の愉しみ】Vol.1 岡本太郎記念館
  2. 【セミナーレポート】夢の西洋美術史500年/第4回:新古典・ロマ…
  3. わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美…
  4. 「シャルル=フランソワ・ドービニー展」
  5. 【ひかるの正方形レポート】元祖KAWAIIの世界へ。『大正モダー…
  6. 光をつかみ取る~写真家・田原桂一を偲んで:ポーラミュージアムアネ…
  7. 【ミュージアム・プレイリスト】第1回 音楽の印象派『至上の印象派…
  8. 今年のルーブル美術館展は肖像芸術大特集!世界最高峰の「顔」を楽し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

【茶の湯ファン必見】桃山時代の侘茶を体感!2019年秋、東京で開催中の2つの茶陶展を見逃すな!【展覧会レポート】

2019年は茶の湯で使われた陶磁器の展覧会が大人気。特にこの秋、東京で開催中の三井記念美術館「高麗…

京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020年6月にオープン!

2020年6月、京都で最も人気のある観光地の一つである嵯峨嵐山で、渡月橋を眼前に臨む最高のロケーシ…

PAGE TOP