アート

注目の国宝「葛井寺・千手観音菩薩坐像」の展示も!仁和寺展の後期展示がスタート

東京国立博物館で開催中の「特別展 仁和寺と御室派のみほとけ」では、2月14日から後期展示が始まっています(会期~3月13日まで)

本展は、総本山仁和寺と、真言宗御室派の寺社約790社が参加する、2018年度屈指の仏教美術系展覧会です。実に20点以上の「国宝」が出展されるなど、目の肥えたアートファンからも高く評価されています。そんな中、いよいよ2月14日から追加された2つの国宝展示が、後期展示のハイライトとして注目を集めています。

葛井寺「国宝・千手観音菩薩坐像」

1つ目は、大阪・葛井寺(ふじいでら)に伝わる「国宝・千手観音菩薩坐像」です。本展で出展された仏像群の中でも最古クラスとなる8世紀に制作された仏像は、その名の通り1041本もの腕を持ち、その堂々とした威容は見る者を圧倒します。普段、お寺のお堂の中ではなかなか裏側まで回り込んで見ることはできませんが、本展では360度様々な角度からじっくりとチェックできるのも嬉しいところです。

後ろに回り込むと、1041本の腕がぎっしり詰まっているのがわかる

2つ目の注目展示となるのが、平安時代後期、仏師円勢・長円親子によって制作された、仁和寺に伝わる秘仏「国宝・薬師如来坐像」です。歴代御室門跡の位牌を祀る霊明殿の本尊として、通常時は非公開とされている、門外不出の秘仏です。仁和寺に長く務めるベテランの僧侶ですら、そのご尊顔を仰いだことはほとんどないとのこと。秘仏と言われるだけあって、コンパクトな須弥壇にすっぽり収まる高さ約20センチ程度の小さな木像なのですが、十二神将が彫られた台座や截金文様が細かく施された仏像本体など、非常に高い技術で細密に彫られています。まさに「秘仏」にふさわしいクオリティでした。会場入り口を入ってすぐのところにコーナーが作られているので、見落とさないように気をつけてくださいね。こちらもぐるっと360度回り込んでチェックできるように展示されています。単眼鏡や双眼鏡を持参して、じっくりチェックしてみるのもいいかもしれません。

仁和寺「国宝・薬師如来坐像」

こちらも、360度いろいろな角度から鑑賞可能

その他、後期展示から仏画・絵巻・書など、多数の作品が展示替えされています。すでに前期日程で足を運んだ方も、是非この機会に再度展覧会に足を運んでみてはいかがでしょうか。会期は、3月11日まで。終了1~2週間前から、非常に混雑が予想されます。是非お早めにどうぞ!

展覧会情報:
「特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」」
会期:2018年1月16日(火)~3月11日(日)
会場:東京国立博物館 平成館
住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
開館時間:09:30~17:30(入場は閉館の30分前まで)
(毎週金・土曜日は、午後9時まで)
休館日:毎週月曜日※ただし2月12日(月・休)は開館、2月13日(火)は休館
観覧料:一般 1600円 / 大学生 1200円 / 高校生 900円 ※中学生以下無料
問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京国立博物館HP http://www.tnm.jp/
展覧会HP http://ninnaji2018.com

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. 大阪でもチームラボ!千住博と「水」をテーマに異色のコラボ:千住博…
  2. アート✕ポケモン! ピカチュウがアートと饗宴:Pokémon S…
  3. 下町情緒溢れる柴又にアートルームが誕生。ゲストハウス「柴又 FU…
  4. 日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アー…
  5. 春を感じるような華やかさ。『ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛し…
  6. 【趣味れーしょん美術館】#002:ヌード展の想定外な展示とスマフ…
  7. わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美…
  8. オトナにうれしい夜の水族館で、イルカとデジタルアート花火に興奮!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【パパと一緒に】子供も大好き?!自動車文化を無料で楽しめるテーマパーク「MegaWeb」に行ってきた!

小学校の男の子って、とにかく乗り物が好きですよね。僕の子供も、今年小学校3年生に上がったばかりですが…

東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープン!

2018年4月19日、東京・半蔵門駅直結の好位置に、仏教美術を専門に取り扱う新たな博物館として「半蔵…

わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美術館

アートが大好きで、展覧会やギャラリーで見たものをブログに書いているMと申します。週末は注目の企画展に…

【イベントレポート】美術を観る楽しさを知る!トークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』

楽しくて、わかりやすくて、1時間半のトークがあっという間でした!楽活のメインライターであり、人気アー…

ひかるの正方形レポート「建築の日本展~その遺伝子のもたらすもの~」

現在、森美術館にて「建築の日本展~その遺伝子のもたらすもの~」が絶賛開催中だ。4月25日(水)か…

PAGE TOP