アート

アート✕ポケモン! ピカチュウがアートと饗宴:Pokémon Synchronicity

残り少なくなってきた夏をどうお過ごしですか? 暑すぎる都会を抜け出してどこかに避暑に、といきたいところですが、当分はどこも同じように考える人でいっぱい。そんなときは夏は暑いもの!と割り切って都会で夏の思い出を作るのも悪くないのでは?

横浜・みなとみらいで開催されている『ピカチュウ大量発生チュウ!』は子どもや家族連れ向けのイベントと思ったら大間違いです。大人も楽しめる、それもアートなイベントなのです。

昨年300万人を動員した大人気イベント

「ピカチュウ大量発生チュウ」の人気プログラム『ピカチュウの大行進』

「ピカチュウ大量発生チュウ」を開催しているみなとみらい地区。

今年も8月10日からみなとみらいのあちこちでピカチュウだけでなく、人気ポケモンのイーブイまで大量発生しており、みなとみらいはさながらポケモンの街になっています。さらに「ずぶぬれスプラッシュショー」や「ピカチュウたちの船上グリーティング!」などで街全体が盛り上がっています。

船長スタイルのピカチュウが船のパレードを先導。ピカチュウたちの船上グリーティング!。

水陸両用バス3台が湾内を巡る。ピカチュウたちの船上グリーティング!。

ピカチュウたちが水陸両用バスからかわいい愛想を振りまく。ピカチュウたちの船上グリーティング!。

今年は夜のショーが目玉

そんな中、今年の目玉として10日からスタートしたのが、夜のみなとみらいで展開される『Pokémon Synchronicity(ポケモン・シンクロニシティ)』です。一日一回20時に8月16日まで開催されています。会場となっているのはみなとみらい内港。つまり舞台は海です。観客は海上で繰り広げられるプレゼンテーションを日本丸メモリアルパークから鑑賞します。

内湾の向こうのあるよこはまコスモワールドの大観覧車コスモクロックがモンスターボールに変わると、湾内のはしけに設置された巨大ディスプレイに「Sence of Wonder」の文字が浮かび、ショーがスタート。

20時ちょうど、コスモクロックがモンスターボールに変わり、ショーがスタート!

メディア・アート✕ポケモン

アートビジュアルデザインスタジオWOWが手がける「Sense of Wonder」はポケモンによって呼び起こされる「好奇心」に着目し、レイチェル・カーソンの「Sense of Wonder=神秘さや不思議さに目を見はる感性」をテーマにした映像インスタレーション作品。鑑賞者は躍動する神秘さをまとった生き物がから好奇心を呼び覚まし、そこに想像力を掛け合わせ、別の高解像度な「何か」を観る。この「何か」を観る感性が「Sense of Wonder」ということです。

WOWが手がけた映像インスタレーション《Sense of Wonder》。

ポケモンではない動物が躍動する映像。そこからなにが見て取れるのか?《Sense of Wonder》

続いては「ピカチュウの船上グリーティング」。船長姿のピカチュウを乗せたボードが先導して、ピカチュウたちを満載した水陸両用バス3台が湾内を航行し、パークの観客や周囲の岸にいて鑑賞している観客にピカチュウたちがご挨拶します。さらにイルミネーションで光るフライボーダーが空を舞い、火柱が上がる、スペクタクルショーへと。

巨大なスクリーンの前を華麗に舞うフライボーダー。

仮想世界と現実世界がシンクロ

ポリゴンなピカチュウが巨大スクリーンに。

後半はRhizomatiks Researchによる演出。3つのボックスにピカチュウが現れると。

ピカチュウがサイバーな姿に。Rhizomatiks Researchらしい演出だ。

ショーの後半を盛り上げるのはRhizomatiks Researchによる演出。スクリーンにはポリゴンで表現されたピカチュウの映像が現れ、パークのステージ際に設置された3つのボックスに現れた3匹のピカチュウには、プロジェクションマッピングがPIKACHUの文字を浮かび上がらせ、サイバーなピカチュウを表現。仮想世界と現実世界がシンクロし、さらにショーはボルテージが上がる一方。

エンディングは観客の前のピカチュウたちが勢揃いして大団円。

ピカチュウたちが上陸し、ステージに勢揃いして大団円。また、イッチニ、イッチニ、と大行進しながらピカチュウ達が帰って行き、ショーは終了しました。

【イベント情報】

Pokemon Synchronicity
会期:2018年8月10日(金)~16日(木)連日20:00
場所:みなとみらい内港 日本丸メモリアルパーク芝生エリア付近(桜木町)

ピカチュウの大行進
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)
昼:11:30/13:30/15:30、夜:2回実施予定
場所:クイーンズスクエア横浜~グランモール公園周辺(昼)、MARK IS みなとみらい~グランモール公園周辺(夜)

イーブイの大行進
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)15:00/16:30/18:00
場所:新港中央広場(横浜赤レンガ倉庫近く)

ずぶぬれスプラッシュショー
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)14:30/16:00/18:30/19:30
場所:横浜赤レンガ倉庫 赤レンガ広場

ピカチュウたちの船上グリーティング!
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)15:30/17:00
場所:みなとみらい内港周辺

ピカチュウ大量発生チュウ!「SCIENCE IS AMAZING かがくのちからってすげー!」https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_event/

©2018 Pokémon. ©1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です 。

チバ ヒデトシ

チバ ヒデトシ

投稿者の記事一覧

アート、デザイン、エンタテイメントとテクノロジーに関連したクリエイティビティについて横断的に取材、執筆活動を行っているフリーランス・ジャーナリスト。メディアやアプリの企画を手がけ、ファシリテーションなども行う。また、さまざまな美術館に足を運び、今後の美術館のあるべき姿を考える美術館研究家としても活動。週4日の美術館、ギャラリー通いは当たり前。デジタルハリウッド大学大学院客員教授(2011〜2016)。元書店員(西武百貨店、リブロ)。仙台出身。

関連記事

  1. 『あなたが選ぶ展覧会2017』中間発表。エントリー結果速報!
  2. オトナにうれしい夜の水族館で、イルカとデジタルアート花火に興奮!…
  3. デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!…
  4. 【ミュージアム・プレイリスト】第2回「英国紳士の音楽:くまのパデ…
  5. ミュージアムはお花見の穴場!? 美術館・博物館のお花見イベント3…
  6. 春を感じるような華やかさ。『ヘレンド展 ―皇妃エリザベートが愛し…
  7. 日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アー…
  8. 注目の国宝「葛井寺・千手観音菩薩坐像」の展示も!仁和寺展の後期展…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【安くてウマい!】日本人が知らないオランダ・ビールの世界

皆さんビール飲んでますか?オランダ取材中の美術ブロガー、明菜です。今回は美術ではなく、ビールを紹介…

麗子ちゃんだけじゃない!『没後90年記念 岸田劉生展』で理解する異才

《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館『麗子』でお馴染みの画家、岸…

【セミナーレポート】夢の西洋美術史500年/第1回:中世編

ここ数年、社会人を中心とした「教養ブーム」にも後押しされてアート関連の講演会やトークイベントが大盛…

遠征必至!西洋美術最大の巨匠「カラヴァッジョ」が札幌にやってきた!

北海道立近代美術館で開催中の「カラヴァッジョ展」に行って来ました。http://m-caravag…

光と音の幻想的な音楽空間!GINZA SIX 屋上庭園【ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園】

GINZA SIXの屋上庭園にて、10月31日(木)まで、サカナクション・山口一郎氏 が発起人であ…

PAGE TOP