アート

アート✕ポケモン! ピカチュウがアートと饗宴:Pokémon Synchronicity

残り少なくなってきた夏をどうお過ごしですか? 暑すぎる都会を抜け出してどこかに避暑に、といきたいところですが、当分はどこも同じように考える人でいっぱい。そんなときは夏は暑いもの!と割り切って都会で夏の思い出を作るのも悪くないのでは?

横浜・みなとみらいで開催されている『ピカチュウ大量発生チュウ!』は子どもや家族連れ向けのイベントと思ったら大間違いです。大人も楽しめる、それもアートなイベントなのです。

昨年300万人を動員した大人気イベント

「ピカチュウ大量発生チュウ」の人気プログラム『ピカチュウの大行進』

「ピカチュウ大量発生チュウ」を開催しているみなとみらい地区。

今年も8月10日からみなとみらいのあちこちでピカチュウだけでなく、人気ポケモンのイーブイまで大量発生しており、みなとみらいはさながらポケモンの街になっています。さらに「ずぶぬれスプラッシュショー」や「ピカチュウたちの船上グリーティング!」などで街全体が盛り上がっています。

船長スタイルのピカチュウが船のパレードを先導。ピカチュウたちの船上グリーティング!。

水陸両用バス3台が湾内を巡る。ピカチュウたちの船上グリーティング!。

ピカチュウたちが水陸両用バスからかわいい愛想を振りまく。ピカチュウたちの船上グリーティング!。

今年は夜のショーが目玉

そんな中、今年の目玉として10日からスタートしたのが、夜のみなとみらいで展開される『Pokémon Synchronicity(ポケモン・シンクロニシティ)』です。一日一回20時に8月16日まで開催されています。会場となっているのはみなとみらい内港。つまり舞台は海です。観客は海上で繰り広げられるプレゼンテーションを日本丸メモリアルパークから鑑賞します。

内湾の向こうのあるよこはまコスモワールドの大観覧車コスモクロックがモンスターボールに変わると、湾内のはしけに設置された巨大ディスプレイに「Sence of Wonder」の文字が浮かび、ショーがスタート。

20時ちょうど、コスモクロックがモンスターボールに変わり、ショーがスタート!

メディア・アート✕ポケモン

アートビジュアルデザインスタジオWOWが手がける「Sense of Wonder」はポケモンによって呼び起こされる「好奇心」に着目し、レイチェル・カーソンの「Sense of Wonder=神秘さや不思議さに目を見はる感性」をテーマにした映像インスタレーション作品。鑑賞者は躍動する神秘さをまとった生き物がから好奇心を呼び覚まし、そこに想像力を掛け合わせ、別の高解像度な「何か」を観る。この「何か」を観る感性が「Sense of Wonder」ということです。

WOWが手がけた映像インスタレーション《Sense of Wonder》。

ポケモンではない動物が躍動する映像。そこからなにが見て取れるのか?《Sense of Wonder》

続いては「ピカチュウの船上グリーティング」。船長姿のピカチュウを乗せたボードが先導して、ピカチュウたちを満載した水陸両用バス3台が湾内を航行し、パークの観客や周囲の岸にいて鑑賞している観客にピカチュウたちがご挨拶します。さらにイルミネーションで光るフライボーダーが空を舞い、火柱が上がる、スペクタクルショーへと。

巨大なスクリーンの前を華麗に舞うフライボーダー。

仮想世界と現実世界がシンクロ

ポリゴンなピカチュウが巨大スクリーンに。

後半はRhizomatiks Researchによる演出。3つのボックスにピカチュウが現れると。

ピカチュウがサイバーな姿に。Rhizomatiks Researchらしい演出だ。

ショーの後半を盛り上げるのはRhizomatiks Researchによる演出。スクリーンにはポリゴンで表現されたピカチュウの映像が現れ、パークのステージ際に設置された3つのボックスに現れた3匹のピカチュウには、プロジェクションマッピングがPIKACHUの文字を浮かび上がらせ、サイバーなピカチュウを表現。仮想世界と現実世界がシンクロし、さらにショーはボルテージが上がる一方。

エンディングは観客の前のピカチュウたちが勢揃いして大団円。

ピカチュウたちが上陸し、ステージに勢揃いして大団円。また、イッチニ、イッチニ、と大行進しながらピカチュウ達が帰って行き、ショーは終了しました。

【イベント情報】

Pokemon Synchronicity
会期:2018年8月10日(金)~16日(木)連日20:00
場所:みなとみらい内港 日本丸メモリアルパーク芝生エリア付近(桜木町)

ピカチュウの大行進
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)
昼:11:30/13:30/15:30、夜:2回実施予定
場所:クイーンズスクエア横浜~グランモール公園周辺(昼)、MARK IS みなとみらい~グランモール公園周辺(夜)

イーブイの大行進
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)15:00/16:30/18:00
場所:新港中央広場(横浜赤レンガ倉庫近く)

ずぶぬれスプラッシュショー
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)14:30/16:00/18:30/19:30
場所:横浜赤レンガ倉庫 赤レンガ広場

ピカチュウたちの船上グリーティング!
日時:2018年8月10日(金)~16日(木)15:30/17:00
場所:みなとみらい内港周辺

ピカチュウ大量発生チュウ!「SCIENCE IS AMAZING かがくのちからってすげー!」https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_event/

©2018 Pokémon. ©1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です 。

チバ ヒデトシ

チバ ヒデトシ

投稿者の記事一覧

アート、デザイン、エンタテイメントとテクノロジーに関連したクリエイティビティについて横断的に取材、執筆活動を行っているフリーランス・ジャーナリスト。メディアやアプリの企画を手がけ、ファシリテーションなども行う。また、さまざまな美術館に足を運び、今後の美術館のあるべき姿を考える美術館研究家としても活動。週4日の美術館、ギャラリー通いは当たり前。デジタルハリウッド大学大学院客員教授(2011〜2016)。元書店員(西武百貨店、リブロ)。仙台出身。

関連記事

  1. 【趣味れーしょん美術館】#005:無限ループ探検物語『小瀬村真美…
  2. 女性ならではの独自の着眼点に注目! / 石内都「肌理(きめ)と写…
  3. 北斎の「内面」に深く切り込んだドキュメンタリー映画『大英博物館プ…
  4. ミュージアムはお花見の穴場!? 美術館・博物館のお花見イベント3…
  5. 【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 …
  6. 【Takのアート入門講座】いつもと違ったルートで展覧会へ行こう!…
  7. 【Takのアート入門講座】展覧会を楽しむために、ちょっと知ってお…
  8. 2017年の『あな展』ベスト1は? / 『あなたが選ぶ展覧会20…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

【茶の湯ファン必見】桃山時代の侘茶を体感!2019年秋、東京で開催中の2つの茶陶展を見逃すな!【展覧会レポート】

2019年は茶の湯で使われた陶磁器の展覧会が大人気。特にこの秋、東京で開催中の三井記念美術館「高麗…

京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020年6月にオープン!

2020年6月、京都で最も人気のある観光地の一つである嵯峨嵐山で、渡月橋を眼前に臨む最高のロケーシ…

アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。突然ですが、2019年はオランダの巨匠レンブラントの記念イヤー…

PAGE TOP