アート

光と音の幻想的な音楽空間!GINZA SIX 屋上庭園【ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園】

GINZA SIXの屋上庭園にて、10月31日(木)まで、サカナクション・山口一郎氏 が発起人である『NF』がプロデュースしたサウンド・インスタレーション「ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-」が開催されています。

銀座最大の屋上庭園は、音と光とテクノロジーがミックスしたアート空間。銀座の夜景と一体化され、幻想的な空間に。

庭園内の水盤エリアと芝生エリアに「オーケストラの演奏台」をイメージした 6つの6面体のキューブ型モニュメントは、まるで小編成のオーケストラ。

モニュメントを囲うように光の柱が設置されており、来場者がモニュメントを叩くことで、音色と光が連動していくインタラクティブな体験ができます。

キューブを叩いて操作できるインスタレーションは、子供から大人まで誰でも簡単に参加できます。

また、それぞれ独立したモニュメントは、合計36種類の音色と光を発し、複数の体験者によって共鳴するように空間全体で音楽が楽しめます。

サウンドクリエイションを手掛けるのは、サカナクション・山口一郎氏が発起人を務める『NF』。『NF』は、各界のクリエーターとコラボレーションを行いながら音楽と様々なカルチャーが混ざり合うコンテンツを企画・運営し、社会貢献やより良いライフスタイルの提案を実現させています。

今回のインスタレーションでは、時間によって光の見え方、感じ方が違うので、何度足を運んでも色々な楽しみ方がありそうです。

また、特別演出として、30分に一度、オーケストラが演奏前に調律をするように、NFによる「音」と「光」で空間を調律する特別演出があるので、ぜひその時間も体験してみてください。

山口氏は、光と音の親和性を考え、色々な方が足を運ぶ空間なので、誰もが不快に感じない空間を意識して作ったそうです。

また、この作品のお気に入りは水盤の瓦とのことだったので、水盤にも注目してみてください。

銀座の夜の街並みを背景、光の演出とともに来場者が主役となる “作曲者がいないオーケストラ”をぜひ多くの方に体験していただきたいです。

イベント開催概要

イベント名: ROOF TOP ORCHESTRA -音を奏でる庭園-
開催期間 :2019年8月6日(火)~10月31日(木)
※8月26 日(月)GINZA SIX 休館日も入場可能、招待制イベントの開催や天候により中止となる場合があります。
サウンドプロデュース: NF
空間演出・制作: 博展
入場無料

Photo by HIDETOSHI CHIBA

Rika

Rika

投稿者の記事一覧

小さい頃から美術館が好きで、年間100以上の展覧会へ足を運ぶ。特に好きなジャンルは琳派。日本の伝統的なもの(芸術・文化・祭り・芸能・工芸など)が好きで、全国各地の魅力を発掘中。現在、旅サイト、美容雑誌、ファッション雑誌などの公式ブロガーとして活動中。

関連記事

  1. 麗子ちゃんだけじゃない!『没後90年記念 岸田劉生展』で理解する…
  2. 図録製作秘話もたっぷり聞けたトークイベント「久保佐知恵×おおうち…
  3. 【ミュージアム・プレイリスト】第4回「美のはじまりの音楽:縄文1…
  4. [終了]楽活トークイベント:美術館に出かけてみよう! ~いちばん…
  5. 【ミュージアム・プレイリスト】第2回「英国紳士の音楽:くまのパデ…
  6. 古のサムライが現代へ!?『野口哲哉~中世より愛をこめて』ポーラミ…
  7. 【てつとび】美術館編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原…
  8. アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020年6月にオープン!

2020年6月、京都で最も人気のある観光地の一つである嵯峨嵐山で、渡月橋を眼前に臨む最高のロケーシ…

アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。突然ですが、2019年はオランダの巨匠レンブラントの記念イヤー…

【速報】2020年9月、人気クリエイター佐藤可士和の初めての大規模展が国立新美術館で開催決定!

僕はドキュメンタリー番組が好きで、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」をスタート当初から見続…

【速報】損保ジャパン日本興亜美術館で2020年秋ゴッホ展が開催決定!

2020年秋、「静物画」をテーマとした新たなゴッホ展の開催が決定しました!それが、「東郷青児記念…

【セミナーレポート】夢の西洋美術史500年/第4回:新古典・ロマン主義~マネ編

2019年秋、西洋美術史を体系的に学びたい人向けに講談社クーリエ・ジャポン編集部と三菱一号館美術館…

PAGE TOP