アート

初夏の爽やかな夜にアートを。今週末、六本木アートナイト2018開催!

初夏の涼しい夜にアートに触れて、夢のような一夜を過ごしてはいかがですか?

六本木アートナイトをもっとも楽しめる時間帯のコアタイムは26日(土)18:00〜27日(日)6:00。

今回で9回目となり、すっかり恒例となった、六本木の街を彩る一夜限りのアートの饗宴『六本木アートナイト2018』がこの週末、5月26日(土)〜27日(日)の2日に渡って、繰り広げられます。今年のテーマは「街はアートの夢を見る」。六本木の街を埋め尽くす、多彩なアートを観て・聴いて・体感し、夢のような夜が過ごせます。

その六本木アートナイト2018に登場するアーティスト、アート作品が一足先に報道陣に公開されました。

これまでアーティスティック・ディレクターをおいて、一人のアーティストにフォーカスして展示を行ってきましたが、今回は複数のアーティストを中心に多彩なアートが六本木の街中に展開されます。

メイン会場となる六本木ヒルズアリーナには金氏徹平さんの《タワー》、国立新美術館には鬼頭健吾さんの《hanging colors》、東京ミッドタウン六本木には宇治野宗輝さんの《ドラゴンヘッド・ハウス》が展開されます。

コアタイム・キックオフセレモニーが行われる六本木ヒルズアリーナ。金氏徹平さんの《タワー》(立方体のオブジェ)がお出迎え

プレスプレビューに登場したみなさん。左からスペシャルゲストの女優・片瀬那奈さん、メインアーティストの金氏徹平さん、鬼頭健吾さん、宇治野宗輝さん。実行委員長の南條史生さん

さらに3つの会場には今回の目玉のひとつとなる『DUNDU 光の巨人』が登場します。DUNDU(ドゥンドゥ)はドイツ、シュトゥットガルトのパペットシアターカンパニー、ドゥンドゥの5メートルの巨大パペットです。夜になると操り手の黒子が闇に溶け込み、全身のLEDが発光することで、より幻想的な光景に出会えると思います。

DUNDUとのファーストコンタクトは18時45分からの六本木ヒルズアリーナ。その後、20時30分から国立新美術館、22時から東京ミッドタウン六本木でパフォーマンスが繰り広げられます。特に陽が落ちてからのパフォーマンスは見逃せません。

ダンスをしてみせた《DUNDU〜光の巨人〜》と片瀬那奈さん

DUNDUが身長5メートルと聞くと「大きいですね。私も3メートルありますけど」と片瀬さん

まさにカラフルな布の滝。鬼頭健吾さんの《hanging colors》。こちらは館内から見た様子

国立新美術館のファサードを彩る《hanging colors》。暗くなると館内の明かりで美術館そのものが発光体のように…。

2日間の間には、ここでは紹介しきれないほどのアート作品で六本木の街が埋め尽くされます。森美術館、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館などの各美術館、ROPPONGI HILLS A/D GALLERYや東京ミッドタウン・デザインハブ、AXISギャラリー、オオタファインアーツ、小山登美夫ギャラリーなどの六本木エリアのギャラリーもこぞって参加します。まずは公式サイトやガイドブックで見たい作品、気になる作品をチェックして、六本木に向かいましょう。

これらのスポットを一晩かけてじっくり見て歩くのもよし、コアタイムより前に明るいうちから作品を見て歩き、夜が光を使った夜に映える作品を中心にじっくり見るのもよいでしょう。この夜は六本木の多くのお店が一晩中開いているので、途中で作戦会議を開くのもいいでしょう。渋谷、新宿、池袋、吉祥寺、国立、立川方面の方は、終夜運転の無料バスがあるので、疲れてしまったら帰ることもできます。まずは気軽に六本木に来て、気軽にアートを楽しんで。

それでは、週末の夜は六本木でお会いしましょう。

オノ・ヨーコさんの作品《夢》。国立新美術館のアトリウムに展示された巨大な作品

アールブリュットと障がいのある方の作品を紹介する「共生のエレメント Dream Art Night」

東京ミッドタウンプラザで一足先に体験できるJRの《インサイドアウト・プロジェクト》。

JRの《インサイドアウト・プロジェクト》。カメラ型のトラック内で撮影すると大きく引き伸ばされた自分のポスターが出力され、これらのポスターはミッドタウンと日比谷線六本木駅への連絡地下通路に展示される

ROPPONGI HILLS A/D GALLERYで開催中の「美島菊名 “HOPE”」。まるで西洋絵画のような写真に目を奪われます

「美島菊名 “HOPE”」より。これは合成ではなく東京オリピック当時の新聞を拡大出力して、その上にモデルがのって撮影したとか。

【開催概要】

■日時:2018(平成30)年5月26日(土) 10:00〜5月27日(日) 18:00
<コアタイム>26日(土) 18:00 〜 27日(日) 6:00

■開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
■入場料:無料(ただし、一部のプログラム及び美術館企画展は有料)
■お問合せ:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
■主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、港区、六本木アートナイト実行委員会【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】

公式サイト:http://www.roppongiartnight.com/
Facebook:https://www.facebook.com/RoppongiArtNight/
Twitter:https://twitter.com/r_artnight
Instagram:https://www.instagram.com/roppongi_art_night_official/
※ハッシュタグ: #roppongiartnight2018  、#ran2018

チバ ヒデトシ

チバ ヒデトシ

投稿者の記事一覧

アート、デザイン、エンタテイメントとテクノロジーに関連したクリエイティビティについて横断的に取材、執筆活動を行っているフリーランス・ジャーナリスト。メディアやアプリの企画を手がけ、ファシリテーションなども行う。また、さまざまな美術館に足を運び、今後の美術館のあるべき姿を考える美術館研究家としても活動。週4日の美術館、ギャラリー通いは当たり前。デジタルハリウッド大学大学院客員教授(2011〜2016)。元書店員(西武百貨店、リブロ)。仙台出身。

関連記事

  1. 「発酵から再発見する日本の旅」 渋谷ヒカリエ
  2. 展覧会レポート:生誕125年記念 速水御舟
  3. 今、オンラインが熱い!Withコロナ時代の4つの新しい美術鑑賞の…
  4. 京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020…
  5. 時を超え、いまに受け継がれる伝統:【特別展】琳派 俵屋宗達から田…
  6. 【ひかるの正方形レポート】元祖KAWAIIの世界へ。『大正モダー…
  7. 【Takのアート入門講座】無料で「銀ブラアート」しましょう!
  8. 【パパと一緒に】今年はまだまだ間に合う!河津桜まつりで一足早く春…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

首都圏から気軽に行ける!山梨県の「芸術の森公園」でアートの秋を満喫してきました!

山梨県甲府市の観光スポットの一つに芸術の森公園があります。公園内には、山梨県立美術館と山梨…

9月19日から開催!藝大アートプラザ人気No.1の展覧会「藝大の猫展2020」での注目点とは?展覧会直前まとめ!

※本記事は、藝大アートプラザ様のご厚意にて、以下の記事を転載させていただいたものとなります。…

清春芸術村は素敵な建物に出会えるアーティストコロニー!文豪やアーティストの息遣いが感じられました!

素敵な建物に出会える「清春芸術村」(きよはるげいじゅつむら)へ行ってきました!廃校となった清春小学…

上野の美術館帰りにオススメ!アイリッシュパブ「The World End」のクラフトビールがバカ旨でした!

唐突ですが、美術館や博物館で真剣に見た後って、お腹へりますよね?その証拠に、今ミュージアム…

アントワープの見どころを紹介!ルーベンスとダイヤモンドの街【明菜のオランダ・ベルギー紀行 Vol.5】

こんにちは、海外大好き美術ブロガーの明菜です。突然ですが、ベルギーといえば皆さんは何をイメージしま…

PAGE TOP