ニュースフラッシュ

シン・ウルトラマンが公開後絶好調!特撮映画のエッセンスを詰め込んだ快作!

日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”が、新たに『シン・ウルトラマン』として映画化され、5月13日に封切られました。

企画・脚本を担当したのは、自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明。監督は庵野氏と共に世に送り出してきた樋口真嗣。

次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室専従班】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。

班長・田村君男(西島秀俊)作戦立案担当官・神永新二(斎藤工)非粒子物理学者・滝明久(有岡大貴)汎用生物学者・船縁由美(早見あかり)が選ばれ、任務に当たっていた。禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。

今回、ミリタリーディレクションに携わったビッグファイタープロジェクトの越康広氏が、楽活向けに特別コメントをご提供いただきました。

気づかれたでしょうか?『シン・ウルトラマン』に登場する銀色の巨人ウルトラマンが、飛び現れて来る時にカラータイマーがないことを!

今回、弊社の役目としては、禍威獣災害現地合同対策本部内の陸上自衛隊員役の所作動作及び通信用語の文言の言い回しなどを指導。また、メフィラス周りに出てくる特殊部隊は、弊社のメンバーで固め、樋口監督の要望を忠実に実施しました。

上映開始から約1ヶ月が経過しましたが、まだまだ好評上映中。大きなスクリーンで迫力あるアクションシーンを楽しみたいですね!

シン・ウルトラマン作品概要

■出演:斎藤 工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松 了、嶋田久作、益岡 徹、長塚圭史、山崎 一、和田聰宏
■企画・脚本:庵野秀明
■監督:樋口真嗣
■音楽:宮内國郎 鷺巣詩郎
■主題歌:「M八七」米津玄師
■製作:円谷プロダクション 東宝 カラー
■制作プロダクション:TOHOスタジオ シネバザール
■配給:東宝
■公開:2022年5月13日(金)
■マルシー:Ⓒ2022「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©️円谷プロ
■公式サイト:shin-ultraman.jp
■公式Twitter:@shin_ultraman

関連記事

  1. 仏画好きにオススメ!根津美術館「企画展 阿弥陀如来 浄土への憧れ…
  2. ミュージシャン暦47年!劉哲志が70歳を記念したライブ「祝・古希…
  3. 「SUPER ROCK 3DAYS 2021→2022」がコロナ…
  4. 「ローズフェア with 趣味の園芸」がスタート!横浜市役所がバ…
  5. シンガーソングライターの奥村慎也さんが、2022年8月6日に 新…
  6. 早見優が26年ぶりに主演!ミュージカル『mother』が7/13…
  7. 伝説の「リーゼント刑事」秋山博康が初トークライブ!「POLICE…
  8. 山手イタリア山庭園は、横浜散策の意外な穴場?!バラの名所として「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

「森のきのこ倶楽部」サンゴハリタケの18日間連続栽培レポート!数量限定の栽培キットで育てました!

「めずらしいきのこ」との出会いそのきのこに出会ったのは、Twitterがきっかけでした。…

印象派の先にはどんな名品があるの?プチ・パレ美術館展でわかる「印象派のその後」(SOMPO美術館)

みなさんは、SOMPO美術館といえばどんなイメージがありますか?おそらく、「ひまわり」のある美術館…

【群馬と新潟のイチオシ紫陽花鑑賞スポット】梅雨の風物詩アジサイの美しさをご堪能あれ!

例年6月から7月にかけて見頃を迎えるのが、紫陽花(アジサイ)です。満開になった淡い色の花は、梅雨時…

早見優が26年ぶりに主演!ミュージカル『mother』が7/13からスタート!

最近、幻のライブ盤が発売されるなど、デビュー40周年を期に芸能活動を本格化させている早見優。この夏…

「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」最終日に登場する「CHIBI with Friends」に注目!

今年、本土復帰50周年を迎えた沖縄で「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」が 6月20日から…

PAGE TOP