アート

感動のSF体験!「スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション」

「おすすめのSF映画」を調べると、必ず上位に入るのが「スター・ウォーズ」シリーズです。しかし本編だけでも8本、さらにスピンオフやアニメもある本シリーズ。「ほぼ全部見てるマニア」と「1つも見たことがないし、今さら見始めたいと思えない人」に綺麗に分かれがちな映画でもあります。

ミレニアム・ファルコン

そんなスター・ウォーズ シリーズですが、2017年から始まった新三部作(※)の完結編である『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』が2019年12月20日に公開されます!この日は歴史が変わる日です。それに先駆け、スター・ウォーズのファンも、ファンでない人もテンション上がる展覧会が始まりました。

※マニアは続三部作と言うけど、初心者への分かりやすさのため新三部作で。

ストームトルーパー

展覧会の名前は『スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション』です。本当に映画の撮影で使われた衣装や小道具を始め、約200点ものコレクションが来日しているんです!

等身大のダース・ベイダーやルーク様にテンションMAX!会場の装飾もスター・ウォーズ感しか無く、映画の世界に迷い込んだよう。

ダース・ベイダー

そして今回の展覧会をスター・ウォーズ初心者さんにもおすすめしたいのは、楽しい『クエスト』があるから!会場では性格診断テストのような質問に答えていくことで、自分の分身となるスター・ウォーズのキャラクターを作ることができるのです。

専用のブレスレットを入り口で貰ったら、クエストはスタート!会場内に10箇所ある『インタラクティブスペース』にブレスレットをかざすことで、質問に対するあなたの答えをストックしてキャラが作られます。

ブレスレットをかざすとインタラクティブスペースが光る!

「夢を追うために家を出ようとしたあなたに、両親は何と言いましたか?」「あなたにとって最も大切な価値観は?」など、普通っぽい質問に対して選択肢を選びます。スター・ウォーズを知らない人でも違和感ない質問ですよね。よく知っている人は、「あの場面のことだ!」とピンと来て楽しさが増します!

筆者が作ったキャラクターはジェダイのイウォーク

こうして作ったキャラクターは、会場内で大きなスクリーンに映して楽しむことができます。それだけでなく、自分のメールアドレスを登録すれば、詳しいキャラ設定をメールで受け取ることができるんです!

ただのスタンプラリーではなく、性格テストを交えてオリジナルキャラクターを作れるクエスト。キャラの組み合わせは5000万通りにも上るそうで、誰かと被る恐れはほとんどありません!

ルーク・スカイウォーカー

本展で展示されたコレクションはロサンゼルスに設立されるLucasfilm museumに収蔵されるため、日本でこれだけ大きな展覧会が開催されるのは、おそらく今回が最初で最期になるでしょう。2019年12月20日、エピソード9が公開されて歴史が変わるその前に、『スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション』でその世界を体験しよう!

『スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション』展覧会基本情報

BB-8

会場:寺田倉庫G1-5F(東京都品川区東品川2-6-4)
開催期間:2019年8月8日(木)~2020年1月13日(月・祝)
開催時間:10:00~19:00 ※18:30最終入場
休館日:2019年9月9日(月)、10月21日(月)、11月18日(月)、2020年1月1日(水・祝)~1月3日(金)
公式HP:https://www.starwarsidentities.jp

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

「芸術鑑賞はエンタメ!」
を伝えるため、勢いと慣性に任せた自由ブログ「アートの定理」を運営中。展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴る普通のブロガーです。[楽活]では美術館へのハードルを下げ、テンションの上がる記事を書いています。アートのある楽しい生活へのお手伝いを、させてください。

関連記事

  1. 【趣味れーしょん美術館】#005:無限ループ探検物語『小瀬村真美…
  2. 東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープ…
  3. アート好きな5歳の孫とセロテープであそぶ / 瀬畑亮 セロテープ…
  4. 光をつかみ取る~写真家・田原桂一を偲んで:ポーラミュージアムアネ…
  5. ミュージアムはお花見の穴場!? 美術館・博物館のお花見イベント3…
  6. 【速報】損保ジャパン日本興亜美術館で2020年秋ゴッホ展が開催決…
  7. ズキュウウゥン!『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』8月開…
  8. 日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

渋谷のバー「Six Sense」が新たな現代アートの発信基地に?!第1回はロシアのアーティストEvgeny Ches氏が登場!

最近、公園や映画館、レストランなど美術館以外でも様々な場所でカジュアルに現代アートを楽しめる場所が…

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。…

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

PAGE TOP