アート

チームラボプラネッツに新たなパブリックアート「空から降り注ぐ憑依する滝」が誕生!

7月16日(木)より、東京・豊洲にあるチームラボプラネッツに、新たなパブリックアート「空から降り注ぐ憑依する滝」が誕生しました!

屋外に展示されたデジタルインスタレーションで、入場の有無に関わらず誰でも鑑賞できる作品です。

人が作品に近づいたり、作品の上に立つと、水の流れが変化していき、人の振る舞いに影響を受けながら永遠に変化していきます。

空から滝が注ぐということで、滝が注がれる空の色が天気によって違うので、色々な天気の際に見に行ってみたいなあと思っています。

屋内の作品もご紹介します。

新しいインスタレーションの他に注目したいのが、「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング」という水の中を歩く作品。

8月2日まで夏季限定の花“ひまわり”が咲くインスタレーションになっています。このドローイングは、鯉が人にぶつかると花になって散っていきます。

写真は、ほとんど人がいない時。人がある程度いた方がキレイに見えるインスタレーションです。

膝丈ぐらいまでの水の中に入るので、服装は考えて行った方が良さそうです。でも、無料でハーフパンツの貸し出しもあるので、たとえ着替えを忘れてしまっても安心です。

たくさんのインスタレーションを楽しむことができるのですが、こちらでのご紹介は最後に。私がチームラボのファンになるきっかけとなった作品が、「The Infinite Crystal Universe」です。

音楽とともに立体の光の彫刻群。参加者のスマートフォンより選んだものを送信することで、光の空間が立体的に創られていき、色々な表情を見せてくれます。

裸足になって体験するインスタレーション。五感を研ぎ澄まし、楽しむことができる体験型作品です。

滝から水が流れ、坂道を登るインスタレーションでは、意外と水の流れが速かったです。

「Floating in the Falling Universe of Flowers」。寝転がりながら観賞するインスタレーションも。

屋外には、軽食が食べられるスペースもあります。アートを楽しむ前や後にぜひ立ち寄ってみてください。

食べ物もボリューム満点でした!

引きこもっている時間が長い今だからこそ、五感を使って楽しめる場所にぜひ行って見てください。

展覧会基本情報

チームラボプラネッツ TOKYO (teamLab Planets TOKYO) DMM 
会期:開催中~ 2022年末 
開館時間:
<7月>
7月23日(木)~7月31日(金)は特別延長期間のため 9:00~19:00
* 最終入場は閉館の30分前
<8月>
平日、日曜 9:00-21:00、土曜 9:00~22:00
* 最終入場は閉館の1時間前
* 8月9日(日)~8月14日(金)は特別延長期間のため 9:00~22:00
チケット料金:
大人 18歳以上 3,200円 、大学生・専門学生  2,500円 、中学生・高校生  2,000円 
小人 *7月31日(金)まで  4~12歳 800円 、小人 *8月1日(土)以降  4~12歳 300円 
3歳以下  無料 、シニア  65歳以上 2,400円 、
障がい者割引  障がい者手帳をお持ちの方 1,600円
公式HP:https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

新型コロナウイルス対策について 

チームラボプラネッツのようなイマーシブ型コンテンツを展示するミュージアムでは、「密閉空間」の中で鑑賞するので、新型コロナウイルスへの感染リスクが気になりますよね。そこで、同館で実施されている対策について、以下の通りまとめてみました。

1. 入館人数の制限 

日時指定電子チケットによる30分毎の「事前予約制」での入場となっている他、現在は密集回避のため各時間枠のチケット販売数が制限されています。また、一度に入館できる人数も制限されています。 

2. 入館事前対策 

下記の方はチケット料金を払い戻しの上、入館不可となっています。
・下記の症状がある人
発熱、咳、呼吸困難、全⾝倦怠感、咽頭痛、⿐汁・⿐閉、味覚・嗅覚障害、 
眼の痛みや結膜の充⾎、頭痛、関節・ 筋⾁痛、下痢、嘔気・嘔吐 
・新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある人 
・同居家族や身近な知人の感染が疑われる人
・2週間以内に外国から帰国または渡航履歴のある人 

3. 施設内における感染防止策と来館者への協力要請

・全ての来場者にマスク着用を含む「咳エチケット」が奨励されています。また、各所に消毒液を設置。特に、入場時には入口に設置されている消毒液で手指の洗浄・消毒への協力が要請されます。 
・入館前に、非接触型体温検知システムによる検温が実施されています。
※発熱が確認された場合は入館不可(※チケットの払い戻しは受けられます)
・「やわらかいブラックホール – あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である」のインスタレーションは体験不可。
・館内は換気空調設備が24時間稼働中。

詳細は、HPをご確認下さい。
https://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

Rika

Rika

投稿者の記事一覧

小さい頃から美術館が好きで、年間100以上の展覧会へ足を運ぶ。特に好きなジャンルは琳派。日本の伝統的なもの(芸術・文化・祭り・芸能・工芸など)が好きで、全国各地の魅力を発掘中。現在、旅サイト、美容雑誌、ファッション雑誌などの公式ブロガーとして活動中。

関連記事

  1. 【群馬県】恐竜からカフェまで、おもしろニッチなミュージアム4選!…
  2. 一度観たら忘れられない!あやしい名画から紐解く5つの映画作品をご…
  3. アムステルダム国立美術館Rijks Museumはオンラインコン…
  4. 箱根ラリック美術館は、五感でラリックのドラマチックな世界を楽しめ…
  5. 【ミュージアム・プレイリスト】第1回 音楽の印象派『至上の印象派…
  6. 【趣味れーしょん美術館】#002:ヌード展の想定外な展示とスマフ…
  7. 今、九州で大注目!神社の天井画を次々手掛ける中国人画家・尹雨生さ…
  8. 【Takのアート入門講座】無料で「銀ブラアート」しましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【速報/初公開52点!】2021年秋の木島櫻谷展は日本美術ファン必見!~企画展『木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」』

動物を描く名手として、数年前から人気急上昇中の木島櫻谷(このしまおうこく)。明治から昭和戦前にかけ…

ハスよ咲け!滋賀県「草津市立水生植物公園みずの森」の映える・楽しむ・学べる花の宴を体験してきました

1999年、私は初めて滋賀県草津市にある、琵琶湖のほとりの「草津市立水生植物公園みずの森」にやって…

群馬県各地で「かき氷FES」が開催中!猛暑をしのぐひんやりスイーツの食べ歩きはいかが?

連日30℃以上の気温が予想される酷暑がついに到来しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?毎日身も…

コロナ時代の美術館めぐりの注意点を紹介!自宅でアートを楽しむ方法も

コロナ時代に突入してから、事前予約制を取り入れたり、オンラインで展覧会を配信したりする美術館が増え…

ドイツで買える日本のインスタント麺6種類を食べ比べ!海外限定のおすすめのカップラーメン・袋麺を紹介します!

「楽活」読者のみなさん、こんにちは!ドイツ在住WEBライターのあさひなペコです。ドイツでは…

PAGE TOP