アート

チームラボ ボーダレス、お台場に今夏オープン! チームラボ初の国内常設展示

2017年の渋谷ヒカリエでの「チームラボジャングル」をはじめ、光のデジタルアートを使ったアートイベントなどを国内各地で展開し、いまや世界に活動の場を広げるウルトラテクノロジスト集団チームラボ。

「バイトルpresents チームラボジャングル」(2017年)より

この快進撃へのきっかけとなったのが、お台場で開催された2つのアートイベントでした。ひとつは2014年に日本科学未来館で開催され47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」であり、2016年に「お台場みんなの夢大陸2016」で開催され5時間以上待ちとなった「DMM.プラネッツ Art by teamLab」です。

「DMM.プラネッツ Art by teamLab」(2017年)より

いずれも光や水を使った斬新な演出による、アートとエンターテインメントを融合した新しい体験は老若男女、幅広い層に支持されました。そのお台場に今夏、チームラボが帰ってきます。

2018年夏に開業するデジタルアートミュージアム『MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless』(以下、teamLab Borderless)は、これまでのような仮設の施設ではなく、森ビルと共同で展開する常設のミュージアムです。森ビルと言えば、森美術館をはじめ、アートに積極的にコミットしているデベロッパーです。

teamLab Borderlessは、お台場パレットタウンに開設されるもので、施設面積が10,000平方メートルという圧倒的なスケール感で、多様な空間構成が特徴。チームラボによる常設展示はシンガポール国立博物館で巨大な展示がありますが、teamLab Borderlessは東京初の常設展示となり、全世界で展開するチームラボのアートワークフラッグシップ施設となります。

施設名称にある”Borderless”という言葉には、「作品と作品」「作品と鑑賞者」「自己と他者」の境界をなくし、鑑賞者も作品の一部となって溶け込んでいくという想いが込められています。teamLab Borderlessを通じて既存の価値観や社会的枠組みを考え直すきっかけを提供して行くということです。

広大な施設の中でどのようなアート作品が展示され、どういった体験ができるのかは、今後の発表が待たれるところですが、一つ言えることは、「チームラボだから、またどうせ○○○の時、見たいな感じなんでしょ」とたかをくくって行って、思いきり度肝を拔かれる、という体験が待っていることです。

ぜひ、今夏、お台場で度肝を抜かれに行きましょう。

2018年夏に開業するデジタルアートミュージアム『MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless』(イメージ)

【施設概要】
施設名称:MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: teamLab Borderless
所在地:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
延床面積:約10,000平方メートル
開業時期:2018年夏(予定)
※料金や営業時間などは後日発表。
公式サイト:http://borderless.teamlab.art/jp

チバ ヒデトシ

チバ ヒデトシ

投稿者の記事一覧

アート、デザイン、エンタテイメントとテクノロジーに関連したクリエイティビティについて横断的に取材、執筆活動を行っているフリーランス・ジャーナリスト。メディアやアプリの企画を手がけ、ファシリテーションなども行う。また、さまざまな美術館に足を運び、今後の美術館のあるべき姿を考える美術館研究家としても活動。週4日の美術館、ギャラリー通いは当たり前。デジタルハリウッド大学大学院客員教授(2011〜2016)。元書店員(西武百貨店、リブロ)。仙台出身。

関連記事

  1. 芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!
  2. 毒と共に生きていく?『ヨコハマトリエンナーレ2020』とコロナ禍…
  3. アート✕ポケモン! ピカチュウがアートと饗宴:Pokémon S…
  4. 時を超え、いまに受け継がれる伝統:【特別展】琳派 俵屋宗達から田…
  5. お正月休みは心に響くアート映画をおうちで楽しもう!動画配信で見ら…
  6. ドイツ・カッセルの風刺画専門美術館「Caricatura-Gal…
  7. 華やかなファッションと女性の自信『森英恵 世界にはばたく蝶』
  8. 屏風と庭のカキツバタが饗宴。『光琳と乾山展ー芸術家兄弟・響き合う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

観光に活気が戻ったトルコ。コロナ禍での、人気のリゾート地への最新の格安旅行事情をレポートします!

筆者が現在住むヨーロッパ・ドイツでは、国内外問わず人の行き来が比較的、元に戻っています。場…

【群馬県】キングオブパスタ2021開催食べ歩き&スタンプラリーで王者を決定せよ!

群馬県内最大級のフードイベント、キングオブパスタ2021年が開催、新型コロナの関係で2020年より…

【珠玉の5選】映画で読み解く、文豪や編集者たちの波乱に満ちたドラマチックな人生!

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋…読者の皆様、いろんな秋を楽しんでいますか? 秋の夜長に気になっていた…

今、clubhouseで起きていること。独自の展開を続けるclubhouseはその進化を止めてはいない。「楽しめる」部屋の扉は自分で「開ける」。

2021年、鳴り物入りで日本でもスタートした音声SNS「clubhouse」。サービス開始から半年…

「鬼滅の刃」の新聖地?!天狗だらけのお寺・迦葉山弥勒寺が凄かった!日本三大天狗の魅力を徹底レポート!

皆様こんにちは!楽活ライターのかわむらです。今回は群馬県沼田市にある天狗だらけのお寺、弥勒…

PAGE TOP