アート

デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!

チームラボと森ビルによるデジタルアートミュージアム『チームラボ ボーダレス(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless)』(以下:チームラボ ボーダレス)が、2018年6月21日(木)、東京・お台場パレットタウンにいよいよオープンします。

チームラボ ボーダレスは10,000平方メートルという圧倒的なスケールと、多様な空間構成を特徴とした、チームラボによる国内初の常設展示です。世界初公開の作品を含む、約50の作品が展示された、5つの世界で構成され、まったく新しい体験ができるミュージアムです。

《花と共に生きる動物達》

チームラボ ボーダレスの ”ボーダレス” という言葉は、「作品と作品」「作品と鑑賞者」「自分と他者」の境界を取り払うという想いが込められています。つまり展示作品と他の作品の境界がなく、鑑賞者も作品の一部となって溶け込むことで作品と鑑賞者の境界も消え、作品の中に溶け込んだ自分と他者との境界すらなくなった世界の中で、心地よい時空をさまよい、探索しながら、様々な体験をするという、これまでの美術館の概念を打ち破った世界にも類を見ない美術館と言えます。

「こういうのって若い人向けなんでしょう?」と思うなかれ。デジタルはよく分からないからと日ごろ敬遠しがちな方にこそ体験いただきたいのが、このteamLab Borderlessです。

さまよい、探索し、発見しながら鑑賞者も作品も境界なくつながっていく───そんな世界をきっかけに、デジタルアートに触れてみませんか?

5つの世界から成り立つミュージアム

館内は「Borderless World」、「チームラボアスレチックス 運動の森」、「学ぶ!未来の遊園地」、「ランプの森」、「EN TEA HOUSE」という5つの世界で構成されています。

鑑賞者が最初に足を踏み入れるのは、鮮やかな花が咲き誇る「Borderless World」。さまざまな花々が時々刻々と変化しつつ、咲き乱れます。

《花の森、埋もれ失いそして生まれる》

誘われるように先へ進み、ふいに広大な空間に出ると、巨大な滝が現れます。滝が降り注ぐ岩場に立てば、あら不思議。自分を避けて水が流れるのです!

《人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる》

そう、このミュージアムにある作品のほとんどが鑑賞者の動きに反応するように、インタラクティブな動作をする作品となっています。なかでもこの「Borderless World」では、現実世界の季節や天候を増幅した映像で再現し、変化し続けるなど、ミュージアムの内側と外側すらボーダレスにしてしまうという徹底ぶり。ここが屋内であることを忘れてしまいそうな表現に出会えます。

《地形の記憶》:棚田のような空間に、葉に雨が降り注ぎ、夜空に星が輝き、稲穂が揺れます

私の一番のオススメはこの《Wander through the Crystal World》という作品。作品の中に一歩足を踏み入れた瞬間、上も下もなく、自分が今どこにいるのかわからなくなってしまうほど、その世界に没入します。また、鑑賞者がコントロールパネルを操作することによって光の表現が変わるのも面白いですよ。

《Wander through the Crystal World》

ランプの森に迷い込もう!

続いては「ランプの森」。職人の手によってひとつずつ作られたヴェネツィアン・グラスのランプが無数に灯る、幻想的な空間が楽しめます。鑑賞者に反応してランプの光が伝播していく様子は、時を忘れてしまうほど。想像の中でしか体験できないような世界が再現され、なおかつそこに自分が存在していることに驚く。これはデジタルアートならではの体験です。

《ランプの森》

宇宙でジャンプ? 絵が泳ぎだす? インタラクティブな世界で遊ぼう!

《グラフィティネイチャー 山山と深い谷 》

複雑な斜面で構成された立体的な空間「チームラボアスレチックス 運動の森」は、身体ごとデジタルアートの世界に没入できる構造。手足や五感を使って遊びながら、空間認識能力や立体的思考を鍛えようというコンセプトです。宇宙の中でトランポリンをしたり、光る森の中でボルダリングをしたりと、大人も子どももはしゃいでしまうこと間違いなし!

《マルチジャンピング宇宙》

構造上斜面が急であるなど、小さなお子さまと行かれる際には足元に注意が必要ですが、この空間にはアスレチックス以外にも、これまで全世界で評価を得てきた「学ぶ!未来の遊園地」もあります。自分が描いた魚が壁面を使った巨大なディスプレイの中を泳ぐ《お絵かき水族館》など、子どもとともに遊んだり、年齢を忘れて楽しむことができます。

《お絵かき水族館》

アートをいただくEN TEA HOUSE

《EN TEA HOUSE》

ミュージアムの楽しみとして、忘れてはいけないのが、カフェの存在ですね。「EN TEA HOUSE」は、サーブされたお茶の中に花が咲くという、神秘的なティーハウス。お茶の中に花ひらいた世界を、そのままいただく「飲むアート」が楽しめます。「水出し茶(アイス)」、「ゆず緑茶(アイス)」、「緑茶(ホット)」、「カモミールほうじ茶(ホット)」の4種類から選ぶことができます。

器をテーブルに置くと咲いた花が一旦散り、また新たに花が生まれ、無限に咲き続けます。探索の途中で一息つくもよし、ミュージアムでの体験を振り返りながら帰り際に立ち寄るもよしの、とても落ち着いた空間です。

お茶はそれぞれ500円(税込)で楽しむことができます。

これまでとは全然違う美術館

teamLab Borderlessに行くにあたって、知っておきたい4点をお知らせしましょう。

1.動きやすい服装がおすすめ
3フロアで構成された空間には数箇所の階段の昇り降りや、大きな段差ではないもののちょっとした傾斜があったり、館内は大変暗くなっています。歩きやすいスニーカーなどで行かれることをおすすめします。歩きにくい靴で行ってしまった場合は4Fにアスレチックシューズの貸出コーナーがあります。また、床が鏡面になっている作品も多く、服装には配慮が必要です。パンツスタイルなど、あらかじめ動きやすい服装で行くのがベターです。

《光の立体ボルダリング》:身体を使う作品を体験する場合は、ぜひスニーカーで。

2.手荷物やベビーカー、トランクについて
構造上、館内には大きな荷物やベビーカーは持ち込むことができません。入り口にロッカーとベビーカーを停めておけるスペースが完備されていますので、そちらを活用しましょう。また、館内が暗いことや、身体を動かす展示が多いことを考慮して、手荷物はコインロッカー(100円が戻ってくるタイプ)に預けるほうがよいでしょう。館内での有料のものはお茶(500円)だけになりますので、ワンコインだけ持って、財布もロッカーに置いてくる方が無難でしょう。

ベビーカーはこのようにロックして停めておくことができます。

3.敢えて迷って探索しよう

実はこのミュージアム、案内図がありません。これが地味に困るのですが(笑)、そもそもteamLab Borderlessの狙いのひとつが「さまよう」こと。つまり敢えて作っていないのです! 焦らず開き直って、さまよい、探索しながら作品を発見していくことを楽しみましょう。どうしてもわからないときは、スタッフの方が案内してくれます。万一、一緒に行った人と離れ離れになったら、「滝の部屋」のように落ち合う場所をあらかじめ決めておいたり、館内は無線LANもありますので、スマホで連絡を取り合えば、すんなり合流できますよ。

《グラフィティ フラワーズ ボミング》:想像以上にたくさんの作品があります。時間に余裕をもって来館することをおすすめします。

4.お食事は周辺施設で

館内にカフェはありますが、食事のメニューはありません。しかし周辺にはヴィーナスフォートをはじめとするさまざまな飲食店がありますので、食事場所に困ることはなさそうです。ただし、館内の展示をひとまわりするだけでも90〜120分はかかりますし、体力をつかう展示も多いので、入場前にある程度、腹ごしらえをしておいた方がいいでしょう。

「チームラボ ボーダレス」は、お台場・パレットタウンの観覧車の真下にあります

「難しい…」を「楽しい!」に変えるミュージアム

《人々のための岩に憑依する滝、小さきは大きなうねりとなる》

鑑賞者が自らの身体を使って探索しながら、他者と共に新しい体験を創り出していくという、世界でも類を見ないミュージアム。きっと帰るころには「難しい」と思っていたデジタルアートが、「楽しいもの」に変わっているはずです。大人も子どももボーダレスに楽しめる「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」で、新しい世界に踏み出しましょう!

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」
住所:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
開館時間 :月~木 11:00~19:00(21:00)/金・祝前日 11:00~21:00(22:00)/土 10:00~21:00(22:00)/日・祝 10:00~19:00(20:00)
※最終入館はいずれも閉館の1時間前まで
※()内は6/21~8/31までの特別延長時間です。
※詳しい営業時間はウェブサイトをご確認ください。
料金 :一般/高・大学生 3,200円(2,400円) 4歳~中学生 1,000円
※()は6/21~7/31までの特別料金です。
※「EN TEA HOUSE」は別途料金がかかります。
公式ウェブサイト:http://borderless.teamlab.art/jp

撮影:チバヒデトシ(一部)

虹

投稿者の記事一覧

ぼんやりしているうちに一日が終わってしまう怠惰なブロガー。低頻度更新ブログ「雨がくる 虹が立つ」を運営しています。アートと漫画、アニメ、自転車、旅、不思議な話など。心の底から「日々(穏やかで)楽しい生活」を送りたいと思っています。

関連記事

  1. 【Takのアート入門講座】展覧会を楽しむために、ちょっと知ってお…
  2. 日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アー…
  3. 【趣味れーしょん美術館】#004:『ミケランジェロと理想の身体』…
  4. 【DJAIKO62の京都藝術迷宮通信(仮)】03:暑い京都で涼し…
  5. 【ミュージアム・プレイリスト】第1回 音楽の印象派『至上の印象派…
  6. 【Takのアート入門講座】「世界史」で美術を学びなおそう!
  7. オトナにうれしい夜の水族館で、イルカとデジタルアート花火に興奮!…
  8. 東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【パパと一緒に】子供も大好き?!自動車文化を無料で楽しめるテーマパーク「MegaWeb」に行ってきた!

小学校の男の子って、とにかく乗り物が好きですよね。僕の子供も、今年小学校3年生に上がったばかりですが…

東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープン!

2018年4月19日、東京・半蔵門駅直結の好位置に、仏教美術を専門に取り扱う新たな博物館として「半蔵…

わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美術館

アートが大好きで、展覧会やギャラリーで見たものをブログに書いているMと申します。週末は注目の企画展に…

【イベントレポート】美術を観る楽しさを知る!トークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』

楽しくて、わかりやすくて、1時間半のトークがあっという間でした!楽活のメインライターであり、人気アー…

ひかるの正方形レポート「建築の日本展~その遺伝子のもたらすもの~」

現在、森美術館にて「建築の日本展~その遺伝子のもたらすもの~」が絶賛開催中だ。4月25日(水)か…

PAGE TOP