アート

あの、水のチームラボが復活!『チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com』が7月豊洲にオープン

2年前の2016年7月。土砂降りの中、お台場の仮設会場に向かい、そこでそれまでのチームラボの作品とは共通点はあるものの、数々の目新しいインスタレーションに度肝を抜かされた「DMM.プラネッツ Art by teamLab」。その夏の目玉イベントとなり、連日6時間以上待ちのまま、強烈な印象を残して47日間で幕を閉じた、あの空間が帰ってきます。

《The Infinite Crystal Universe》シルエットはチームラボ代表の猪子寿之さん

ボーダレスの次はプラネッツ!

先日、青海にオープンした「チームラボ ボーダレス」に続いてチームラボが仕掛けてくるのが、DMM.プラネッツが更に進化した超巨大没入空間『チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com』です。チームラボ ボーダレスと同じく東京・湾岸地区の中でも開発著しい新豊洲駅前に、2018年7月7日から2020年秋までの2年間期間限定でオープンします。

総敷地面積10,000㎡の空間に、全方向に無限に広がる光で満たされた空間「The Infinite Crystal Universe」の最新バージョン、無限に広がる水で満たされた空間を裸足で体験する「人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity」、全方向に広がる花びらが舞い踊る空間に自分まで溶け込んでしまいそうな「Floating in the Falling Universe of Flowers」など、DMM.プラネッツでも大人気だった超巨大な没入型作品群が進化して展示されます。

《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity》Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People – Infinity teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahash

《人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity》Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People – Infinity teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahash

《変容する空間、 広がる立体的存在 – 自由浮遊、 3色と新しい9色》Expanding Three-dimensional Existence in Transforming Space – Free Floating, 12 Colors teamLab, 2018, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahash

《Floating in the Falling Universe of Flowers》teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

《Floating in the Falling Universe of Flowers》teamLab, 2016-2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

光の滝もお目見え

「チームラボ プラネッツ」がDMM.プラネッツと大きく異なるのが、《坂の上にある光の滝》がお目見えしたことでしょう。水の流れるスロープを登っていくと、この光る滝にたどり着きます。この作品は、四国の山奥にある自然の滝を使った作品「光の滝 – 四国の山奥」(2016-2017)を原型としたものです。その先には、さらにやわらかくなり(?)、体験者の体力を根こそぎ持っていく《やわらかいブラックホール – あなたの身体は空間であり、 空間は他者の身体である》があります。ここではあまり考えず、疲れたら休むことですね。ただ、寝てしまわないようにお気をつけください。

《坂の上にある光の滝》Waterfall of Light Particles at the Top of an Incline teamLab, 2018, Digital Installation

《やわらかいブラックホール – あなたの身体は空間であり、 空間は他者の身体である》Soft Black Hole – Your Body Becomes a Space that Influences Another Body teamLab, 2016-2018, Sound: Hideaki Takahashi

《冷たい生命》Cold Life teamLab, 2014, Digital Work, 7 min 15 sec. (loop), Calligraphy: Sisyu

チームラボ プラネッツに北野武監督も期待

記者発表会で「チームラボプラネッツ」を絶賛した北野武監督とチームラボ代表の猪子寿之さん

「チームラボプラネッツ」は、6月26日(水)にプレス向けに公開され、記者発表会が行われました。登壇した主催の株式会社PLANETS代表取締役の野本巧さんは、更に8月には大型の併設レストランがオープンすることも発表。驚くべきことに、「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」に、あえて “TOKYO” と付けた理由として、「チームラボ プラネッツ NewYork」を2年後にオープンすることを明かしました。さらに発表会にはゲストとしてチームラボ、DMMと縁深い北野武監督が登場。チームラボ プラネッツのさらなる進化に期待を寄せていました。

(取材・撮影:チバヒデトシ/取材協力・撮影協力:はなのひかる、マコ・プリンシパル、minami、華恵)

夏のお楽しみがまた増えました。建物の一角には豊洲にはまだまだ少ない大型のレストランが8月にお目見えします

豊洲の高層マンション群からもほど近い立地。有楽町から有楽町線、ゆりかもめを乗り継いで、20分かからない近さ。

【概要】
チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com
https://planets.teamlab.art/jp/
会期:2018年7月7日(土)〜2020年秋
営業時間:平日 10:00~25:00 土日祝 9:00~25:00 ※最終入場24:00
会場:teamLab Planets TOKYO(東京都江東区豊洲6-1-16)
主催:株式会社PLANETS
料金:
■7月「オープン記念平日割引チケット」 ※土・日・祝日以外
大人(18歳以上) 通常チケット:2,400円 プライオリティレーンチケット:5,000円
中人(12歳~17歳) 通常チケット:2,000円 プライオリティレーンチケット:4,300円
小人(4歳~11歳) 通常チケット:1,500円 プライオリティレーンチケット:3,200円
シニア(60歳以上) 通常チケット:2,000円 プライオリティレーンチケット:4,300円
障がい者割引  通常チケット:1,200円 プライオリティレーンチケット:2,600円
■基本価格
※7/7オープン日・7月土日祝日・8月以降
大人(18歳以上) 通常チケット:3,200円 プライオリティレーンチケット:6,000円
中人(12歳~17歳) 通常チケット:2,700円 プライオリティレーンチケット:5,100円
小人(4歳~11歳) 通常チケット:2,000円 プライオリティレーンチケット:3,800円
シニア(60歳以上) 通常チケット:2,700円 プライオリティレーンチケット:5,100円
障がい者割引  通常チケット:1,600円 プライオリティレーンチケット:3,100円

チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com チケットストア
https://teamlabplanets.dmm.com
Instagram : https://www.instagram.com/teamlab.planets/
Facebook : https://www.facebook.com/TL.Planets/
Twitter : https://twitter.com/teamLabPlanets

[関連記事]
【ひかるの正方形レポート】『チームラボ プラネッツ』に没入!チームラボが見せてくれる宇宙の夢

デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!

チームラボ ボーダレス、お台場に今夏オープン! チームラボ初の国内常設展示

 

チバ ヒデトシ

チバ ヒデトシ

投稿者の記事一覧

アート、デザイン、エンタテイメントとテクノロジーに関連したクリエイティビティについて横断的に取材、執筆活動を行っているフリーランス・ジャーナリスト。メディアやアプリの企画を手がけ、ファシリテーションなども行う。また、さまざまな美術館に足を運び、今後の美術館のあるべき姿を考える美術館研究家としても活動。週4日の美術館、ギャラリー通いは当たり前。デジタルハリウッド大学大学院客員教授(2011〜2016)。元書店員(西武百貨店、リブロ)。仙台出身。

関連記事

  1. 大正ロマンの魅力、再発見!東京駅で竹久夢二の世界へ〜『夢二繚乱』…
  2. 【オトナのためのエンタメ講座】アメコミ映画『アベンジャーズ』はな…
  3. ズキュウウゥン!『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』8月開…
  4. 【楽活お薦めイベント】ムンク展の鑑賞方法を徹底解説!蔦屋銀座「銀…
  5. 【速報】損保ジャパン日本興亜美術館で2020年秋ゴッホ展が開催決…
  6. 『あなたが選ぶ展覧会2017』中間発表。エントリー結果速報!
  7. チームラボ ボーダレス、お台場に今夏オープン! チームラボ初の国…
  8. 北斎の「内面」に深く切り込んだドキュメンタリー映画『大英博物館プ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

【茶の湯ファン必見】桃山時代の侘茶を体感!2019年秋、東京で開催中の2つの茶陶展を見逃すな!【展覧会レポート】

2019年は茶の湯で使われた陶磁器の展覧会が大人気。特にこの秋、東京で開催中の三井記念美術館「高麗…

京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020年6月にオープン!

2020年6月、京都で最も人気のある観光地の一つである嵯峨嵐山で、渡月橋を眼前に臨む最高のロケーシ…

アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。突然ですが、2019年はオランダの巨匠レンブラントの記念イヤー…

PAGE TOP