伝統文化

【東京 ココ行ってみたい】神社に行ってみた!神田明神・前編

こんにちは、楽活読者のみなさん。わたしたち、ひかりとささらと申します。まだ大学生になりたてで、大学ももちろん楽しいのですが、せっかく東京で学生生活を送れるんですから、もっともっと、楽しい東京生活(トーキョーライフ)を満喫したいと考えています。

人気スイーツに並んだり、ファッションを楽しんだりするばかりじゃなく、まだまだ知らないことがたくさんある東京の、行ったことのないところに行ってみたい! そんなワガママを楽活編集部のみなさんに聞き届けていただき、このたび、「東京、ココ行ってみたい!」をスタートすることになりました。

記念すべき一回目は神田明神!

記念すべき一回目は「神社」。それも東京で神社と言ったらココ!と誰もが思い出すはずの「神田明神」です。正式名称は神田神社。権禰宜の岸川雅範さんに参拝の心得、神田明神の「いま」についてお話もうかがえました。

ささら:
どうして一回目が神社なの?

ひかり:
ここ数年、神社ブームだって、知ってる? まずは流行りを追ってみようかなって。

ささら:
なにそれ〜(笑) 神社がブームって聞いたことあるけど、詳しくは知らないかも。でも、なんか「御朱印」っていうのは聞いたことある。スタンプラリーみたいなのだよね。

ひかり:
おおっ、知ってる! でも、その御朱印帳=スタンプラリーは禁句だよ(笑) 「御朱印ガール」といわれる日本全国の御朱印を集めるのが趣味の人は真面目に取り組んでいる人ばかりだから、うっかりスタンプラリーなんて言うと怒られちゃうかも。かくゆう私も実は御朱印ガール。なんか自分で言うと恥ずかしいね。実は今回の取材でも御朱印帳に御朱印をいただいてきました! 御朱印は神社ごとに違っていて、その場で御朱印帳に参拝した日付とともに書いてもらえるので、神社に参拝して御朱印をいただくのは、記念にもなるし、あとで見返してみても楽しいんだよ。

ささら:
私は家族と一緒に初詣に神社に行くのが恒例行事になっているんだけど、年にその一度ぐらいで、あまり他に機会はないかな。だから、今回の神社取材は興味深々でした。それも、あの神田祭で有名な神田明神でしょ。緊張したぁ。でも、権禰宜の岸川さんが優しく教えてくださったし、意外って思うこともいっぱいあったよね。

ひかり:
今日はそれをこれからみなさんにお伝えしなきゃね。さて、神田明神に行くにはもっとも便利なのは電車ですね。JR御茶ノ水駅や丸ノ内線御茶ノ水駅、千代田線新御茶ノ水駅からゆっくり歩いても10分もかからずに着きます。大きな薄緑色の鳥居が目印です。鳥居をくぐるとすぐに正面に隨神門があり、もう神田明神です。実は境内の奥に「男坂」という階段坂があって、そこを下るとすぐに秋葉原の街なんだよね。

本郷通りに面して立つ神田明神の大鳥居

隨神門。昭和天皇御即位50年記念に建立された総檜・入母屋造の重厚な門

オススメの参拝は「ご祈祷」

ささら:
まず参拝には2種類あるということね。一つはみなさんもよくご存知のお賽銭箱を前にお祈りするものです。そして、もう一つ、岸川さんにお薦めいただいたのが「御祈祷」です。これは、御社殿にいれていただき、玉串を捧げてお祈りするものです。御社殿の中に入れるなんて貴重ですよね! さらに魅力的なのはご祈願の内容の豊富さです。縁結びや商売繁盛だけではなく、初宮詣、七五三詣、防災厄除、金銀婚などさまざまです。そのため、プライベートから法人まで色々な立場の方が御祈祷をされているそうです。

ひかり:
そういえば、取材にうかがった時に自動車のお祓いをされている方がいたよね。御社殿のすぐ脇まで車をつけていて、ちょっとびっくりしちゃった。

ささら:
御祈祷をすると名前入りの御札をもらうことができるのも記念になっていいよね。もちろん、料金は必要なんだけど、実際に御社殿に足を踏み入れることは普段以上に神聖さが感じられます。私自身、新年のお参りでは必ず御祈祷するんだけどが、心が落ち着くし、新たなスタートをきろうと前向きになれます。

ひかり:
ちなみに、御祈祷は平日に約30~40件、土日に約100件行われているそうです。平日は比較的空いてるからオススメなんだって!

御社殿のすぐそばに交通安全祈願の車が停まっていました

参拝にはNGなし!

ひかり:

神社へご参拝するとき、NGな行動やマストなルールはあるのか岸川さんにおたずねしたところ、意外な答えが返ってきました!「特にない」そうです。これにはびっくりしたなぁ。

ささら:
もちろん、一般常識的なことは当り前ですが、作法や参拝の仕方にこれといった決まりはないそうです。いつも神社に入ると変に肩に力が入ってしまい、境内のどこを通らなければいけないだとか、何回拍手や礼をしないといけないだとか。そういうことで頭がいっぱいになってしまいがちですよね。ですが、今を生きる私たちがお祈りをする場なので、人それぞれの生まれ育った環境や信念に合ったご参拝をしてほしいとのことでした。一番大切なのは「気持ち」なんですね。

ささら:
最後に神田明神ならではの獅子舞が占ってくれるおみくじも引いて来ました。

ひかり:
ロボットみたいなお獅子がおみくじを引いてくれて、なんかおもしろかったね。

ささら:
私はなんと凶が出てしまいましたが、これからは運が上がる一方なはずと信じることにしました(笑)

ロボットお獅子?がおみくじを引いてくれます。さすが秋葉原に近い神社、おみくじもハイテク?

お獅子が引いたおみくじはココから受け取れます

さて、凶と出るか、吉と出るか?

なにが書かれてあったかはナイショです

お楽しみは参拝だけにあらず

ささら:
取材が終わって、隨神門を出て神田明神を後にしたのですが、お楽しみはこれだけではありません。神社の周囲にはさまざまなお店があって、神社にまつわるお店があるのもお楽しみです。私たちは昼食に鳥居正面右手にある『明神カフェ』(現在休業中です。詳しくは公式サイトでご確認ください)にお邪魔しました。

ひかり:
一番人気は「明神カレー」だそうで、野菜がたっぷりはいっていて、ヘルシーなカレーでした。店内の雰囲気もよくて素敵なお店ですよ。

ささら:
大鳥居を挟んで明神カフェの反対側にある「明神甘酒」で知られる「天野屋」もぜひ。弘化3年(1846年)創業という老舗で、ここの甘酒はお店の地下6mに創業当時からある土室で作られている糀(米糀)に手を加え、熟成した自然の甘酒なんだそうです。

神田明神名物の明神甘酒を一度はここで

後編では伝統文化や現代の文化との関わりなど、神田明神の「いま」についてお伝えします!

神田明神 公式サイト:http://www.kandamyoujin.or.jp

ささら

ささら

投稿者の記事一覧

現役女子大生でフランス語を勉強中! 好奇心旺盛で色々な場所に出没します! 最近、アートの世界に足を踏み入れました。美しいものが好き! え、でも「美しさ」ってなんだろう? まだ何者でもない。でも何者でもある! 楽活と関われたご縁に感謝!

小玉 ひかり

小玉 ひかり

投稿者の記事一覧

幼い頃からシンガーソングライターという夢を追いかけ、中学3年生の冬からオリジナル曲でライブ活動などを始める。現在は大学生活の傍ら、ー歌に乗せて届けたい想いがあるー共有したい、あなたと、なにかを。を掲げて音楽活動を続けている。@codamappimusic

関連記事

  1. 【趣味れーしょん美術館】#006 美術館激戦区、箱根へ行こう!:…
  2. 【路地の美術館~密かな美の愉しみ】Vol.1 岡本太郎記念館
  3. 【てつとび】鉄旅編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原の…
  4. 【パパと一緒に】子供も大好き?!自動車文化を無料で楽しめるテーマ…
  5. デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!…
  6. 【パパと一緒に】今年はまだまだ間に合う!河津桜まつりで一足早く春…
  7. 【趣味れーしょん美術館】#006 二度見する、揺れる絵画『ゆらぎ…
  8. 【DJAIKO62の京都藝術迷宮通信(仮)】03:暑い京都で涼し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

ライブハウスで楽しむ伝統芸能!「講談×落語 in KENTOS銀座」に行ってきた!

9月23日、待ちに待った久々の楽活主催での伝統芸能イベント「講談×落語 in KENTOS銀座」が開…

【パパと一緒に】子供も大好き?!自動車文化を無料で楽しめるテーマパーク「MegaWeb」に行ってきた!

小学校の男の子って、とにかく乗り物が好きですよね。僕の子供も、今年小学校3年生に上がったばかりですが…

東京で運慶作品と出会える!「半蔵門ミュージアム」がグランドオープン!

2018年4月19日、東京・半蔵門駅直結の好位置に、仏教美術を専門に取り扱う新たな博物館として「半蔵…

わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美術館

アートが大好きで、展覧会やギャラリーで見たものをブログに書いているMと申します。週末は注目の企画展に…

【イベントレポート】美術を観る楽しさを知る!トークイベント『美術館に出かけてみよう! ~いちばんやさしい美術鑑賞~』

楽しくて、わかりやすくて、1時間半のトークがあっという間でした!楽活のメインライターであり、人気アー…

PAGE TOP