くらし

投資初心者にぴったり!資産運用アプリ「トラノコ」の面白さとは?【開発元へのロングインタビュー】

楽活にていよいよスタートした「投資の半歩」プロジェクト。前回の記事では、普段着の生活感覚で身軽に投資体験をスタートできるアプリ「トラノコ」をご紹介させていただきました。

編集部でも早速実践中。少額で投資を始められる安心感だけでなく、100円、200円といった小銭であっても、普段から有効にお金を使わなければいけないな、という意識も生まれつつあるのを実感します。

さて、そんな「トラノコ」を開発したTORANOTEC投資顧問さんに、もっと詳しくお話を伺いたいと思い、今回はなんと代表取締役社長ジャスティン・バロックさんがインタビューに応じて下さいました。

トラノコの面白さから、初心者がどのように投資を学んでいけばいいのか、金融を知り抜いたプロがやさしく解説してくださいました。

それでは早速お話をうかがっていきましょう!

資産運用アプリ「トラノコ」が誕生した経緯とは?

ジャスティン・バロック代表取締役社長

―― 日本では、投資というとマイナスのイメージが先行してなかなか投資家が増えないのが現状だと思います。投資家が増えない要因は何だと思いますか?

ジャスティン・バロックさん:日本では、お金の話はしないという文化が強いことが大きな要因だと思います。おそらくお金や投資の話は、友達や家族の間でもあまり話題に上らないプライベートなことなのだと思います。

もちろん海外でもお金はパーソナルなことではありますが、欧米ではディナーの席で普通に「この株いいね」といった投資の話題が上がったりするもので、資産形成をすることが当たり前なことであると考えられていると思います。

今回の「投資の半歩」の企画を通して、読者の皆様が「自分の資産は自分で育てる」と考えるきっかけとなれば、素晴らしいことだと思います!

――前回の記事で「投資の半歩プロジェクト」の第1弾として資産運用アプリ「トラノコ」を読者に紹介させていただいたのですが、あらためて「トラノコ」とはどんなアプリなのか簡単にご説明いただけますか?

ジャスティン・バロックさん:トラノコは、投資が初めての方から長年の経験者まで、誰もが無理なく、楽しく、簡単に、本格的な国際分散投資ができるサービスです。投資が身近なものになり、自然と日常生活の当たり前の一部となっていくことを目的としています。まとまった資金がなくても日々の買い物の「おつり」程度の少額から投資できる仕組みや「隠れた資産」と言える各種ポイントなどでも投資に利用できるようにしたことが特徴です。

―― 毎日のお買い物のおつりや、買い物についてくるポイントなどを使って、自動的に世界中の資産に分散投資できるという仕組みは着目点が非常にユニークですよね。

ジャスティン・バロックさん:私たちは「すべての人を投資家に」というビジョンのもと、投資を「リスクが高くて怖いこと」「お金がないと始められないこと」と感じている方でも始めやすいように、投資始める上でのハードルを極限まで下げたサービスとしてトラノコを開発しました。

今日、誰もが自分の将来のために資産形成をすることが、ますます重要になっています。そのためには、大きくリスクを取って短期間で儲けることを目指すのではなく、長期的に幅広い分散投資をコツコツと行っていくことが一番です。

でも、貯めたお金をいざ投資に回すとなると「失敗したくない」という思いから抵抗を感じてしまう人も多いですよね。

――確かに。僕も最初に投資を始めるまで、どうしても「損したらどうしよう」と考えてしまって、踏ん切りがつかなかったことがありました。

ジャスティン・バロックさん:でも、おつりやポイントに着目した少額からの投資なら、心理的ハードルが下がって始めやすいと感じられますよね。そこが「トラノコ」のウリであり、ユニークなポイントだと思います。

―― そうですね。また、「トラノコ」というサービス名も非常にユニークで親しみやすい感じがします。ところで「トラノコ」とサービス名を命名した理由を教えていただけますか?

ジャスティン・バロックさん:日本では大切に持ち続けて手放さないもの、秘蔵の品のことを「虎の子」と言いますよね。もともと虎が子を大事に守って育てる性質に由来する言葉だそうですが、私たちのサービスは将来に向けて資産形成を行うツールで、まさに大切にするもの、育てていくものというコンセプトから「トラノコ」と名付けました。虎が子をかわいがって育てるように、皆様にトラノコを長くご愛用いただければ嬉しく思います。

買い物のおつりを有効活用!「トラノコ」の詳しい特徴について

―― では、もう少し詳しく「トラノコ」で実践できる「おつり」を活用した投資の仕組みについて教えてもらえますか?

ジャスティン・バロックさん:「おつり」やnanacoをはじめとする各種ポイントやANAマイルで投資できるほか、毎月定額の積み立て投資を行うことも、余裕資金があるときに金額を指定して投資に回すことも可能です。投資する金額をまとめて月に一度銀行口座から引き落とし、投資に回すという仕組みとなっています。

――自分自身に合ったスタイルで利用していけるのは嬉しいですね。

ジャスティン・バロックさん:それに加えて、生活に密着した続けやすい機能が充実しているのも、トラノコの特徴です。アンケートの回答や歩数計アプリ「マネーステップ」と連携して歩くだけで、1ポイント1円でそのまま投資資金として使える「トラノコポイント」がもらえる機能や、同じように投資を続けた場合の将来資産のイメージができるシミュレーション、世界動きと株価等への影響をわかりやすく説明する「ウィークリー解説」などをアプリで提供しています。

トラノコのもう一つの特徴は、投資するほどお得になる料金体系です。通常、投資信託では運用残高に対して何%という手数料がファンドの中で差し引かれています。長期的な資産形成では、運用残高に応じたコスト比率を低く抑えることが重要です。トラノコでは月額300円の固定サービス利用料と年率0.33%という極めて低い水準の運用報酬という料金体系を採用し、投資収益を最大限ご利用者に還元しています。

関連情報:トラノコの料金体系について
https://toranoko.com/fee/detail/

―― ところで、私たちがトラノコに預けたお金は、どういう金融商品に投資されるのでしょうか?アプリを通して集めたお金を、どのように運用されているのか、その仕組についてわかりやすく教えてください。

ジャスティン・バロックさん:トラノコでは、投資先として3つの投資信託(トラノコ・ファンド)をご用意しています。いずれのファンドも世界の株式、債券、金、不動産などを組み入れ資産とする上場信託(ETF)に投資し、間接的に世界の資産に幅広く投資しています。

ご利用者は、3つのファンドから1つを選ぶだけで、簡単に幅広い国際分散投資ができる仕組みとなっています。

―― その3つのファンド、というのは具体的にどんなものなのですか?

ジャスティン・バロックさん:トラノコの投資先としてご用意している3つのトラノコ・ファンドは、いずれも様々な上場投資信託(ETF)を組み入れることで、世界の株式・債券・不動産等に投資をしています。3つの違いは期待できるリターン(収益)とリスク(収益の振れ幅)の違いです。

1つ目は安定重視の「小トラ(トラノコ・ファンドⅠ)」です。米国債券や欧州債券などを中心に、3つの中で一番低いリスクで運用しています。

2つ目は、バランス重視の「中トラ(トラノコ・ファンドⅡ)」です。米国債券や米国株式、日本株式などを中心に、バランスを重視して運用しており、小トラと大トラの中間に位置するファンドです。

3つ目は、リターン重視の「大トラ(トラノコ・ファンドⅢ)」です。3つの中でもっとも収益を追求し、国内外株式の割合を高めに保有して運用しています。

―― トラノコの会員数(伸びているようなら会員数の推移も含め)や、1口座あたりの平均投資金額を教えて下さい。また、トラノコの利用者には、どんなユーザーが多いのでしょうか?(年齢層や、投資歴など)

ジャスティン・バロックさん:おかげさまでトラノコのご利用者数は増えており、累積口座開設数は35万口座を超えています。1口座あたりの平均投資額は月5千円~1万円程ですが、中には100万円単位で投資をされる方もいらっしゃいます。

ご利用者の世代別分布は、20代、30代、40代がそれぞれ約25%ずつで、現役世代の方々に多くご利用いただいております。

また、ご利用者の半数以上がトラノコで投資の第一歩を踏み出していただいていますが、トラノコを始める段階で5年以上の投資経験を有する方も10%いらっしゃるので、投資経験が豊富な方にも支持されるサービスとなっています。

自分にあったスタイルで「投資への半歩」を踏み出してみよう

―― トラノコアプリをできるだけ長く、上手に使いこなすコツやポイントを教えて下さい。

ジャスティン・バロックさん:将来のための資産形成は「長期・積立・分散」が重要です。日々の値動きに一喜一憂することなく、市場が上がっている時も、下がっている時も、定期的に投資をすることで市場に参加し続けることが重要です。

関連情報:長期分散投資の底力
https://toranoko.com/fund/diversification/

ジャスティン・バロックさん:そのためにも、無理のない範囲でご自身に合った使い方を見つけていただくことが大事だと思います。ご利用者の中には、家計簿感覚で買い物の内容を確認しながら毎日おつりを投資に回すことが楽しいとおっしゃる方も、自動的に毎月決まった額を定額で積み立て投資するように設定できるのがいいとおっしゃる方もいます。また、日々トラノコポイントでポイ活をすることを楽しみにしている方もいらっしゃいます。ぜひ、ご自身のスタイルでコツコツ投資を続けてください。

―― ありがとうございました。楽活でも「トラノコ」アプリを応援していきたいと思います。これから楽活の「投資の半歩」を一緒にスタートしたいという方に向けてメッセージをお願います。

ジャスティン・バロックさん:資産運用は、まず「始めてみること」が大事だと思います。もちろん無理をして全財産を投資すべきではないですし、取れないリスクも取るべきではありません。少しずつ無理のない範囲ではじめ、投資をすることに慣れることが長期的な資産形成につながります。市場は上がったり下がったりするものですが、長期にわたって定期的にコツコツ投資を続けることが資産形成に有効であることは確かです。「投資の半歩」プロジェクトをきっかけに、ぜひ投資への第一歩を踏み出してみてください。

関連情報:「トラノコ」で投資を始めてみたい方へ

楽活では、これから「投資の半歩」を踏み出したい人を応援していきます。そのため、今後は皆さんに初心者向けのわかりやすい投資情報を様々な観点から配信していく予定です。ぜひ、ご期待くださいね。

ちなみに、今回「トラノコ」を運営するTORANOTEC投信投資顧問(株)が、楽活読者限定で、投資への「はじめの半歩」を応援してくれることになりました。この記事を読んで、私と一緒に専用スマホアプリ「トラノコアプリ」を使って投資をスタートさせたい、という方のために、楽活から2000円分のクーポンをプレゼントさせていただきます!

以下のページからクーポンコード「VNYQACK8」を入力して、口座開設のお申し込みを新規で行い、すべての設定を完了すると、あなたのアカウントに2000円分の投資資金が「トラノコポイント」の形でプレゼントしてもらえます。

https://toranoko.com/go/coupon/

「トラノコ」について詳しい情報が知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

https://toranoko.com/

関連記事

  1. 2020年6月、隅田川に新たなランドマークが誕生!すみだリバーウ…
  2. 【顔面学講座①】顔とは何か?「顔訓13箇条」でいい顔になろう!
  3. 投資のイロハを学ぶ「投資の半歩プロジェクト」が始動!「トラノコ」…
  4. 和紙のある暮らしはいかが?日本橋の老舗「榛原」で言葉を彩るレター…
  5. 福井県産ブランド米「いちほまれ」が美味い!11月からは本田姉妹が…
  6. セキセイインコの可愛さに悶絶!インコをコンパニオンバードとしてお…
  7. 「花の国」オランダの超巨大ガーデンセンターに潜入!生花から雑貨、…
  8. 【宝塚歌劇の基本のキ!】宝塚ってどんなところ?初心者向けの入門情…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

前田耕陽主宰の「家族の愛情」をテーマにした新作舞台「僕らの純ちゃん!!」が7月に東京・大阪で上演!

ジャニーズの伝説のロックバンド「男闘呼組」の元メンバーで俳優の前田耕陽さんが主宰する舞台TEAM5…

つかこうへいの名作『熱海殺人事件〜売春捜査官〜』気鋭の演劇集団「深海洋燈」により6月6日から上演!

つかこうへいの代表作にして、約50年上演され続けている名作戯曲『熱海殺人事件』が光の届かない、未知…

シンガーソングライターの奥村慎也さんが、2022年8月6日に 新宿SACT!でワンマンライブを開催!

さだまさしさんの親戚でシンガーソングライターの奥村慎也さんが、2022年8月6日(土)に新宿SAC…

アーティスト・イン・レジデンスで見えてきたものとは?アーティスト城戸みゆきさんロングインタビュー!【前編】

城戸みゆきさんは現代アートの分野で活躍しているアーティストです。国内外のいろいろな場所に赴いて、そ…

【顔面学講座⑥】赤ちゃんは顔が好き〜なぜ人間は顔を見ようとするのか?

この人は良い人なのか?悪い人なのか? 「人を見抜く力」は社会で生活していく上でとても重要です。…

PAGE TOP