アート

笑って学べる古美術の贋作コメディ!『嘘八百』の意外な面白さとは?

洋画・邦画を問わず、著名なアート作品の贋作すり替えや盗難を描いた犯罪映画は、定番の一つとして数多く製作されています。その多くは、史実に基づいたシリアスな構成であったり、サスペンス寄りのタッチが多いのですが、今回紹介する、2018年第1週に公開された「嘘八百」は、その中でも珍しくコメディ色が強い作品です。正月映画らしく大らかに楽しめる「初笑い」作品となりました。

映画の舞台となったのは、千利休の生まれ故郷として知られる大阪府・堺市。古くは織田信長や豊臣秀吉が活躍した桃山時代から海外交易の玄関口として栄えてきた、歴史・文化の集積地として知られた港湾都市です。その一方で、どこかのんびりした田舎っぽさも残るローカルな魅力を兼ね備えた街でもあります。

本作は、そんな堺市のとあるお金持ちの家を舞台に、佐々木蔵之介扮する落ち目の陶芸家と、中井貴一扮する冴えない古美術商が、人生の一発逆転を狙って、これまで誰も見たことのない贋作の「楽茶碗」を作り上げていく、という非常にわかりやすいストーリーで展開していきます。

誰も見たことのない利休の「贋作」を作り上げるのだが…

引用:映画「嘘八百」公式予告動画 / (C)2018「嘘八百」製作委員会

本作のメガホンを取ったのは、近年の代表作「百円の恋」(2014)が日本アカデミー賞優秀作品賞にも輝いた武正晴監督。緻密な設定や描写を積み上げて、味のあるクライマックスを作り上げる確かな力量を持った監督です。本作はリアリティよりもコメディ的な面白さや、ケレン味あるストーリー展開を優先して、正月映画として楽しめる痛快な娯楽作品として仕上がっており、初笑いとして楽しむのもいいでしょう。

大半を関西芸人・関西系俳優で固めたメインキャスト陣

引用:映画「嘘八百」公式予告動画 / (C)2018「嘘八百」製作委員会

しかも関西芸人が主演俳優の脇を固めており、彼らお得意のコメディ演技が、「堺」のゆるいローカル感と絶妙の相性を発揮しての演出が大当たり。関西出身の筆者でも、劇中の人物たちの言葉使いや醸し出す関西人の独特なノリに違和感を全く感じることなく、最後まで楽しく笑いながらエンディングを迎えました。また、主役の二人が贋作として作り上げる「緑楽茶碗」製作へとつながる考証やロジック、伏線が非常にしっかり練り込まれていたり、茶碗の製作プロセスがきちんと省略せず描かれているところなどは、古美術ファンやアートファンにも十分楽しめるポイントと言えます。

ご当地映画としても、見終わったあと、「そうだ、今度ちょっと関西に旅行に行った時、堺に行ってみようかな」と思えるような印象深い作品になりました。大人の「アートコメディ映画」として密かにオススメしたい作品です。上映中のうちに、是非足を運んでみてくださいね。

【映画情報】
『嘘八百』
公開:2018年1月5日(土)~
配給:GAGA
公式サイト:http://gaga.ne.jp/uso800/

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. 【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 …
  2. 北斎の「内面」に深く切り込んだドキュメンタリー映画『大英博物館プ…
  3. 【趣味れーしょん美術館】#006 美術館激戦区、箱根へ行こう!:…
  4. デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!…
  5. 芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!
  6. 【Takのアート入門講座】無料で「銀ブラアート」しましょう!
  7. 【趣味れーしょん美術館】#003:ミラクル エッシャー展はクルク…
  8. 図録製作秘話もたっぷり聞けたトークイベント「久保佐知恵×おおうち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。…

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

【茶の湯ファン必見】桃山時代の侘茶を体感!2019年秋、東京で開催中の2つの茶陶展を見逃すな!【展覧会レポート】

2019年は茶の湯で使われた陶磁器の展覧会が大人気。特にこの秋、東京で開催中の三井記念美術館「高麗…

PAGE TOP