くらし

蔵前のインクスタンド「inkstand by kakimori」でマイカラーインクづくりを体験してきました!

はじめまして。パソコンと向き合ってばかりで「あれ?この前ペンを持ったのって、いつだっけ?」となった本河(ほんかわ)です。

そういえば昔、蔵前で万年筆とかペンに使えるインクを作れるって聞いたことがあります。 …自分で作ったインクって、まさに『つい使いたくなるインク』じゃないですか?

ペンを持たない生活をしているなら、つい使いたくなるインクとペンを手に入れればいいじゃない?ということで、今回は東京のブルックリンとも呼ばれている台東区・蔵前の文具店「カキモリ」が運営するインクスタンド「inkstand by kakimori」に行って、マイカラーインクを作ってきました。

扉の向こうはカラフルな実験室! 

今回、私が体験してみたのが「inkstand by kakimori」で人気のワークショップ「ORDER INK SELF」というコース。お店で決められた手順にしたがって、自分オリジナルのインクを自分自身の手で制作し、気に入った色を購入して持ち帰ることができます。

ワークショップで作るインクは「水性顔料インク」。万年筆やボールペンなどのカートリッジに装填して使います。他にも、ガラスや羽などの素材でできた「つけペン」でも使用可能。

この水性顔料インクの特徴は、耐水性の高さ。インクが乾いた後ならちょっと濡れてもビクともしないことから、水彩絵の具と併用することができるそうです。これは、イラストなどを描かれる方にとってはポイントが高いのではないでしょうか。

この光景だけでもう楽しい。作業をするのは、白と黒を基調にした店内。出番を待っているインクのあざやかさがより際立ちます。

さて、準備ができたらいよいよワークショップタイムがスタート。インクのブレンドと試し書きを繰り返す、お気に入りの一色と出会う旅のはじまりです。

調色のための制限時間は45分です。制限時間内であれば何色でも作ってOK。そして、オーダー数にも制限が設けられていないので、自分で作ってみて気に入った色があれば、いくつでも購入することが可能です。

いざ実践!はじめてのインクづくりはいかに?

なんとなく青系のインクが気になったので、まずは青系から。ここから先は、実際のインクづくりの様子を写真とともにお伝えしますね。

気になるインクをプラスチックカップにポトリ。このあと、ガラスの棒でしっかり攪拌します。
撹拌に使ったガラス棒は、しっかり洗って紙ナプキンで水気を拭います。(インクのこびり付きを防ぐため)
インクにガラスペンの先端をひたして試し書きしてみました。
ガラス棒同様、ガラスペンも使うたびに水で洗って紙ナプキンで拭います。
気に入った色味ができたら、忘れないようにボールペンでレシピを書きとめます。

以上!

びっくりするくらい簡単。

1回の調色で使用できるインクは3色まで。たった1滴でニュアンスが変わり、思ったような色味が出たり、インクを足すことで色の変化を味わえたり、これがとにかく面白い。制限があることで色と量の組み合わせを考えるようになるので、普段の生活では使わない思考回路が刺激される感じです。

想像以上の存在感を発揮するインクも

画面右上の小さいボトルがディープカラー。

ところで、使用できるインクにはディープカラーと呼ばれるものがありまして。こちらは特に濃くて、ほんのちょっと落とすだけでものすごく強く発色することから、取り扱いには注意が必要とのこと。

…そう聞くと試してみたくなるのが人情ですよね。

先に別の色を入れていたので、よく混ぜてから試し書きへ…。
一緒に入っているはずの色味を全く感じさせないくらいの存在感。

ここまで濃いと、どのインクを入れても赤が主張してくる予感しかしない。

それなら、ニュアンスを変えてくれそうな色をここに入れたら一体どうなるのか。

この日1番の緊張…。
お、いい感じ。インクを加えるたび、少しずつ色が変わっていくのがよくわかります。

一時はどうなるかと思いましたが、秋っぽい雰囲気の赤ができました。

ガラス管に入った色を見ると濃く見えるけど、試し書きすると意外と薄いインクもありました。

お次も赤系にチャレンジ。これはこれでいいけれど、なんとなくしっくりこない。ちょっと出来心で黄色系のインクを多めに加えると、すると今度はレトロ感満載な色合いに。これは思ってもみなかった変化です。今回作った色のなかでも好みに一番近いかも。

このときお腹が空いていたこともあり、この色を見てキャラメルを食べたくなった…。

刺激的な色が続いてちょっと目が辛くなってきたので、今度は癒し系の緑系にチャレンジ。先ほど黄色系がいい仕事をしてくれたことを受けて、今回も黄色系多めで。

黄色系が多いと滲み感がうまれて、いい感じのニュアンスが出やすくなるそうです。

後半戦になってくるとためらいがなくなってくる。

また好みの色味ができました。試し書きの線が草原のようです。

このワークショップ、ハマる人はとことんハマる楽しさですね。時間が経つにつれて、あれこれ試したくなる気持ちがどんどん高まります。

そして、この楽しさ故に後で悩むことになろうとは、まだこのときは知る由もなかったのです…。

一番の難関だったのは「どの色を選ぶか」

どれも気に入りすぎて…。

今回のワークショップで一番大変だったのは、試作した4色のうちどれを選ぶかでした。困ったことに全部お気に入りすぎて、どれにしようか決められない。どれもドキドキしながら作ったインクなので、仕方ないことかもしれません。

はじめてのインク体験「青」

ディープカラーが効いている「赤」

いまの好みに一番近い「茶」

ジュワッと感がいい雰囲気の「緑」

悩んだ末に決めた「あの色」をオーダー。作ってもらいたいインクの配合比率をスタッフさんに伝えて、同じ色を再現できることを一緒に確認してから、できあがりを待ちます。

待ち時間には下町・蔵前の街歩きもおすすめです

この日はあいにくの雨模様

できあがりまで1時間ほどかかるとのことなので、待ち時間を使ってランチと蔵前散歩へ。

そこで、「inkstand by kakimori」から徒歩5分ほどの場所にある本店「カキモリ」にも行ってきました。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000029575.html

店内には国内外から集められたこだわりの文房具がひしめいていて、好みの書き心地のノートや便箋を探したり、オリジナルのインクを使って試し書きをしたり、時間を忘れて楽しめます。

そしてなんとこちらでは、表紙・中紙・リング・留め具をセレクトして製本するオリジナルノートづくりも可能。これはもう、文房具好きにはたまらないお店です。

下町の風情が残っている街並みには、他にも気になるショップがチラホラ。ブラブラ歩いているだけで、なんだか楽しくなってきます。台風の影響で臨時休業しているお店も多かったので、また機会があったらフラフラしに来たいですね。

さっきまでインクを扱っていたからでしょうか。いつもより、街中の色に目が向くような気がします。約1時間のワークショップを体験しただけでこれほど感覚が変わるとは、ちょっと意外な発見です。

極楽鳥花
この花の名前ご存知でしたら教えてください…。

あっという間に時間が来たのでインクの引き取りへ。先ほどワークショップを行った場所のすぐ隣にある店舗スペースで受け取ります。

こちらでは、「ORDER INK WITH」という、スタッフさんと相談しながらインクづくりを体験できるコースが用意されています。私が体験した「ORDER INK SELF」とは違い、事前予約は不要。ふらっと立ち寄ることも可能ですよ。

インクの受け取りは手前の店舗で。

マイカラーインクに想いをのせて

今回のワークショップで作った4色の中から選んだのはこちら。

パッと見るとワインレッド。よく見ると…。

あの「赤」です。

青色とものすごく悩んだのですが、あの体験を手元に残したいと思ったことと、なかなか選ばないちょっと渋い感じの色味だなと感じたことが、この色をオーダーする決め手になりました。

ボールペン以外のバリエーションもあります。

同じく店舗で購入したペンに装填します。

瓶に入っているインクを、付属のスポイトを使ってプラスチックカップに移します。
コンバーター上部をクルクル回して装填。口縁の余分なインクはきれいに拭いとって。
ペンに装着。インクがなじむまでちょっと待ちます。

そしていよいよ試し書き。

緊張の瞬間ふたたび。

うん。なかなかいい感じです。こうして見ると、赤というよりも、燕脂のような紫のような、なんともいえない不思議な色ですね。

【まとめ】

せっかくなので、今回のワークショップで作ったインクを使ってみました。

【ワークショップ概要】 

inkstand by kakimori
ORDER INK SELF(事前予約が必要です)
▼予約はこちらから
https://ux.nu/Lj1HM

営業時間:11:00-18:00
場所:〒111-0051 台東区蔵前4-20-12クラマエビル1F
定休日:平日
公式HP:https://inkstand.jp/

本河美佳

本河美佳

投稿者の記事一覧

金融機関とベンチャー企業での勤務後独立した、フリーランスのライター。記事を書くうえでのモットーは「何かを変えたい誰かの背中を押す」です。
気になることにはまっしぐらな性格で、心のアンテナに引っかかったイベントに参加したり、ちょっとニッチで面白そうなスポットを訪問したりしています。
学生時代には学芸員の資格を取得した博物館・美術館好きで「博物館は誰のもの」(https://who-belongs-to-the-museum.hatenablog.com/ )を不定期更新中。

関連記事

  1. ひかるの正方形レポート「建築の日本展~その遺伝子のもたらすもの~…
  2. セログラフィティの達人、Evgeny Chesさんのライブペイン…
  3. しとやか人形にひとめ惚れ。与勇輝の創作は「存在力」がすごい!『パ…
  4. 男も惚れる?肉体美!“世界” の和太鼓集団DRUM TAO「万華…
  5. 食べるコミュニケーションって?「おべんとう展」を食べつくそう!:…
  6. 「ぼっち」の時代!「お一人様」でも安心な商品を開発する?
  7. 「資産寿命」を考えよう!~老後の2000万円の不足に備えるために…
  8. スカジャンのメッカ横須賀で愛される伝説的な専門店「MCハウス」取…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

福井県産ブランド米「いちほまれ」が美味い!11月からは本田姉妹が出演する新CMも登場!【11/15までプレゼント有】

先日、たまたま別件で楽活編集部に立ち寄ったところ、あるご縁から福井県のブランド米「いちほまれ」を頂…

食べ放題でお腹いっぱいに!横須賀海軍カレー本舗・ベイサイドキッチンが10/23グランドオープン!

2020年10月23日、横須賀で最も活気のある観光・ショッピングの中心地「コースカベイサイドストア…

津軽三味線っていくらするの?独学でもできる?はじめの1歩の前の疑問を解消しよう!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。皆さんは、10万円の定額給付金で何を買いましたか?私は…

首都圏から意外に近い?! 在来線でも行けちゃう!! 所蔵コレクションが豊富な『群馬県立近代美術館』

群馬県高崎市にある県立の都市公園『群馬の森』。4haもある大芝生の広場ではスポーツを楽しむ人やのん…

箱根ラリック美術館は、五感でラリックのドラマチックな世界を楽しめる素敵な美術館でした!

ルネ・ラリックといえば、アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けたジュエリーとガラス工芸を…

PAGE TOP