くらし

“週替わりで季節の花が届く” お花のサブスク「bloomee(ブルーミー)」の正直レビュー!

ここ何年かで “サブスク” の需要の増加と共に、あらゆるジャンルのサブスクサービスが増えてきました。そもそもサブスクとは、定額料金を払って一定期間、商品やサービスを利用すること。

商品であれば定期的に自宅に届くので便利だったりしますよね。そんなサブスクの中には “お花のサブスク” があります。「知ってる!やってみたい!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、筆者がその“お花のサブスク”を利用して正直なレビューをお届け!サービスの詳細と、実際に届いた花の写真もご紹介しますので、気になる方はぜひ読んでいってください。

お花のサブスク「bloomee(ブルーミー)」って?プラン内容や料金について

今回筆者が利用したのは、自宅に定期的に季節の花が届く「bloomee(ブルーミー)」というサブスクサービス。日本初にして最大級のお花のサブスクで、会員数は約10万世帯以上に及びます。常に部屋に花がある状態で、気持ちもハッピーにさせてくれるサブスクです。

花が届く間隔は、登録時に「毎週」か「隔週」か選べます。プランは3種類。花の本数によって価格も変わってきます。

<プラン内容> ※1回の料金です

 体験プランレギュラープランリッチプラン
花の本数3本以上4本以上8本以上
プラン料金550円(税込)880円(税込)1,980円(税込)
送料275円385円550円
合計金額825円1,265円2,530円
配達方法ポスト投函ポスト投函ゆうパック

そして今回は「レギュラープラン」を選んでみました。

どうやって花が届くの?

レギュラープランは、このような段ボールの包装でポスト投函されて届きます。

最初は「ポストに入るのかな?」と不安でしたが、こんな風にポストに刺さって届けられました。

もっと押し込んで入れてほしいと思うかもしれませんが、ブルーミーでは花が入っている箱に「投函の目安」といったラインを設けているので、それ以上押し込まないことで花が潰れないように工夫されているようです。

(投函口の大きさ:タテ4.5cm、ヨコ16cm、奥行き15cm以上が必要)

配達員の方に向けた「×持ち帰り お客様の大切な生花が入っています」といったメッセージも書かれていました。

(2回目に届けてくれた配達員さんは、わざわざ玄関まで届けてくれました)

今回届いた花は?他に何が入っている?

レギュラープランは花が4本以上入ってます。そして今回届いたのは、以下の草花でした。

・パンジー
・ルピナス
・八重咲きアネモネ
・ミモザ
・白砂菊

花と一緒にキープ・フラワーという切花栄養剤と、今回入っている花の名前が書かれた紙が入っています。

切花栄養剤は、花瓶の水に入れてください。

包装紙の中は、花の茎が乾燥してしまわないようにゼリーのようなもので覆われていました。これで日中すぐに受け取れなくても安心ですね。

※お花屋さんによっては、違う仕様の場合もあるそうです。

花の色味は落ち着いていましたが、銀葉と合わせると渋くなりすぎずに素敵な雰囲気にしてくれていました。レギュラープランでもしっかりとボリュームのある花束だったので、マンションの玄関に飾るのにもちょうどいいのではないでしょうか。

八重咲きアネモネはつぼみの状態で到着。最初から満開で来てしまうとすぐ枯れてしまいますし、育てていく過程も楽しいですよね。

しばらくしたら、綺麗に咲いてくれました。

隔週で2回目に届いた花は?

今回は隔週で申し込んだので、2週間後に2回目の花が届きました。

2回目の花のラインナップはこちら。
・フリージア(ブルーシー)
・チューリップ
・スターチス
・ラグラスバニーテール
・スイトピー

また雰囲気の違う花たちで、次回はどんな種類のものが届くのか楽しみになりました。入れる花瓶も、何個か揃えたくなってしまいますね。

bloomeeを利用してみた正直な感想

▼ よかったところ

・花は枯れてしまうものなので、常に綺麗で新しい花が届いてくれるのはありがたいです。枯れるたびに買いに行く手間も省けて楽だなと思いました。生花を飾ると、部屋の空気が綺麗になるような気もします。また、この花がいい感じのインテリアになるように、周りを整えるきっかけにもなってくれました。

・今回はレギュラープランにしましたが、個人的には、部屋の雰囲気や大きさにぴったりで、ちょうどいいボリュームでした。豪華であればあるほどいい、というわけでもないようです。レギュラープランの場合でも、花瓶はなるべくコンパクトなものをおすすめします。

・自分が花屋で選ばないような色や種類の草花が入っているので、毎回新鮮な気持ちにさせてくれます。入っている花の種類について調べたりして詳しくなれるのもいいですよね。いつもは花だけを飾っていたのですが、個人的には届いた中にあった銀葉やラグラスバニーテールのような緑の要素がとても気に入りました。

▼ 気になったところ

・マンションに住んでいると、みんなと同じ場所にポストがあるので、最初にポストに刺さっていた時は、予測していたとはいえびっくりしました。もしかしたら誰かが取っていってしまったり、何かが当たった拍子に落ちてしまうこともあるのではないかと不安になったのは事実です。いつ届くか正確な日時はわからないので、ポスト投函がどうしても嫌な方は、ゆうパックで届く「リッチプラン」を選択してみるといいのかもしれません。

・最初に届いたのが結構地味な色の花と、つぼみの状態で届いたため、開封したときに「わ〜!綺麗!」とはなりませんでした。花の生け方にもよりますが、ホームページに載っているような綺麗な花が最初から入っているわけではありません。水やりをして育てていくような気持ちで迎えてください!

bloomeeで毎日の生活を明るく、華やかに

今回は、お花のサブスク「bloomee(ブルーミー)」をご紹介しました。綺麗な花がある生活は、想像以上にいい影響があります。これからお花のサブスクを試してみようと思っている方の参考になれば幸いです。

<おすすめしたい人>

・家に花を飾りたいけど、買いに行く手間が面倒な方
・手軽に花を飾って、部屋のインテリアを明るくしたい方
・自分で選ぶといつも同じような花を買ってしまう方

期間限定でお得に利用できるキャンペーンも実施されていたりするので、ぜひチェックしてみてくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

【サービス詳細】

サービス名:「bloomee(ブルーミー)」
価格:550円〜(別途送料)
公式サイト:https://bloomeelife.com/
Instagram:https://www.instagram.com/bloomee/
Twitter:https://twitter.com/bloomee_jp

サラダ

投稿者の記事一覧

名古屋在住フリーランスライターのサラダです。

アートを中心としたブログ(https://saladaart.com)も運営しております。楽活では、アートやエンタメを通して、毎日が少しでも楽しくなるような記事を書いています。

楽しいことがたくさん溢れている今の世の中で、あなたの好奇心が掻き立てられるような出会いに繋がれば嬉しいです。いくつになっても好奇心と行動力をもつことが、私の人生のモットーです。

関連記事

  1. 日本で唯一「料理の神様」を祭る南房総の高家神社!1本1,500円…
  2. 夏は激辛ラーメン!群馬名物「雷ラーメン」の名店5選!辛さと旨さの…
  3. まだスマホで読んでるの?目に優しい電子書籍リーダーのすすめ【Am…
  4. 【顔面学講座②】「東大寺の大仏殿の観相窓」~仏像の顔を見比べる楽…
  5. 投資への半歩は「長期分散投資」がオススメ!この道30年のプロがや…
  6. 【顔面学講座④】職業顔はナゼあるのか?~政治家の顔、女子アナの顔…
  7. 絶景の花畑!花の国オランダから、チューリップの歴史とオランダの花…
  8. ゲームが世界を救う?職場や学校、生活環境へ深く入り込みはじめた「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

ボイジャータロット国際認定ティーチャーが伝えるボイジャータロットの特徴と楽しみ方

「タロットカードをしてみたいけれど、どのカードを選べばいい?」「タロットカードって面白…

京都でしか見られない日本初公開作品100点を含む約200点が来日!アンディ・ウォーホル「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展

ポップ・アートの旗手としてアメリカの大量消費社会の光と影を描いたアンディ・ウォーホル。…

【顔面学講座⑧】男顔・女顔   近ごろ「女顔」のほうが人気なのはなぜ?

ジェンダーフリーやジェンダーレスが叫ばれる昨今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル・…

かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が福岡市美術館で開催

京都・栂尾(とがのお)に位置する高山寺所蔵の国宝『鳥獣戯画』。ウサギやカエルなどの動物たちが擬…

この秋、KITTE丸の内が巨大な切り絵に包まれる!柴田あゆみさん初のパブリックアートが登場!

これまで楽活で強力にプッシュしてきた切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの待望の新作が、9月17日か…

PAGE TOP