アート

老舗旅館でアート展!『アート&ブックプロジェクト ようこそ「えんぎやど」へ』

旅館、小豆、水彩。この3つのキーワードを見て、「ああ、あれのことね」と滑らかに意味を繋げられる人は、そうそういないと思います。

創業70年を超える東京・谷中の老舗旅館『澤の屋』にて、随分と風変わりで個性の突き抜けた展覧会『アート&ブックプロジェクト ようこそ「えんぎやど」へ』が始まりました。澤の屋でアート展を開催するのは初めてとのこと。この突き抜け方、初回からスピード違反なり。

純和風の旅館を舞台に、和菓子をモチーフにした立体作品や、日本をテーマにした水彩の絵画が飾られる本展。写真からも伝わるとおり、個性×個性×個性で無限遠に吹き飛びそうな展覧会でした!

境 貴雄による小豆と魔除けのアート

メインの展示室である2階の客室25号室「えんぎの間」でまず目を引くのは、小豆や白玉をモチーフにした大きな招き猫! 境 貴雄(さかい・たかお)さんによる作品です。

幼い頃から小豆を食べることが大好きだった境さん。大学生の頃から小豆や和菓子をモチーフとした作品を作っています。

小豆には「魔除け」の意味があり、幸福をもたらす食べ物として、日本では古来から親しまれてきました。本展では、旅館ならではの和の空間に、新型コロナウイルス終息への願いも込めて、小豆を用いた作品を展示しています。

境さんが発信するアズラーファッション

しかし一度見たら忘れられないパワフルな造形です。特に小豆を髭に見立てて身につける「アズラー」ファッションは強烈。

とはいえ小豆は魔除けですし、大昔に「小豆を身にまとって邪悪なものから自分を守ろう」という考え方が生まれるパラレルワールドもあり得ます。その世界線ではアズラーファッションが定着して現在に至っているかもしれず、別世界に接続する作品です。

エリカ・ワードが見つめる日本

エリカ・ワードさんは、カリフォルニア生まれ、東京在住の水彩アーティスト。絵は独学と聞きましたが、そうとは思えない描写力です。

エリカさんは海外から日本を見る視点と、日本の内側から日本を見る視点の両方を持ち合わせています。例えば、どこにでもあるカーブミラーに着目した作品は、日本での暮らしが長い人ほど「目の付け所が面白い!」と感じるのではないでしょうか。

エリカ・ワード《生える・映える》

生まれてからずっと日本に住んでいる人の感覚だと、「和」といえば着物や寺社仏閣など伝統的なものを連想します。カーブミラーが日本らしいモチーフとは、誰かに言われなければ気づかないのでは。

《生える・映える》には盆栽など伝統的な日本の要素もありますし、古来から現代に至るまでの日本の時の流れを感じられます。

境さん、エリカさんの作品集も会場で販売中です。

会場は老舗旅館『澤の屋』

本展の会場となるのは、東京・谷中の老舗旅館『澤の屋』です。創業70年以上の歴史を感じる純和風な旅館で、外国人観光客にも人気の旅館です。

2020年、新型コロナウイルスの影響で自由に旅行ができなくなり、澤の屋も外国からのお客さんを迎えられなくなってしまいました。一方、日帰り入浴やデイユースなど、新たな取り組みを始めて賑わいを取り戻しつつあります。今回の展覧会でも新たなお客さんが訪れ、活気が生まれています。

また、澤の屋3代目、澤 新(さわ・あらた)さんは、獅子舞ができるとのこと! 宿泊客のリクエストがあればいつでもやります、とのことでした。獅子舞が見られる旅館なんて、そうそう無いのでは?

まとめ

老舗旅館、小豆、水彩、獅子舞と濃い、非常に濃い展覧会でした。美術館やギャラリーでは味わえない、非日常と癒しが同居する旅館ならではの展示です。

ふらっと立ち寄ってアートを鑑賞することもできるし(無料)、デイユースや宿泊で利用することもできます。1部屋限定で、2人の作品が展示される客室があるので、宿泊しなければ見られない作品もありますよ!

『アート&ブックプロジェクト ようこそ「えんぎやど」へ』

期間:2021年9月1日(水)~9月30日(木)
入場料:無料
時間:
月~木 10:00~18:00
金・土日祝 10:00~20:00
最終日(9月30日):10:00~18:00
展覧会HP:https://honyashan.com/sawanoyaproject-engiyado
旅館 澤の屋HP:http://www.sawanoya.com/nihonngho.html

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. 知識ゼロでもOK!ギリシャ神話のとっておきのエピソードを西洋美術…
  2. 浜町〜馬喰町エリアで注目の個性派パン屋を大調査!実食・下町春のパ…
  3. わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美…
  4. 六月大歌舞伎『日蓮聖人降誕八百年記念 日蓮(にちれん)─愛を知る…
  5. いつだって“盛って”きた!『ルーヴル美術館展 肖像芸術─人は人を…
  6. 【速報】損保ジャパン日本興亜美術館で2020年秋ゴッホ展が開催決…
  7. 「おうち園芸」はじめの半歩!コウモリランを流木アートへグレードア…
  8. 広大なデホーヘフェルウェ国立公園でサイクリング&アート鑑賞【クレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

地元密着型の老舗映画館!横浜『シネマ・ジャック&ベティ』の魅力に迫る!

『シネマ・ジャック&ベティ』は、横浜・若葉町にあるミニシアター。映画ファンはもちろんのこと…

自宅でも再生可能?!美術展で増える「スマホ音声ガイド」の特徴や活用方法を徹底解説します!

突然ですが、みなさんは美術館や博物館に行った時に音声ガイドを借りますか?「必ず借りる」「よく知…

【群馬県下仁田発】心癒す音色を奏でるオルガニートオルゴール「GARYU雅流(がりゅう)」

群馬県甘楽郡下仁田町。自然あふれるのどかな町で今日もオルガニートオルゴールの音色が流れています。「…

【顔面学講座①】顔とは何か?「顔訓13箇条」でいい顔になろう!

はじめまして。観相家、顔研究家、顔面評論家という肩書きで活動している池袋絵意知(イケブクロエイチ)…

スマホでサクッと素敵な紅葉写真が撮れる簡単な方法をプロフォトグラファーが教えましょう♬【京都・瑠璃光院編】

紅葉で有名な京都の瑠璃光院、それに大規模なライトアップで人気を博している清水寺の紅葉をテーマにスマ…

PAGE TOP