アート

老舗旅館でアート展!『アート&ブックプロジェクト ようこそ「えんぎやど」へ』

旅館、小豆、水彩。この3つのキーワードを見て、「ああ、あれのことね」と滑らかに意味を繋げられる人は、そうそういないと思います。

創業70年を超える東京・谷中の老舗旅館『澤の屋』にて、随分と風変わりで個性の突き抜けた展覧会『アート&ブックプロジェクト ようこそ「えんぎやど」へ』が始まりました。澤の屋でアート展を開催するのは初めてとのこと。この突き抜け方、初回からスピード違反なり。

純和風の旅館を舞台に、和菓子をモチーフにした立体作品や、日本をテーマにした水彩の絵画が飾られる本展。写真からも伝わるとおり、個性×個性×個性で無限遠に吹き飛びそうな展覧会でした!

境 貴雄による小豆と魔除けのアート

メインの展示室である2階の客室25号室「えんぎの間」でまず目を引くのは、小豆や白玉をモチーフにした大きな招き猫! 境 貴雄(さかい・たかお)さんによる作品です。

幼い頃から小豆を食べることが大好きだった境さん。大学生の頃から小豆や和菓子をモチーフとした作品を作っています。

小豆には「魔除け」の意味があり、幸福をもたらす食べ物として、日本では古来から親しまれてきました。本展では、旅館ならではの和の空間に、新型コロナウイルス終息への願いも込めて、小豆を用いた作品を展示しています。

境さんが発信するアズラーファッション

しかし一度見たら忘れられないパワフルな造形です。特に小豆を髭に見立てて身につける「アズラー」ファッションは強烈。

とはいえ小豆は魔除けですし、大昔に「小豆を身にまとって邪悪なものから自分を守ろう」という考え方が生まれるパラレルワールドもあり得ます。その世界線ではアズラーファッションが定着して現在に至っているかもしれず、別世界に接続する作品です。

エリカ・ワードが見つめる日本

エリカ・ワードさんは、カリフォルニア生まれ、東京在住の水彩アーティスト。絵は独学と聞きましたが、そうとは思えない描写力です。

エリカさんは海外から日本を見る視点と、日本の内側から日本を見る視点の両方を持ち合わせています。例えば、どこにでもあるカーブミラーに着目した作品は、日本での暮らしが長い人ほど「目の付け所が面白い!」と感じるのではないでしょうか。

エリカ・ワード《生える・映える》

生まれてからずっと日本に住んでいる人の感覚だと、「和」といえば着物や寺社仏閣など伝統的なものを連想します。カーブミラーが日本らしいモチーフとは、誰かに言われなければ気づかないのでは。

《生える・映える》には盆栽など伝統的な日本の要素もありますし、古来から現代に至るまでの日本の時の流れを感じられます。

境さん、エリカさんの作品集も会場で販売中です。

会場は老舗旅館『澤の屋』

本展の会場となるのは、東京・谷中の老舗旅館『澤の屋』です。創業70年以上の歴史を感じる純和風な旅館で、外国人観光客にも人気の旅館です。

2020年、新型コロナウイルスの影響で自由に旅行ができなくなり、澤の屋も外国からのお客さんを迎えられなくなってしまいました。一方、日帰り入浴やデイユースなど、新たな取り組みを始めて賑わいを取り戻しつつあります。今回の展覧会でも新たなお客さんが訪れ、活気が生まれています。

また、澤の屋3代目、澤 新(さわ・あらた)さんは、獅子舞ができるとのこと! 宿泊客のリクエストがあればいつでもやります、とのことでした。獅子舞が見られる旅館なんて、そうそう無いのでは?

まとめ

老舗旅館、小豆、水彩、獅子舞と濃い、非常に濃い展覧会でした。美術館やギャラリーでは味わえない、非日常と癒しが同居する旅館ならではの展示です。

ふらっと立ち寄ってアートを鑑賞することもできるし(無料)、デイユースや宿泊で利用することもできます。1部屋限定で、2人の作品が展示される客室があるので、宿泊しなければ見られない作品もありますよ!

『アート&ブックプロジェクト ようこそ「えんぎやど」へ』

期間:2021年9月1日(水)~9月30日(木)
入場料:無料
時間:
月~木 10:00~18:00
金・土日祝 10:00~20:00
最終日(9月30日):10:00~18:00
展覧会HP:https://honyashan.com/sawanoyaproject-engiyado
旅館 澤の屋HP:http://www.sawanoya.com/nihonngho.html

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. デパ地下のお惣菜でおうち時間をちょっと豊かに。日本最大級の地下食…
  2. 【速報】1/6からいよいよ開幕!内覧会レポート(分離派建築会10…
  3. SOMPO美術館の至宝!ゴッホ《ひまわり》についての意外な事実と…
  4. 群馬のソウルフード「焼きまんじゅう」がお洒落なスイーツへ進化!人…
  5. かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が…
  6. 山の上ホテルはおこもりステイにオススメ!文豪に愛された神保町の隠…
  7. 【ミュージアム・プレイリスト】第4回「美のはじまりの音楽:縄文1…
  8. 鎌倉時代から軍事基地として栄えた浦賀の魅力を郷土史家・山本詔一先…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

ボイジャータロット国際認定ティーチャーが伝えるボイジャータロットの特徴と楽しみ方

「タロットカードをしてみたいけれど、どのカードを選べばいい?」「タロットカードって面白…

京都でしか見られない日本初公開作品100点を含む約200点が来日!アンディ・ウォーホル「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展

ポップ・アートの旗手としてアメリカの大量消費社会の光と影を描いたアンディ・ウォーホル。…

【顔面学講座⑧】男顔・女顔   近ごろ「女顔」のほうが人気なのはなぜ?

ジェンダーフリーやジェンダーレスが叫ばれる昨今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル・…

かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が福岡市美術館で開催

京都・栂尾(とがのお)に位置する高山寺所蔵の国宝『鳥獣戯画』。ウサギやカエルなどの動物たちが擬…

この秋、KITTE丸の内が巨大な切り絵に包まれる!柴田あゆみさん初のパブリックアートが登場!

これまで楽活で強力にプッシュしてきた切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの待望の新作が、9月17日か…

PAGE TOP