1. 新着

3,000点を超えるフィギュアに心酔!『海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城』

皆さんは子どもの頃、「大人になって大金持ちになったらこれをするんだ……!」と心に誓った夢はありますか?

私はいろいろ予定していたものの、いずれもまだ実現には至っておらず、今では「自宅の家の前で穴を掘って石油が出てきたら……」と想像だけが具体的になってきました。

子どもの頃の私の夢のひとつが、ガチャガチャを心ゆくまで回すことです。

展示風景

お気に入りのカプセルトイ(「ガチャガチャ」や「ガチャポン」と呼ばれる、カプセル入りの小さなフィギュアなどがランダムに出てくるアレ)をコンプリートして並べてみたい……!

そんなカプセルトイやフィギュアが好きな人が歓喜するミュージアム『海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城』が、2022年12月12日(月)にオープンしました。なんと大阪城天守閣のすぐ近くという好立地です。

展示風景

海洋堂は、精巧かつ躍動感のあるフィギュアで国内外から注目を浴びる大阪の企業人間サイズの大きなフィギュアから手のひらサイズの食玩やカプセルトイまで、リアルな立体造形が人気です。

ミュージアムでは、特撮やアニメのキャラクター、生物やアートをモチーフにした作品など、同社が40年以上にわたり制作した3,000点以上を常設展示洋画、マンガ・アニメ、美少女フィギュア、食玩、ネイチャーモデル、カプセルフィギュアなど、10のテーマで作品を紹介します。

ここで、私が好きな作品を少し紹介させていただきますと……

展示風景

まず、岡本太郎作品のフィギュアです。大阪のシンボルでもある『太陽の塔』の模型を始め、太郎さんフィギュアや作品のミニチュアが展示されています。こういうの集めて並べたいんですよ~!(太陽の塔モノマネは大学院時代の私の十八番でした)

チョコエッグ・チョコQ ペット動物コレクション

小さい食玩の作品だと、動物のシリーズが好きですね。子どもの頃、よく買ってもらってたなあ。母親に「1個にしなさい」とか言われて、欲しいフィギュアが当たることを祈りながら、お店で1個だけ選ぶんですよね。今は大人になったので何も考えず3~5個ずつ買いますけれども。

スターウォーズシリーズ

外せないのが、『スター・ウォーズ』です。しかもこの配置! ベイダー様が真ん中の少し高くなっているところでポーズを取っています。ベイダー様が大好きな私は、「真ん中」「少し高くなっている」というだけで大喜びしてしまいます。

『鋼の錬金術師』エドワードとアルフォンス

それから『鋼の錬金術師』のエドとアルのフィギュアも! 臨戦態勢ですね。錬金術ではなく体術を使う時のポーズが採用されています。(ハガレンのキャラで一番好きなのは大佐なので、いつの日かこの並びに加えられることを願いつつ……)

展示風景

このように、3,000点以上もフィギュアが展示されているので、好きな作品がたくさん見つかるんですよね。少し進んでは足を止め……とゆっくり回っていくと、最後に「ジオラマ」の展示が待っています。それぞれのボックスの中には背景まで作り込まれ、フィギュアが「生命力」を持ったように感じられます。

『新世紀エヴァンゲリオン』のジオラマ

特に『新世紀エヴァンゲリオン』のジオラマは、キャラクターが今にも動き出しそうな躍動感がありました。

展示風景

フィギュアや食玩、ガチャガチャは、従来は良くも悪くも「子どもっぽい」ものでした。しかし、海洋堂のようにリアリティがあり品質の良いフィギュアが登場するようになってから、「大人も夢中になっていい」と常識が変わってきたと思います。

展示風景

今や日本のポップカルチャーのひとつとなったフィギュア。その第一人者である海洋堂のミュージアムは、コレクター心をくすぐる楽しい場所でした。ぜひお気軽に足を運んでくださいね。

情報

海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城
住所:大阪市中央区大阪城1-1 、B1
開館時間:9:30~17:30(最終入館は閉館の30分前まで)
休館日:不定休
料金:大人(高校生以上)800円(720円)/ 子供(小・中学生)400円(360円)
 ※()内は団体
お問合せ:06-6940-0835
公式サイト:http://www.ryuyukan-miraiza.net/

トップ画像:愛知万博 モリゾー&キッコロ

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. 今年のルーブル美術館展は肖像芸術大特集!世界最高峰の「顔」を楽し…
  2. 手頃な予算で楽しめる!石の祭典 ミネラルショーに行ってみた!
  3. 銀座で愛されて100年以上!文房具ファンの聖地・伊東屋本店で見え…
  4. 塩麹と醤油麹の失敗しない作り方!鶏肉や豚肉を使ったレシピによる食…
  5. アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!【明…
  6. 【緊急告知】楽活「はじめの半歩」イベント らくご入門 in YO…
  7. 古墳王国・群馬の個性的な埴輪を一挙にご紹介!古代ロマンあふれる1…
  8. 8年間で1500冊を読んでわかった!人間関係の悩みを解決してくれ…

シネマ

アート

おすすめ記事

子どもたちの笑顔が咲く。新世代に繋ぐ花の世界。「いけばな出前プロジェクト」

『2027横浜国際園芸博覧会』に向けて横浜市独自の活動の一環で、この日私が訪れたのは横浜市立鴨…

ニューヨーク・コンフィデンシャル エピソード3

このコラムでは、「どうせ私なんか…」というセリフが頭に浮かんでいた日本での私が、多様性の都とい…

3,000点を超えるフィギュアに心酔!『海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城』

皆さんは子どもの頃、「大人になって大金持ちになったらこれをするんだ……!」と心に誓った夢はあります…

リーガロイヤル京都でブランドいちごフェア「Strawberry Fair 2023 ~スイーツトリップ× 大分県ベリーツ~」開催中!

2022年の流行語に「ヌン活」がノミネートされるなど、ますます人気が高まるアフタヌーンティー。…

現在公開中!映画『THE FIRST SLAM DUNK』号泣する人続出!「20年以上待った甲斐があった…」という声も。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」や「天才ですから」など、有名なセリフを数多く残すバスケットボー…

PAGE TOP