アート

幻想的な透明感が心に染みるアートコースター!「日常と月」土谷美咲さんの独創的な世界観とは?!

部屋の中でも月を感じることが出来るように〟というコンセプトのもと、ひとつひとつ手作業で仕上げていく。

手に取ってみると、淡い光の世界へ旅が始まるような、不思議な気分になる。今回はコースターブランド「日常と月」の作家・土谷美咲さんに、お話を伺いました。

ハンドメイドのコースター

きっかけは「透明感のあるコースターが欲しい」という思いからだったそう。コルクや布からできたものは多くあるけれど、自身が求めるものがなかなか見つからない。

「だったら自分で作ってしまおう!」と、動き出したところから制作活動が始まりました。

最初に思いついたのは、水をたっぷり含ませた水彩絵の具が、うっすらと広がっていくような世界。画用紙に色をのせ、それをアクリル板で挟み接着します。

そうして記念すべき、初コースターが完成しました。

しかしボンドで接着した部分がどうしても気に入らず、試行錯誤を繰り返したそう。

様々な色が混ざり合う

そんな中、美咲さんは「ファンタジープリズム」という画材に出会います。不思議な絵の具で、乾燥するにつれてハチの巣のような効果が現れるそう。

制作手順はこんな感じ。約3日間かけて絵の具の乾燥を待ち、上から樹脂コーティングを施していく。乾いたら側面を金の粒子で覆っていき、また数日のあいだ乾燥を待つ。最後に塗り残しがないかチェックを行う。

こうして現在の形が出来上がったそうで、一つが完成するまでになんと約10日間もかかるそうです。

側面もこだわりのひとつ

ブランド名「日常と月」にこめられた大切な思いとは?

ブランドの名前にもなっている「日常と月」には、素敵なエピソードがあります。

中学時代の恋人が、海外へ数週間行くことになった時のこと。初めての国際電話をした時に「会えないのは寂しいね」と話すと彼は「別の場所にいるけど、月はどこから見ても同じだよ、だから寂しくないよ。」と言ってくれたそうです。

離れていると時間も天気も違うので、同じタイミングで月を見られるとは限りません。

厚い雲に覆われて月そのものが見えない日もあります。ロマンチックでもあるけれど、そのどこか儚い「月」という存在にロマンを感じたそうです。

〝部屋の中でも月を感じることが出来るように〟というメッセージは、そんな彼女の思い出から生まれました。

太陽に当ててみると水面のような煌めきに

コースターは、好きな色やイメージを伝えてオーダーメイドで作ってもらうことも可能。見ていたら自分も欲しくなり、お願いして一つ作って頂きました。

自分はオレンジや黄色が好きなので「暖色系で!」とザックリお願いしたら、こんなに素敵なコースターが…。

イメージをお伝えして完成した、オーダーメイドのコースター

丸箱を開けた瞬間、思わずときめいてしまいました(笑)

子供の頃のようにワクワクする瞬間はあまり多くなくなってきたけれど、このコースターは何か旅が始まりそうな、そんな気分にさせてくれたのでした。

ちなみに、直接お会いすることができなくても、オーダーは受け付けることが可能。その場合、注文主のInstagram投稿やメッセージのやり取りなどを手がかりにして、好みの温度や空気感を感じ取りペイントしていくそう。

お願いする側としては、ちょっとした占い気分です。

丸箱を開ける瞬間がたまらない

色の指定でなくても制作できるのが強みだという、美咲さん。これまでにあった中では、特に「晴れた日の青空のように」というオーダーがワクワクしたそうです。

美咲さん自身も、晴れた日の青空の中で制作を進めました。

今回の取材でやり取りを重ねる中でも、顔は見えないけれど、ずっとこちらに寄り添ってくれているような、心の距離の近さを感じました。こんなオーダーの取り方ができるのも、美咲さんの人柄があってこそです。

もし気になる方がいらっしゃったら、ぜひ、美咲さんに気軽にInstagramTwitter等のDMで相談してみることをオススメします!

そんな美咲さんのコースターブランド「日常と月」は、東京の麹町にある人気の喫茶店「イイジカン」にて、前回の記事でもご紹介した「Romanzo.y」とのコラボアイテムを展示販売する二人展「透過と鱗」を5月11日まで開催中。

コラボ作品用に、初めて鉢を制作

お話を聞かせて頂いたあと、こちらの展示スペースにもにちらっとお邪魔しました。感染防止対策をしっかりとされたお店で安心できる空間です。もしお近くを通りかかることがあれば、落ち着いた店内で、一息ついてみてはいかがでしょうか。

展覧会情報「透過と鱗」(イイジカン)

目の肥えた喫茶店ファンから絶賛されている人気店「イイジカン」。人気のデザートメニューをはじめ、SNSで評判のお店です。

展覧会名:「透過と鱗」
展示期間:2021年4月15日(木)〜5月11日(火)
展示会場:イイジカン-呑める喫茶店-
     〒102-0083 東京都千代田区麹町3-10-8
アクセス:東京メトロ有楽町線麹町駅より徒歩5分
営業時間:平日 11:30-15:30(15:00LO) / 17:00-20:00(19:00LO)
※土日の営業時間、お休みにつきましてはイイジカンのInstagramをご覧ください。
Instagram:https://www.instagram.com/iijikan_koujimachi/
Facebook:https://www.facebook.com/iijikankoujimachi/

土谷美咲さんのコースターブランド「日常と月」

Instagram:https://www.instagram.com/nichijototsuki/
Twitter:https://twitter.com/nichijototsuki
ネットショップ:https://moonmon.thebase.in/

オサくん

オサくん

投稿者の記事一覧

お酒と音楽が大好きな、アラサー男子。もちろん気分は高校生!(恥ずかしい)

アートに限らず、新しい体験を探すことが好きです。
iPadアプリ「プロクリエイト」の修行中。アドバイス求…。
Instagram : @_osakun_ (https://www.instagram.com/_osakun_/)

関連記事

  1. 『あなたが選ぶ展覧会2017』中間発表。エントリー結果速報!
  2. 【オトナのためのエンタメ講座】アメコミ映画『アベンジャーズ』はな…
  3. 【展示場所を探しているアーティストの方へ】渋谷・西麻布のバー「シ…
  4. ようこそ《グラン・ブーケ》の食卓へ。『ルドン−秘密の花園』(三菱…
  5. 金沢に国立工芸館がオープン!コレクションに建築と見どころ盛りだく…
  6. 京都と乃木坂46、刀剣乱舞がコラボ!『KYOTO NIPPON …
  7. 東大寺と東北の深いつながりに思いを馳せて『東大寺と東北 復興を支…
  8. 【インタビュー】あれっ?イメージと全然違う?!写真と実物の大きさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【速報/初公開52点!】2021年秋の木島櫻谷展は日本美術ファン必見!~企画展『木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」』

動物を描く名手として、数年前から人気急上昇中の木島櫻谷(このしまおうこく)。明治から昭和戦前にかけ…

ハスよ咲け!滋賀県「草津市立水生植物公園みずの森」の映える・楽しむ・学べる花の宴を体験してきました

1999年、私は初めて滋賀県草津市にある、琵琶湖のほとりの「草津市立水生植物公園みずの森」にやって…

群馬県各地で「かき氷FES」が開催中!猛暑をしのぐひんやりスイーツの食べ歩きはいかが?

連日30℃以上の気温が予想される酷暑がついに到来しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?毎日身も…

コロナ時代の美術館めぐりの注意点を紹介!自宅でアートを楽しむ方法も

コロナ時代に突入してから、事前予約制を取り入れたり、オンラインで展覧会を配信したりする美術館が増え…

ドイツで買える日本のインスタント麺6種類を食べ比べ!海外限定のおすすめのカップラーメン・袋麺を紹介します!

「楽活」読者のみなさん、こんにちは!ドイツ在住WEBライターのあさひなペコです。ドイツでは…

PAGE TOP