アート

美術館に行ってみない?『大人が観たい美術展2022』で自分の”好き”を見つけよう

「今年は新しい趣味を見つけたいな~」と思いながら1ヶ月が過ぎてしまった皆さん、こんにちは。美術ブロガーの明菜です。それなら、2022年は美術館に行ってみませんか?

心にしみ入る風景絵画や、ワケのわからない形のオブジェ。大昔の偉人が使った茶道具もあれば、達筆すぎて読めない書物。美術館は美と不思議の宝庫で、知的好奇心を刺激される楽しい場所なんです。

美術館に行ってみようかな、と思った方には、ぜひ『大人が観たい美術展2022』を手に取っていただきたいです!

なぜなら、日本には美術館や博物館、記念館、資料館など「○○館」が大量にあり、どこに行けば自分好みの作品に出会えるのかわからないから。わからないまま突撃するのも楽しいですが、下調べしてから訪れたい方は、『大人が観たい美術展2022』を開いてみましょう!

2022年、注目の展覧会がズラリ!

『大人が観たい美術展2022』では、注目の展覧会を「西洋美術」「近・現代美術」「日本美術」の3つの切り口で紹介しています。

作品の写真が大きく載っているので、行ってみたい展覧会がきっと見つかります。今年ナンバーワンかも!? と噂される『メトロポリタン美術館展』の見どころも詳しく載ってますよ!

フェルメール展は、《窓辺で手紙を読む女》が大胆な修復を経て来日することで、大きな話題になっています。修復前は何もない壁でしたが、修復によってキューピッドの絵が出現。フェルメールが描いたキューピッドは、後年に塗りつぶされてしまったのですが、修復によって本来の姿を取り戻しました。

『特別展 国宝 東京国立博物館のすべて』も面白そう。東京国立博物館の創立150年を記念し、同館が所蔵する国宝89件すべてが展示されます。150年の歴史のなかで初めての試みで、奇跡の国宝づくしという贅沢な展覧会。今回を逃したら、次はもう実現しないかもしれません。

個人的には、ボテロ展が気になります。「ふくよかな魔法」のとおり、有名な絵画をふわふわ・ぱんぱんに膨らませたオマージュ的な作品です。

東京だけでなく、全国各地の注目展が網羅されています。2022年の美術館めぐりにお役立てください!

誌上展覧会で美術館を疑似体験

『メトロポリタン美術館展』は2月9日~5月30日まで国立新美術館で開催されますが、それに先駆け、大阪で同展が開幕しました(1月16日に閉幕)。本誌では「誌上展覧会」として、大阪での展覧会の模様が紹介されています。これを見ていると、東京展が楽しみになってきますね~。

会場が違えば作品の見え方も変わってきます。大阪展では会場を広々と使い、しかし隣り合う絵画に関係性を持たせた展示が印象的でした。東京展はどんな風になるのかな。

無料チケットのプレゼントも!

ご購入の読者の皆さんには、なんと総勢100組200名様に当たる美術展の無料観覧券のプレゼントが! メトロポリタン美術館展、特別展ポンペイ、ボテロ展、ボストン美術館展など、本誌で紹介された展覧会のチケットから選んで応募できます。

『大人が観たい美術展』で好きな美術展を見つけよう

ほんの一部のページですが、実は私も執筆しております。1記事まるまる使って宣伝してしまったわけですが、大きくて綺麗な作品画像と、しっかりした作品解説が嬉しい雑誌なので、本当におすすめです。私の担当範囲はごく一部なので、自己宣伝ではなく、客観的なおすすめです!

本誌を読んで、これから始まる展覧会にワクワクしていただけたら嬉しいです。ベテラン美術館めぐらーさんも、初めて美術館に行ってみようと思っている初心者さんも、一緒に美術館を楽しみましょうね!

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. 【Takのアート入門講座】展覧会を楽しむために、ちょっと知ってお…
  2. 彼女が画廊に居る理由ー若手作家・奥野晶が夢をかなえるフィールド・…
  3. 印象派の先にはどんな名品があるの?プチ・パレ美術館展でわかる「印…
  4. こだわりと遊び心いっぱいのプロダクトをパリと日本で発信!PAPI…
  5. 東京での待望の個展!「柴田あゆみ 切り絵展 -ひかりの集い-」速…
  6. 世界が見つめる「JOMON」のすべてが集結!特別展「縄文―1万年…
  7. 大正時代にタイムスリップ!ホテル雅叙園東京「大正ロマン×百段階段…
  8. 【Webで旅気分】百塔の街・プラハで「王の道」を行く-戴冠パレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

ボイジャータロット国際認定ティーチャーが伝えるボイジャータロットの特徴と楽しみ方

「タロットカードをしてみたいけれど、どのカードを選べばいい?」「タロットカードって面白…

京都でしか見られない日本初公開作品100点を含む約200点が来日!アンディ・ウォーホル「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展

ポップ・アートの旗手としてアメリカの大量消費社会の光と影を描いたアンディ・ウォーホル。…

【顔面学講座⑧】男顔・女顔   近ごろ「女顔」のほうが人気なのはなぜ?

ジェンダーフリーやジェンダーレスが叫ばれる昨今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル・…

かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が福岡市美術館で開催

京都・栂尾(とがのお)に位置する高山寺所蔵の国宝『鳥獣戯画』。ウサギやカエルなどの動物たちが擬…

この秋、KITTE丸の内が巨大な切り絵に包まれる!柴田あゆみさん初のパブリックアートが登場!

これまで楽活で強力にプッシュしてきた切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの待望の新作が、9月17日か…

PAGE TOP