アート

若冲の悩みと人生。新発見された作品にも出逢える。

京都が豪雨に見舞われた翌日、渡月橋のたもとにある福田美術館を訪ねました。現在、『若冲誕生~葛藤の向こうがわ~』と題した展覧会が、京都の嵐山にある福田美術館で開催されています。開催期間は2020年7月26日(日)まで。

コロナや豪雨の影響で厳しい状況での開催で、観たくてもなかなか出かけられないという方も多かったのではないでしょうか。幸運にも感染者の少ない静岡に潜んでいた私は、若冲の作品たちに逢いに行くことができましたので少しだけ展示内容をお知らせします。

この展示会の最大のエポックは、ポスターにもなっている初公開の作品「蕪に双鶏図」です。

「蕪に双鶏図」は、なんと制作から200年近く経った2019年4月にその真贋を確認したいと、その所有者から持ち込まれたものだそうです。

今回の展示が初公開のという「蕪に双鶏図」の部分。30代に描かれた作品とは思えないほど精緻なディテールです。

若冲が未だ30代の頃に描かれたこの掛け軸は、才気ほとばしる作品です。

卓越した構成力、細部まで虫眼鏡で視ながら描かれたようなディテール。枯れた蕪(かぶ)の葉っぱの穴から覗ける鶏の羽毛。どこか一箇所でも否があると、一瞬にして薄っベらいものに観えてしまう日本画で、この一幅には一点の濁りも非の打ち所もありません。

本当に30代でここまで描けたのかと、疑わしくもなるような力量を感じさせられます。ここまで流暢に作品を描き上げるためには、きっと多くの絵をじっくり研究し影響された上で、数千枚どころでは収まらない相当数の絵を描いたことでしょう。

「蕪に双鶏図」全体。縦長の掛け軸に描かれたつがいの鶏が、上下に見事なバランスで構成されています。

そして驚くことに、この作品を描いていた頃の若冲は本業の青物問屋(要するに八百屋の卸)の経営に忙しかったはず。この頃の若冲は、いわばアマチュア画家だったわけです。ここに、『若冲誕生~葛藤の向こうがわ~』と題した展覧会の真意が視えてきます。

本業の青物問屋を投げ捨ててでも、絵を描くことに打ち込もうとした若冲の鬼気迫る思いと、父の死で家業を引き継がざる負えなかった現実の葛藤。

その葛藤を乗り越えて、終生絵を描きつづけ、晩年はその絵をもとに無数の仏像の制作監督をしたのだそうです。

本当にやりたいことを見つけやり通した若冲。見事な画家人生を謳歌し、そして今もなお多くの影響を与え続けている伊藤若冲に学ぶべきものは多いのではないでしょうか。

「髑髏図」。骸骨が二つ描かれたこの掛軸は何を意味するのでしょう。

拓版画と呼ばれる技法で表現されたこの「髑髏図」という版画には、「売茶翁高遊外賛」「一霊皮袋 皮袋一霊 古人之語 八十六翁 高遊外」と書かれています。

若冲と交遊のあった売茶翁(ばいさおう)のことが書かれているようです。売茶翁は、

「僧の中には貪りの心を持ち、施しの多い信者にこびへつらったり、布施を求めてはかりごとをしたりする者もいる。それよりは、茶売りをしながら修業をする方がよい」

と喝破して、当時の宗教界の退廃を鋭く批判して市街や名所で煎茶を作り、教えを説いたそうです。その生き方が、人々の共感を呼んだのでしょう。諸行無常を感じさせる、迫力のある作品でした。

意外と思われる方も多いかと思いますが、実は伊藤若冲が広く知られるようになってまだ20年余りです。日本がバブルに浮かれていた頃に、にわかに注目され始めて日本画ブームを再燃させる切っ掛けにもなったのが若冲でした。

さらに、世界に注目される現代美術の作家たちにも大きな影響を与えた画家としても再認識されるべき作家なのです。

「南瓜遊鶏図」若冲の弟、伊藤白歳の描いた作品。

若冲が40歳で画業に打ち込むために家業を離れた後に、青物問屋を引き継いだのが弟の伊藤白歳(いとうはくさい)でした。

忙しく家業を切り盛りしながらも、若冲に教えてもらいながら絵も描いていたといいます。そのためか、細部まで若冲の作風に似ていますが、ユニークな構図に若冲にも勝る大胆さを垣間見ることができます。白歳にとっての絵とは癒やしだったのでしょうか。

福田美術館で一服するならこちら。渡月橋を眺めながら、美味しい珈琲やデザートを戴けます。

私が戴いたベイクドチーズケーキ。お昼がお蕎麦だけだったので、大きめのケーキは一服の救いでした。

若冲に影響を受けたというシューズアーティスト・串野真也さんの展示も必見です。

レディー・ガガも絶賛しているシューズアーティストの串野真也さんは、イタリアに学び、世界で評価されています。

彼もまた若冲の作品に魅了された一人。特に動物や鳥の作品から多くのインスピレーションを受けて、作品を作っています。200年の時を越えて、伊藤若冲が世界中のアーティストの中に生き続けている証拠でもあるのです。

豪雨で泥水がとうとうと流れる川と、山や手前の池の静かさのコントラストをiPhoneで撮影しました。

まるで日本画のような川鵜が佇んでいました。

諦めたように濁流を眺める川鵜を、若冲だったらどう描いたのかなと思いながら渡月橋を渡り、福田美術館を後にしました。

展覧会情報

展覧会名:「若冲誕生 〜葛藤の向こうがわ〜」
会期:開催中~7月26日(日)まで開催
開館時間:10:00〜17:00(最終入館 16:30)
一般・大学生:1,300(1,200)円
高校生:700(600)円
小中学生:400(300)円
障がい者と介添人1名まで:700(600)円
※( )内は20名以上の団体 料金
※幼児無料

佐藤 豊彦

佐藤 豊彦

投稿者の記事一覧

画家。SatoRichmanのペンネームでUNICEFの世界版のポスターやカード、ISETANや三越や高島屋やnikeなどに絵やオブジェを提供。また田中康夫氏や林真理子氏他の小説やエッセーなどにも挿絵を提供。長年、砂で描く画家としても活動している。

関連記事

  1. ミュージアムはお花見の穴場!? 美術館・博物館のお花見イベント3…
  2. 【趣味れーしょん美術館】#005:無限ループ探検物語『小瀬村真美…
  3. 芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!
  4. 東大寺と東北の深いつながりに思いを馳せて『東大寺と東北 復興を支…
  5. イーブイが9人のクリエイターとコラボ!「イーブイズプラスカフェ」…
  6. 『サントリー美術館 プレミアム・セレクション 新たなる美を求めて…
  7. WITH HARAJUKU HALLで好評開催中!「Chocom…
  8. 遠征必至!西洋美術最大の巨匠「カラヴァッジョ」が札幌にやってきた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

福井県産ブランド米「いちほまれ」が美味い!11月からは本田姉妹が出演する新CMも登場!【11/15までプレゼント有】

先日、たまたま別件で楽活編集部に立ち寄ったところ、あるご縁から福井県のブランド米「いちほまれ」を頂…

食べ放題でお腹いっぱいに!横須賀海軍カレー本舗・ベイサイドキッチンが10/23グランドオープン!

2020年10月23日、横須賀で最も活気のある観光・ショッピングの中心地「コースカベイサイドストア…

津軽三味線っていくらするの?独学でもできる?はじめの1歩の前の疑問を解消しよう!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。皆さんは、10万円の定額給付金で何を買いましたか?私は…

首都圏から意外に近い?! 在来線でも行けちゃう!! 所蔵コレクションが豊富な『群馬県立近代美術館』

群馬県高崎市にある県立の都市公園『群馬の森』。4haもある大芝生の広場ではスポーツを楽しむ人やのん…

箱根ラリック美術館は、五感でラリックのドラマチックな世界を楽しめる素敵な美術館でした!

ルネ・ラリックといえば、アール・ヌーヴォーとアール・デコの時代を駆け抜けたジュエリーとガラス工芸を…

PAGE TOP