アート

「天下一」をめぐる、絵師たちの戦い!狩野永徳 vs 長谷川等伯!!

古い物と新しいもの、西洋と日本とがぶつかり合い、ひしめき合った、安土桃山時代。この日本史上、最も豪壮で、エネルギーに溢れた時代を代表する「顔」としては、織田信長や豊臣秀吉などが挙げられるでしょう。

そして、「顔」と言うべき絵画は、何と言っても、この狩野永徳の「唐獅子図屛風」ではないでしょうか。

「唐獅子図屛風」 狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀 東京・宮内庁三の丸尚蔵館蔵 後期展示(11月3日[火・祝]~11月29日[日])

縦2メートル、横4メートルを超す画面いっぱいに描かれた二頭の獅子は、迫力満点。背景の金地とも相まって、豪快で忘れがたい印象を見る人に残します。

この絵の作者、狩野永徳は、本作に見られるような「大画様式」を編み出し、時代をリードした人物です。

信長・秀吉と、二人の天下人に仕え、名実共に「天下一の絵師」となった彼でしたが、やがてその地位を狙う、下剋上の刃が彼に迫ってきます。

今回は、安土桃山時代を代表する絵師・狩野永徳と、彼からもっとも恐れられたライバル・長谷川等伯の二人について、現在、東京国立博物館で開催中の特別展「桃山―天下人の100年―」(~11月29日)の出品作品と共に簡単にご紹介しましょう。

①狩野永徳、「天下一の絵師」への道

狩野永徳は、1543年、京で生まれました。

狩野家は、室町幕府に仕える絵師の家系で、絵師集団・狩野派の中心でもあります。

4代目にあたる永徳は、幼い頃から才に恵まれ、次代を担う「ホープ」として、英才教育を受けて育ちます。9歳の時には、早くも将軍・足利義輝に拝謁(はいえつ)するという栄誉に浴します。

彼が若干23歳の時に、義輝の注文を受け、門人たちを率いて制作したのが、「洛中洛外図屛風」です。

そんな永徳に、さらなる飛躍のきっかけをもたらしたのが、織田信長です。

二人の出会いが、いつどのようなものだったかはわかっていません。信長は永徳の才能を気に入り、御用絵師として安土に招きます。

そこで永徳に待っていたのは、安土城の内部を飾るため、100枚もの障壁画を描く仕事でした。

これまでにない大舞台である一方、万が一描いた絵が気に入られなければ、死を賜る危険もある。まさに、絵筆を武器にしての、信長との真剣勝負と言っても良かったのではないでしょうか?

しかし、永徳はプレッシャーに押し潰されることはありませんでした。

むしろそれを糧に、そして信長という存在に触発されるようにして、これまでにない全く新しい絵画の様式(スタイル)を生み出すのです。

それが「大画様式」です。

「唐獅子図屛風」 狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀 東京・宮内庁三の丸尚蔵館蔵 後期展示(11月3日[火・祝]~11月29日[日])

これは、縦横数メートルの画面の中いっぱいに、樹や獅子などのモチーフを大きく描き出すのが特徴です。

メインモチーフの周囲は余白として残すか、塗りつぶしてしまうため、モチーフの存在感はくっきりと際立ちます。

シンプルで、それ故に力強く、時に画面の枠を越えて、見る人間に向かって迫ってきかねない存在感。

上の「洛中洛外図屛風」のように、わずか数センチの人間やモチーフを緻密に描きこむ伝統寄りのやり方とは真逆です。

が、それ故に、古い伝統に囚われず、自らの手で時代を作ろうとする信長や、彼の作る新しい時代にぴったりなスタイルである、と言えましょう。

信長の死後、後を継いだ秀吉にも永徳は重用され、大坂城や聚楽第など数多の建造物の内部装飾を手掛けていきます。

また、秀吉に倣った、他の大名たちも永徳に絵を注文するようになります。

国宝「檜図屛風」 狩野永徳筆 安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館蔵 展示期間終了

このように秀吉を筆頭に、重要人物たちのために絵筆を振るう永徳は、名実ともに「天下一の絵師」になったのです。

②長谷川等伯、台頭

「天下一の絵師」、すなわち押しも押されぬナンバーワン。

それは一見華やかで輝かしく思えます。

が、膨大な注文を抱え、毎日毎日、「昼も夜もなく」描き続ける生活に、永徳の心身は容赦なく削られていきます。

同じ頃、京では、「天下」を、永徳に対する「下剋上」を狙う一人の男が着々と力をつけつつありました。

長谷川等伯(1539~1610)です。

国宝「楓図壁貼付」長谷川等伯筆 安土桃山時代・文禄元年(1592)頃 京都・智積院蔵 通期展示

京から遠く離れた能登国に生まれ、若い頃は仏画を描いて暮らしていました。

地元では名声を得ていましたが、その地位に安住せず、30代で京に出てきます。

絵師として、もっと上を目指したい!
やるならもっと広く大きな場所で、勝負に出たい!

等伯の中には、そのような思いが燃えていたのではないでしょうか。

ですが、京には既に永徳の狩野派があります。

血筋と才に恵まれたサラブレッドの永徳に対し、北陸のローカル絵師・等伯の不利は否めません。

ですが、彼は諦めませんでした。

「打倒・狩野派!」を目標に、粘り強く、十年以上もの間、努力を積み重ねていくのです。

中国の絵画や室町時代の絵、そして、永徳によって生み出され、流行の最先端となっていた「大画様式」まで、幅広く学び、自分の腕を磨きます。

しかし、いかに腕が立つとしても、一人でこなせる仕事量には限界があります。

彼は、狩野派に倣って門人の育成にも力を入れ、大規模な仕事にも対応できるシステムを整えました。

これらを武器に、等伯は注文を受け、千利休をはじめ自分の支持者(ファン)を増やしていったのです。

こうした積み重ねを十年以上にわたって続け、力と実績、人脈を手にした等伯は、1590年、いよいよ、永徳に対して下剋上を挑みます。

③1590年 等伯からの下剋上に対し、永徳は・・・

バトルの舞台になったのは、秀吉が新たに造営した仙洞御所(せんとうごしょ)でした。

その内部装飾を、本来は狩野派だけが請け負うはずだったのですが、仕事の一部を自分たち長谷川派にまわしてもらおう、と等伯が運動したのです。

明らかな狩野派への挑戦です。

永徳は焦り、そして恐れました。

等伯たち長谷川派が、今回を足掛かりにして、狩野派の追い落としを図るのは明白でした。

このままでは、「天下一」の名前も、天下人の御用絵師という立場も、永徳が、これまでの人生をかけて築いてきたもの全てが奪われてしまう。

かつて信長を倒したのと同じ「下克上」の刃は、今や永徳自身に迫っていました。

そんなことを許してたまるか・・・!

永徳は、必死にコネを駆使して、抗議を申し入れます。

そのおかげで、等伯の割り込みを防ぐことには、どうにか成功します。

が、仕事につぐ仕事で疲弊していた永徳に、この出来事が与えたダメージは小さくありませんでした。

一か月後、永徳は仕事中に倒れ、そのまま数日後に亡くなってしまうのです。

享年48歳でした。

④二人それぞれの生きた証

信長、秀吉、と当代きっての英雄たちに、その才を愛され、「天下一」の地位を手にした永徳。

しかし、彼の作品の多くは建造物と共に失われ、現代まで残っている点数は10点にも満ちません。

また、「天下一」に登り詰めたがゆえに、それを失ってしまうことへの恐怖も、彼を強く苛んだでしょう。彼がそれから解放されることも、恐らく人生最後の瞬間までなかったのではないでしょうか。

そんな永徳を越えるべく、地道に準備を重ねた等伯。

彼は1590年、御所の仕事への割り込みは失敗しましたが、永徳の死後、再びチャンスを掴みます。

秀吉の造営した祥雲寺の障壁画を、長谷川派で請け負うことになったのです。

(再掲)国宝「楓図壁貼付」長谷川等伯筆 安土桃山時代・文禄元年(1592)頃 京都・智積院蔵 通期展示

完成作品の一部が「楓図壁貼付」です。

彼は、ここで永徳から学んだ大画様式を用いていますが、雰囲気は全く異なります。

メインの大樹のまわりに、繊細に描き出した楓の葉や秋の草花を添えることで、空気を和らげ、優しく柔らかな世界を作り出しています。(同じく大樹をメインに据えた永徳の「檜図屛風」とも比べてみてください)

しかし、完成直後、後継だった息子・久蔵に先立たれてしまいます。

新興の絵師集団のトップとして、一人の父親として、彼の受けた衝撃と悲しみは、想像するに余りあります。

それでも、彼は喪失感を乗り越えるようにして、国宝にも指定されている「松林図屛風」などの作品を生み出していきました。

が、結局「天下一」の夢を叶えることはできませんでした。

永徳も等伯も、立場や条件は異なりながらも、己の才を信じ、絵筆を武器に道を切り開き、必死に生きました。

現代まで残る作品は、まさに彼らの生きた証です。

特別展「桃山―天下人の100年」は、そんな彼らの作品を同時に見ることができる貴重な機会です。

この機会に是非、足を運んでください。

展覧会基本情報

展覧会名:特別展「桃山―天下人の100年」
会場:東京国立博物館 平成館
会期:2020年10月6日(火) ~ 2020年11月29日(日)
展覧会公式サイト:https://tsumugu.yomiuri.co.jp/momoyama2020/
※事前予約制

ヴェルデ

ヴェルデ

投稿者の記事一覧

東京生まれ。好きな画家はカラヴァッジョとエル・グレコ。シリアスも好きだけど、笑える話も大好き。歴史上の人物の笑えるエピソードを集めるのが趣味。最近は落語にはまって、レオナルド・ダ・ヴィンチの<最後の晩餐>をめぐるエピソードを「落語仕立て」にして、ブログにアップしたこともある。アート小説を書くのが夢。

関連記事

  1. デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!…
  2. 『あなたが選ぶ展覧会2017』中間発表。エントリー結果速報!
  3. 京都市京セラ美術館のカフェ「ENFUSE」を堪能してきました!
  4. しとやか人形にひとめ惚れ。与勇輝の創作は「存在力」がすごい!『パ…
  5. 若冲の悩みと人生。新発見された作品にも出逢える。
  6. 2020年、日本美術を見るなら三井記念美術館!年間スケジュールを…
  7. アーティゾン美術館がついに開館!大学生まで無料のミュージアム!
  8. 期待の新鋭切り絵アーティスト柴田あゆみさんのアトリエへ遊びに行っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

金沢に国立工芸館がオープン!コレクションに建築と見どころ盛りだくさん!

こんにちは、石川県の金沢市にオープンした『国立工芸館』に早速行ってきた、美術ブロガーの明菜です。…

【インタビュー】あれっ?イメージと全然違う?!写真と実物の大きさのギャップを楽しむ金沢21世紀美術館『コレクション展 スケールス』

写真で知ったアート作品を実際に目にしたとき、「思ったより大きいな」あるいは「想像していたより小さい…

【インタビュー】金沢21世紀美術館「ダブル・サイレンス」をどう楽しむ?アートと自分の接点を見つけよう!

金沢21世紀美術館で、ミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースという世界で知られる二人のアーテイ…

「天下一」をめぐる、絵師たちの戦い!狩野永徳 vs 長谷川等伯!!

古い物と新しいもの、西洋と日本とがぶつかり合い、ひしめき合った、安土桃山時代。この日本史上、最も豪…

【美術史入門】ルネサンス絵画の技法解説①スフマート ~「モナ・リザ」と「ヴィーナスの誕生」の美しさの違いとは?~

美術に興味がなくても、「モナ・リザ」という絵画を知っている人は多いのではないでしょうか。レオナルド…

PAGE TOP