アート

【美術史入門】ルネサンス絵画の技法解説①スフマート ~「モナ・リザ」と「ヴィーナスの誕生」の美しさの違いとは?~

美術に興味がなくても、「モナ・リザ」という絵画を知っている人は多いのではないでしょうか。レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた世界一有名なこの女性は、今でも多くの人を魅了しています。

(ちょっと神秘的すぎて、わたしはちょっと怖いのですが…笑)

しかし!

モナリザを知っている人でも、「いったいこの絵のどこがそんなにすごいんやろ?」と思う人は多いはずです。

実際わたしも西洋美術にハマる前までは、

「モナ・リザってめちゃくちゃ美人でもないし、ダ・ヴィンチは絵はうまいんやろうけど、他にもきれいな絵はいっぱいあるし…なんでこんなにチヤホヤされてるんや?」と思っておりました。(レオナルド・ダ・ヴィンチ様、申し訳ありません)

そんなかつてのわたしのような方々に向けて、ここからは、ダ・ヴィンチがモナ・リザで使用した絵画技法や、モナ・リザが描かれた15世紀後半のイタリア・ルネサンス期で一般的に使われていた絵画技法を紹介します。

技法を知れば、今まで知らなかった絵画の新しい一面に出会えるかもしれませんよ!

「モナ・リザ」に隠された技法・「スフマート」

では、ここで改めて「モナ・リザ」を観察してみましょう。

レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」/引用:Wikipedia

今回特に注目してほしいのは女性の顎(あご)のあたりです。

この顎には、非常に重要な「モナ・リザ」の特徴が、それはそれははっきりと!表れています。

いったい何でしょう…?

せっかちなのですぐに答を言ってしまいますが、

「モナ・リザ」の顎に注目して見てみると、なんだか輪郭がぼんやりしていませんか?

そうなんです、このぼんやりした輪郭は「スフマート」と呼ばれる技法で描かれており、「モナ・リザ」が評価される特徴のひとつです。

「…え、それだけ?」

と思われるかもしれませんが、スフマートはルネサンス期に登場した、とても重要な技法のひとつなのでございます。

スフマートとは、輪郭線をぼかすことで立体感を出す技法です。

一つの色から他の色へと移る際に、色の境目が分からないように境目の色を混ぜ合わせています。

そうすることで、図の周囲に輪郭線がない画像を作り出すことができます。

諸説ありますが、スフマートはレオナルドが作り出した技法だと考えられています。

レオナルドは絵画を描く上で、写実性を重視し、物体を「ありのまま」絵画として描こうと努めました。

何かをありのまま描こうとする場合、実際の物体や人間の輪郭に線はないことから、レオナルドが輪郭をぼかす技法を使用したと言われています。

そう言われてみると、確かに「モナ・リザ」を見ていると、絵の中に描かれた女性があたかも本当にそこにいるような感じがしませんか?

これはレオナルドが登場した15世紀後半以前に描かれた、ルネサンス初期の作品と比較すると一目瞭然です。

ジョット・ディ・ボンドーネ「荘厳の聖母」(部分図)/引用:Wikipedia

明らかにレオナルドの表現方法の方が、よりリアルに近づいています。

このリアルさの追求がルネサンスの特徴なのであります。

レオナルドとは、ある意味真逆なアプローチを取った人気画家とは?!

しかし、多くの画家たちが写実性を追求したルネサンス期において、頑なに輪郭線にこだわり、ある意味時代に逆行した画家もいました。

さて、誰のことだかわかりますか…?

正解は…

サンドロ・ボッティチェリ「東方三博士の礼拝」(部分図)より、画家本人の自画像と思われる部分の拡大図/引用:Wikipedia

サンドロ・ボッティチェリです!

ボッティチェリは、著名な作品「ヴィーナスの誕生」や「春」を描いたルネサンス期を代表する画家ではありますが、その表現方法はレオナルドと大きく異なるものでした。

では早速ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を見てみましょう。

ヴィーナスを見てみると…

サンドロ・ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」(部分図)/引用:Wikipedia

輪郭線がめちゃくちゃはっきりと描かれています。

特にヴィーナスの顎のあたりに注目です。モナ・リザ同様、顎を見ましょう。

これは誰がどう見ても、輪郭が黒い線ではっきりと描かれていますね。

ボッティチェリはレオナルドと同時代を生きた画家でありますが、レオナルドが追求した写実性よりも、全体のバランスや「優美さ」を重要視しました。

また、ボッティチェリは人物を描くとき輪郭線をはっきりと描いたので、「線の画家」と呼ばれることもあります。

ただ、この時代は遠近法の確立や人体解剖に基づいた「写実性の高い絵画」が評価されていったので、悲しいことにボッティチェリのような手法は徐々に時代遅れとみなされるようになっていきました。

一度は時代遅れと呼ばれ、忘れられていたボッティチェリですが、19世紀に再評価され今ではすっかりルネサンス期を代表する画家のひとりです。

もし19世紀に誰もボッティチェリを見出していなければ、もしかするとボッティチェリは今も無名のままだったかもしれないんですよね…。

見つけてもらえてよかった!笑

ちなみに…現在ウフィツィ美術館で最も混雑する展示室は、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」と「春」が展示されている部屋だと言われています。なんだかちょっと救われます。

2018年に念願のイタリア旅行に行ってきました…。ヴィーナスの誕生を初めて生で見て、ほんと綺麗すぎて息をのみました。(写真では全く伝わらない)

モナ・リザはなぜ名画と言われているのか

さて、今回は「モナ・リザ」で使われている技法の中から、特にスフマートを取り上げ、真逆のタッチであるボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」と比較してみました!

「モナ・リザ」はスフマート以外にも、「空気遠近法」など、ルネサンス期を代表する新しい絵画技法を使って描かれています。

そのような「新しさ」や、モデルがわかっていないというミステリアスな点、そして一度盗難されたというドラマ性などが評価され、モナ・リザは「名画」と呼ばれているのではないでしょうか。

このように名画とは、ただ単に「絵がうまい」という基準で決まるのではなく、描かれた歴史的背景や文化的背景、新技術の使用、後世への貢献度など様々な要因から決まります。

アートは、見る人それぞれの感覚で楽しむこともできますが、やはり技法や歴史を学ぶことでより面白さが増します。これはわたしを含む多くのアート好きが感じていることでしょう。

また、最近こういったアートの知識は、社会人が身につけるべき教養としての側面が増してきています。

新しい趣味が欲しい人や、ビジネスパーソンとして何かを学びたい人…色々な人がいると思います。この記事がそんな誰かの「半歩」となって、絵画技法や美術史に興味を持ってくれる人がひとりでもいてくれたら、こんなに嬉しいことはないですね!

参考書籍
早坂優子1996『巨匠に教わる 絵画の見方』視覚デザイン研究所
美術検定委員会2008『改訂版 西洋・日本美術史の基本』株式会社美術出版社

夜の美術史。

夜の美術史。

投稿者の記事一覧

駆け出し副業ライター(26)。生まれも育ちも大阪。最近外資系企業に転職したことをきっかけに上京。標準語がこわい。現在都内で友人とルームシェア中。学生時代に学芸員資格、美術検定2級、世界遺産検定2級を取得。理想の老後は大学に再入学してマニエリスムの研究をすること。

関連記事

  1. 【趣味れーしょん美術館】#006 美術館激戦区、箱根へ行こう!:…
  2. 霧と光で涼を楽しむ。WOWが手がけるデジタルアート庭園
  3. 図録製作秘話もたっぷり聞けたトークイベント「久保佐知恵×おおうち…
  4. 「発酵から再発見する日本の旅」 渋谷ヒカリエ
  5. 毒と共に生きていく?『ヨコハマトリエンナーレ2020』とコロナ禍…
  6. 【展示場所を探しているアーティストの方へ】渋谷・西麻布のバー「シ…
  7. 屏風と庭のカキツバタが饗宴。『光琳と乾山展ー芸術家兄弟・響き合う…
  8. 華やかなファッションと女性の自信『森英恵 世界にはばたく蝶』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

金沢に国立工芸館がオープン!コレクションに建築と見どころ盛りだくさん!

こんにちは、石川県の金沢市にオープンした『国立工芸館』に早速行ってきた、美術ブロガーの明菜です。…

【インタビュー】あれっ?イメージと全然違う?!写真と実物の大きさのギャップを楽しむ金沢21世紀美術館『コレクション展 スケールス』

写真で知ったアート作品を実際に目にしたとき、「思ったより大きいな」あるいは「想像していたより小さい…

【インタビュー】金沢21世紀美術館「ダブル・サイレンス」をどう楽しむ?アートと自分の接点を見つけよう!

金沢21世紀美術館で、ミヒャエル・ボレマンスとマーク・マンダースという世界で知られる二人のアーテイ…

「天下一」をめぐる、絵師たちの戦い!狩野永徳 vs 長谷川等伯!!

古い物と新しいもの、西洋と日本とがぶつかり合い、ひしめき合った、安土桃山時代。この日本史上、最も豪…

【美術史入門】ルネサンス絵画の技法解説①スフマート ~「モナ・リザ」と「ヴィーナスの誕生」の美しさの違いとは?~

美術に興味がなくても、「モナ・リザ」という絵画を知っている人は多いのではないでしょうか。レオナルド…

PAGE TOP