旅・グルメ

クセが強い神社、川越・熊野神社に行ってみた!足つぼロードで悶絶!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。突然ですが、初詣はどこかへ行きましたか?

私は川越の熊野神社に行ってきました!

熊野神社はめちゃくちゃ面白い神社で、おみくじの種類が豊富だったり、「足踏み健康ロード」というバラエティー番組の罰ゲームのようなコーナーがあったりと、とってもユニークなんです。私も実際に行って体験してきたので、楽しさをレポートしたいと思います!

ユニークなおみくじが楽しい!

熊野神社には、色々な種類のおみくじがあります!恋みくじ、こどもおみくじ、血液型おみくじなど、おみくじ自体にキャラがありますよね。もちろん普通のおみくじもあるのですが、悩んじゃうな~。

私も血液型おみくじや扇子おみくじのようにキャラの強いおみくじを引こうと思ったのですが、いや待てよ、と。おみくじのキャラという保険に頼る人生で良いのか?ここは普通のおみくじで大吉か大凶を出し、楽活にネタとして捧げるのがブロガーの使命ではないか?と思ったんですね。

そこで、「大吉か大凶、それ以外はお蔵入り」と念じながら普通のおみくじを引いたところ…

なんと、ヤラセ無し一発目で大吉が出ました!

思うがままになる運だそうです。すごいな~。

ま、このあと別件の取材でカメラを落として壊し、修理費として約3万円の出費がかかるのですが。大吉を引くところで2021年の運を使い果たしたようです。

キャラ強めのおみくじが揃っているので、皆さんも熊野神社で引いてみてはいかがでしょうか?おみくじの種類を選ぶところから既におみくじが始まっている…みたいな気持ちになります!

熊野神社名物「足踏み健康ロード」がヤバすぎる!

熊野神社にしかないものと言えば、「足踏み健康ロード」です!これ凄くないですか、石や木材で足つぼを強烈に刺激する道ができています。

しかも雨上がりなので濡れて色が変わっている…。

石が等間隔ではめ込まれている場所に、靴を脱いで乗ってみたのですが、

痛い痛い痛い痛い痛い!!!

写真では伝わらないと思いますが画角の揺れで伝わって!!

これはちゃめちゃに痛いです~!足つぼマッサージや足つぼボードの経験はあるのですが、今まで受けた刺激の中で格段に痛い!!!もしかして剣山の上に立ってますか?

耐えられなくて「ぎゃっ!!」と言ってしまい、わりと遠くの人を振り向かせてしまったのは申し訳なかったですね。

どのツボがどの臓器とつながっているのか説明するボードもありましたが、正直、足全体が痛かったのでどこが悪いのか判定できません。

足踏み健康「ロード」ですが、最初から最後まで歩き切れる人はいるのでしょうか…私には信じられないです。皆さんもぜひチャレンジを!

普通にお参りもしよう!

さて、ここまで熊野神社がいかに個性的かを紹介してきましたが、普通に由緒ある神社なのでお参りをしましょう!森羅万象を生んだイザナギノミコト、イザナミノミコトが祀られており、開運や縁結びのご利益があるそうです。

私は御朱印を集めているので、熊野神社でもいただきました。

1月に訪れたので「初詣」の印をいただきましたが、時期によっては「春詣」「夏詣」「秋詣」「冬詣」になります。四季詣の4つの印を揃えた人には、七福神財布が進呈されるそうですよ。

小江戸のユニークな神社、川越 熊野神社

クセが強めな熊野神社では、色々な種類のおみくじ、足踏み健康ロードと他ではできない体験ができました!

なお、私が訪れたのは平日だったので混雑は無く、自然にソーシャルディスタンスを確保してお参りできました。

ちなみに、霊視芸人としてブレイク中のシークエンスはやともさんによると、初詣は12月31日までに行けば良いそうです。今年は密を避けるために三が日のお参りは見送った、という方も多いと思いますが、ご自身のタイミングでお参りされてはいかがでしょうか。

川越 熊野神社の詳細情報

場所:〒350-0066 埼玉県川越市連雀町17-1
TEL:049-225-4975
FAX:049-225-4975
アクセス:https://goo.gl/maps/UukoX8mnncxgvxEMA
公式サイト:https://kawagoekumano.jp/

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. 注目の国際芸術祭「ドクメンタ15」の開催見通しは?盛り上がる現地…
  2. 鎌倉時代から軍事基地として栄えた浦賀の魅力を郷土史家・山本詔一先…
  3. ケンブリッジ大学には「ニュートンのリンゴの木」が実在していた!?…
  4. 春はすぐそこまで!群馬の河津桜名所を歩く
  5. 2年に1度の国際現代芸術祭!「中之条ビエンナーレ2021」でアー…
  6. 蓼科の山奥で楽しむ「天空のライブ」!人里離れた隠れ家リゾートで一…
  7. まるで古代遺跡?秘境感漂う産業遺産「浦賀ドック」へ潜入取材!【浦…
  8. ハスよ咲け!滋賀県「草津市立水生植物公園みずの森」の映える・楽し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【顔面学講座⑧】男顔・女顔   近ごろ「女顔」のほうが人気なのはなぜ?

ジェンダーフリーやジェンダーレスが叫ばれる昨今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル・…

かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が福岡市美術館で開催

京都・栂尾(とがのお)に位置する高山寺所蔵の国宝『鳥獣戯画』。ウサギやカエルなどの動物たちが擬…

この秋、KITTE丸の内が巨大な切り絵に包まれる!柴田あゆみさん初のパブリックアートが登場!

これまで楽活で強力にプッシュしてきた切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの待望の新作が、9月17日か…

「縄文アートライフデザイン展」開催!縄文アートに触れられる2日間を楽しもう!

1877年9月16日、アメリカ人の動物学者であるエドワード・S・モースが、東京の品川区・大田区…

TAHITI FESATA 2022 MUSASHIKOSUGI 開催!本場のタヒチを体感しよう!

南太平洋最後の楽園タヒチをコンセプトにした国内最大級のオンリータヒチイベント「Tahiti Fes…

PAGE TOP