投稿者の記事一覧

堀 博美

神戸出身、京都在住のフリーライター。専門はきのこ。きのこライターとしての主な仕事に、書籍「きのこる キノコLOVE 111」(山と渓谷社)「ときめくきのこ図鑑」(山と渓谷社)「ベニテングタケの話」(山と渓谷社)「珍菌」(光文社)「毒きのこに生まれてきたあたしのこと。」(天夢人)などがある。WEBや雑誌、新聞などにも執筆経験あり。

一方で、長年現代アートに携わり、現在も制作活動を続けている。
きのことアートはライフワーク。その他、珍しいお菓子、京都街歩き、同人誌イベント、音楽鑑賞(米良美一さん推し)などに興味がある。

  1. 「森のきのこ倶楽部」サンゴハリタケの18日間連続栽培レポート!数量限定の栽培キットで育てました!

    「めずらしいきのこ」との出会いそのきのこに出会ったのは、Twitterがきっかけでした。「めずらしいきのこ……栽培キット……何のきのこだろう?」「森のきのこ倶楽部®」さんのツイートを読んでサイトに行くと「め…

  2. コロナ禍の中、「遠くへ行く」アーティストならではのやり方とは?アーティスト城戸みゆきさんロングインタビュー!【後編】

    城戸みゆきさんは現代アートの分野で活躍しているアーティストです。国内外のいろいろな場所に赴いて、そ…

  3. アーティスト・イン・レジデンスで見えてきたものとは?アーティスト城戸みゆきさんロングインタビュー!【前編】

    城戸みゆきさんは現代アートの分野で活躍しているアーティストです。国内外のいろいろな場所に赴いて、そ…

  4. 100均を活用してDIYアートグッズ製作! 著作権の切れた名画で身近なアイテムを作ってみました!

    ソフトウェア「センペンバンカ世界の名画606」「センペンバンカ日本の名画808」という名画の画集兼…

  5. 【ソフトウェアレビュー】商用利用OK!世界の名画をガッツリ楽しめるPCソフト「センペンバンカ」シリーズをご紹介!

    東西の名画を家で見ることができる、しかも外出せずに。とはいえ、画像を閲覧するだけだったら、…

  6. 「きのこ心が湧くね」作家・高原英理による、奇想のきのこ文学『日々のきのこ』40年の時間を経て生える!

  7. タケノコの名産地・京都長岡京市は「たけのこスイーツ」もハイレベル!驚きの味覚を楽しんできました!

  8. この冬「POPなきのこ展」が開催!パワーアップして帰ってきた展示の楽しみ方をきのこライターが徹底解説します!

  9. 地元民だけが知る、京都の穴場紅葉スポット!木々が燃えるように色づく、とっておきの「あの」場所とは?

  10. 「塩のアーティスト」山本基へのロングインタビュー! 現代美術作家の新たな挑戦に立ち会う  

PAGE TOP