アート

【速報】ドイツ・ケルン「ルートヴィヒ美術館展」が2022年に東京、京都で開催決定!20世紀美術の軌跡をたどる注目の美術展!

2022年、またも期待の大型西洋美術展が開催されます。

それが、今回ご案内する「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡市民が創った珠玉のコレクション」です。2022年6月29日から始まる東京会場(国立新美術館)、10月14日から始まる京都会場(京都国立近代美術館)と、2会場を巡回。

今回の展覧会名にある「ルートヴィヒ美術館」は、20世紀から現代までの美術作品に特化した世界有数の美術館。したがって、本展では同館のコレクションから選りすぐった、20世紀初頭から現代までの近現代の美術作品152点が来日します。

カジミール・マレーヴィチ《シュプレマティズム 38番》1916年、油彩/カンヴァス、102.4 x 66.9 cm
Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 01294.(Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_d033965_01)

具体的には、ヨーロッパで最大とも言われる同館のポップ・アートのコレクションから、美術館の名前に冠されたコレクター、ペーター・ルートヴィヒをアンディ・ウォーホルが描いた《ペーター・ルートヴィヒの肖像》、ジャスパー・ジョーンズが1950年代にモチーフにしていた数字を描いた作品《0-9》、ロイ・リキテンスタインが機関銃の発砲した瞬間を描いた《タッカ、タッカ》などが登場します。

ワシリー・カンディンスキー《白いストローク》1920年、油彩/カンヴァス、98 x 80 cm
Museum Ludwig, Köln / Cologne, ML 10003.(Photo: © Rheinisches Bildarchiv Köln, rba_d056273_01)

また世界で3本の指に入るピカソのコレクションから《アーティチョークを持つ女》など8点の出展が予定されているほか、ロシア・アヴァンギャルドのカジミール・マレーヴィチ、シュルレアリスムの先駆者マックス・エルンスト、ドイツの戦後の美術に重要な足跡を残したマルティン・キッペンベルガー、ヨーゼフ・ボイスなどの作品も登場する予定です。

市民コレクターの寄贈によって形成されたコレクション

Museum Ludwig, Köln / Cologne © A.R.

最後にルートヴィヒ美術館について、もう少し詳しく説明して速報を締めくくるといたしましょう。ルートヴィヒ美術館があるのは、ドイツ第4の都市であるケルン市。市民コレクターであるルートヴィヒ夫妻の名前にちなんで館名が付けられました。

古来、雄大なライン河沿いの交通の要衝として栄えてきたケルンは、世界最大のゴシック建築として名高いケルン大聖堂やヨーロッパ最古の大学の一つであるケルン大学のほか、数多くの美術館、博物館を擁する文化の薫り高い街です。

同館は、1986年、ケルン大聖堂に隣接したライン河畔に開館。

ヨーロッパで最大とも言われるポップ・アートのコレクションをはじめ、表現主義や新即物主義などのドイツの近代美術、世界で3本の指に入るピカソのコレクション、ロシア・アヴァンギャルドの名品、写真史を網羅する質量ともに優れた写真コレクション、そして世界各地の現代美術の収集により、国際的にも高く評価されています。

こうしたコレクションの数々は、主に市民コレクターによる寄贈によって成り立ってきました。したがって、本展では、作品の寄贈に関わったコレクターたちに焦点を当てています。

美術を愛する多くの市民からの寄贈をもとに、国際的にも評価される一大コレクションを形成していったルートヴィヒ美術館。油彩や彫刻、立体作品、映像、写真を含む152点の来日作品をはじめ、展覧会の詳細は2022年2月頃に明らかになる予定です。それまで、楽しみに待つといたしましょう!

展覧会情報

ルートヴィヒ美術館展
20世紀美術の軌跡ー市民が創った珠玉のコレクション
Museum Ludwig, Cologne – History of a Collection with Civic Commitments

東京会場
会期:2022年6月29日(水)~9月26日(月)
毎週火曜日休館
開館時間:10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00 まで
※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室2E
主催:国立新美術館、ルートヴィヒ美術館、日本経済新聞社ほか
協賛、後援、協力:未定
お問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
国立新美術館ホームページ: https://www.nact.jp

京都会場
会期:2022年10月14日(金)~2023年1月22日(日)
会場:京都国立近代美術館
主催:京都国立近代美術館 、ルートヴィヒ美術館、日本経済新聞社ほか
協賛、後援、協力:未定

かるび

かるび

投稿者の記事一覧

メーカー、IT企業で勤務後、41歳にして1年間のサバティカル休暇へ突入。現在は、ブロガー&Webライターとしてアートや映画について主催ブログ「あいむあらいぶ」(http://blog.imalive7799.com/)にて日々見聞きした出来事を書き綴っています。

関連記事

  1. 「塩のアーティスト」山本基へのロングインタビュー! 現代美術作家…
  2. ポップで楽しい世界をさまざまなアートで表現!『トムとジェリー カ…
  3. 開館半年で大幅パワーアップ!福田美術館のオリジナルグッズを一挙紹…
  4. 感動のSF体験!「スター・ウォーズ アイデンティティーズ:ザ・エ…
  5. 着物で世界をひとつに!平和への壮大な夢が詰まったKIMONOプロ…
  6. 【Webで旅気分】ドイツの古都、ドレスデンは「エルベ川の真珠」と…
  7. 金沢といえば兼六園とレトロ建築!おすすめの観光・お散歩コースを紹…
  8. 【ミュージアム・プレイリスト】第3回 皇妃たちの音楽『ショーメ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

秋の京都で紅葉狩り!南禅寺・永観堂から慈照寺(銀閣寺)絶景お散歩コースをご紹介!

こんにちは、京都に移住した美術ブロガーの明菜です。寒がりな自宅警備員なので、おうちでぬくぬくしたい…

やきもの好き必見の有田陶器市!秋の有田陶磁器まつりをたくさんの写真で紹介!陶器市の攻略法解説も

みなさん、やきものといえばどこを思い浮かべますか?日本全国、様々なやきものがあり、有名なと…

地元密着型の老舗映画館!横浜『シネマ・ジャック&ベティ』の魅力に迫る!

『シネマ・ジャック&ベティ』は、横浜・若葉町にあるミニシアター。映画ファンはもちろんのこと…

自宅でも再生可能?!美術展で増える「スマホ音声ガイド」の特徴や活用方法を徹底解説します!

突然ですが、みなさんは美術館や博物館に行った時に音声ガイドを借りますか?「必ず借りる」「よく知…

【群馬県下仁田発】心癒す音色を奏でるオルガニートオルゴール「GARYU雅流(がりゅう)」

群馬県甘楽郡下仁田町。自然あふれるのどかな町で今日もオルガニートオルゴールの音色が流れています。「…

PAGE TOP