アート

アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。突然ですが、2019年はオランダの巨匠レンブラントの記念イヤーであることをご存知ですか?

レンブラント・ファン・レイン《夜警》(1642年)

レンブラントは光と闇を対比させた劇的な絵画が特徴の画家。大きな画面に躍動感のある人々が描かれた《夜警》は、誰もが知る名画です。今回は《夜警》を収蔵する『アムステルダム国立美術館』を紹介していきます。

アムステルダム国立美術館

17世期に活躍したレンブラントの没年は1669年なので、2019年は『レンブラント没後350年』のメモリアル・イヤー。この記念すべき年に、アムステルダム国立美術館では《夜警》の公開修復が始まりました。

《夜警》公開修復の様子

絵画の経年変化や傷による変色などを修復するのはよくある話。ですが、『公開』という部分が画期的!しかも、インターネットを通じて修復の様子はライブ配信されます。

《夜警》公開修復の様子

《夜警》と機材はガラスケースに覆われているので、鑑賞者はガラスの外側から様子をうかがうように見ます。私が訪れたのは2019年9月。ちょうど機械で絵画をスキャンしているところでした。

《夜警》の大規模な修復は40年ぶりで、今回は刃物で傷つけられた箇所の変色などを修復するそうです。終了まで数年かかる予定なので、生で修復を見るチャンスはまだまだあります!

ヨハネス・フェルメール《牛乳を注ぐ女》(1658-1660年頃)

レンブラントの他、フェルメールなどの名画も鼻が触れそうな距離で見ることができます。展覧会のため何度か日本にも来日しているフェルメール《牛乳を注ぐ女》も、アムステルダム国立美術館で見られます。《夜警》と並んで人気の絵画で、常に人が集まっています。

ヨハネス・フェルメール《青衣の女》(1663-1664年頃)

アムステルダム国立美術館には、フェルメールの作品が4つ収蔵されています。《牛乳を注ぐ女》に加え、《青衣の女》《恋文》《小路》です。

ヨハネス・フェルメール《恋文》(1669-1670年頃)

私が訪れたとき、《小路》は残念ながら展示されていませんでした…お休みか貸出中か不明ですが、はるばる日本からやってきたのに、見られないものがあると打ちひしがれますよね。

アムステルダム国立美術館 展示風景

さて、当館は『アムステルダム国立美術館』と訳されていますが、美術館というより博物館。貴重な歴史的コレクションが充実しており、丸一日いても足りないほど。

《Prayer nut》(1500-1530年頃)

私が一番驚いたのが『Prayer nut』です!「くるみ」ほどの小ささなのに、聖書の一場面が彫られている超絶技巧の代物。木材と金属を使って、半球がパカパカ開くようになっています。

ロザリオに付ける『Prayer nut』はオランダのデルフトが発祥。この信じられないほど細密に彫られた掌の上の芸術を持つ人は、やはり人に見せびらかして楽しんでいたようです。いつの時代も人間は変わらないものです。

出島の模型(1850-1851年)

オランダのすべてを知りたいなら丸一日かけてアムステルダム国立美術館を楽しむべし!ですが、「時間が無いからレンブラントやフェルメールだけ見たい!」という方は、2階の『名誉の間』へ向かえばOK!名誉の間に有名作品が固まっています。

名誉の間

オランダに行くなら、アムステルダム国立美術館を外さないでくださいね。レンブラントやフェルメールがあなたを待っています!

アムステルダム国立美術館 公式ホームページ:https://www.rijksmuseum.nl/en

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

「芸術鑑賞はエンタメ!」
を伝えるため、勢いと慣性に任せた自由ブログ「アートの定理」を運営中。展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴る普通のブロガーです。[楽活]では美術館へのハードルを下げ、テンションの上がる記事を書いています。アートのある楽しい生活へのお手伝いを、させてください。

関連記事

  1. オトナにうれしい夜の水族館で、イルカとデジタルアート花火に興奮!…
  2. 「日本刀の華 備前刀」
  3. 注目の国宝「葛井寺・千手観音菩薩坐像」の展示も!仁和寺展の後期展…
  4. 【オトナのためのエンタメ講座】アメコミ映画『アベンジャーズ』はな…
  5. ようこそ《グラン・ブーケ》の食卓へ。『ルドン−秘密の花園』(三菱…
  6. 幸せがほとばしる!アール・デコの美術館でルネ・ラリックのガラスを…
  7. チームラボ ボーダレス、お台場に今夏オープン! チームラボ初の国…
  8. わたしの新しいモネの見つけ方:「モネ それからの100年」横浜美…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【展示場所を探しているアーティストの方へ】渋谷・西麻布のバー「SIX SENSE」が展示施設無料提供中です!

以前、楽活編集部にてオープニング・パーティの様子を取材させて頂いた、プロジェクション・マッピングと…

「東京 TOKYO / MIKA NINAGAWA」で蜷川実花さんワールドに触れてきました!

6月12日(金)から渋谷パルコ4F・PARCO MUSEUM TOKYOで開催している蜷川美花さん…

今、オンラインが熱い!Withコロナ時代の4つの新しい美術鑑賞のあり方を一挙紹介!

緊急事態宣言が解除されて早くも約1ヶ月が経過しようとしています。3月頃から始まった約2ヶ月間の自粛…

どんなアーティスト?見どころは?『オラファー・エリアソン ときに川は橋となる』を徹底紹介!

こんにちは、久々に美術館に行って息を吹き返した、美術ブロガーの明菜です。話題の現代アートの…

未公開作品大量32点!嵯峨嵐山文華館「いちからわかる 円山応挙と長沢芦雪」

いよいよ梅雨入りが近づいてきたのか、最近どことなく湿度が上がってきたような気がします。緊急事態宣言…

PAGE TOP