旅・グルメ

実は2種類あったベルギーワッフル!2つの違いやブリュッセルのおすすめカフェ店舗も!

皆さん甘いもの好きですか?8泊9日かけてベルギーを取材した美術ブロガー、明菜です。前回のオランダビール編に続き、今回も美術ではなく、ワッフルを紹介させてください!

ベルギーと言えば、ワッフルやチョコレートなど甘いものですよね。フランスの美食文化を受け継いでいるのでどこで何を食べても美味しいのですが、今回はベルギーに来たら外せないワッフルを紹介していきます。おすすめの店舗も載せました!

ベルギーワッフルは2種類!呼び方にも注意

ベルギーでは「Waffle(ワッフル)」のことを「Gaufre(ゴーフル)」と呼ぶお店が多いです。注文時は「ワン・ワッフル・プリーズ」で通じますが、メニューに「ゴーフル」と書いてある場合があるので、覚えておいてくださいね。

またベルギーワッフルには2種類あって、「リエージュ・ワッフル」「ブリュッセル・ワッフル」があります。違いを紹介していきましょう。

リエージュ・ワッフル

日本のコンビニでも買えるワッフルに近いのが「リエージュ」の方。形は丸いものが多く、外はカリカリ、中はフワフワ食感です。キッチンカーでも買えて、2ユーロとお安いのに美味しい!

手で持ちやすいので、食べ歩きなら「リエージュ」ですね。というか、イートインが無いところはリエージュを売っていることが多いです。トッピングが選べる店舗もあります。

ブリュッセル・ワッフル

「ブリュッセル」の方は、日本ではほとんど買えないんじゃないかな?長方形で、サクサクしたパイのような食感です。生地にほんのり甘みがついていますが、豪華にトッピングをしてフォークとナイフで食べましょう!

あまりにもサクサクなのでボロボロになりやすく食べるのが難しいのですが、ご安心ください。ワッフルの格子に沿ってナイフを入れると、崩れにくいです!9日間もワッフルを食べ続けた私が言うので、間違いありません。

ブリュッセル・ワッフルのおすすめ店舗

それでは、日本では食べられないブリュッセル・ワッフルが食べられるおすすめ店舗を紹介していきます!

①メゾン・ダンドワ

『メゾン・ダンドワ』はワッフルの老舗で、大丸東京にもお店を持っています。でも、カフェスペースで食べられるのはベルギーならでは!トッピングは無し・1つ・2つから選ぶことができました。私のおすすめはチョコとイチゴ!

写真の店舗の住所:Galerie du Roi 2, 1000 Brussel, Belgium

②ヴィタメール

『ヴィタメール』は日本でも人気のショコラトリー。「Gaufre Wittamer」というワッフルのメニューには、たっぷりのホイップクリームがついてきます。天気が良ければテラス席でワッフルをいただきましょう!

写真の店舗の住所:Place du Grand Sablon 6-12-13, 1000 Brussel, Belgium

③モカフェ

夜遅くまで営業しているお店なら『モカフェ』がおすすめ!23時まで営業しているので、ベルギービールとワッフルの組み合わせも良いですね。トッピングが多いのが特徴で、「フルーツ」と言ったらてんこ盛りで出てきました!

写真の店舗の住所:Galerie du Roi 9, 1000 Brussel, Belgium

ワッフルのトッピングについて

ワッフルはプレーン(トッピング無し)でも注文できますが、せっかくならトッピングして貰いたいですよね?トッピングの中でも王道なのが、「ホイップクリーム」です。「ホイップクリーム」のことをオランダ語で「slagroom(スラグルーム)」と言うので、この単語は覚えておいた方が良いです!

首都ブリュッセルはフランス語とオランダ語が多く、英語表記は少ないです。店員さんへの注文は英語で問題無いのですが、「slagroom?」と聞かれることがなぜか多かったです…英語だと思ってるのかな?

発音が似ている英語の「slug」はナメクジの意味なので、初めて「slagroom」と聞いたときはギョッとしましたが、あれはナメクジではなくホイップクリームだったのです…ほっ…。

番外編・ゴディバ

ベルギーのチョコレートと言えば、ゴディバですよね。ワッフルこそ無いのですが、カフェスペースでゴディバのチョコレートを食べられるので、紹介しちゃいます!ワッフルじゃないけど!

ゴディバのチョコに浸したイチゴ『Dipped Strawberries』は日本では食べられないので、ベルギーでぜひ食べてきてくださいね。イチゴが大きくてジューシーで、チョコの風味と合わさって美味しかったです。

写真の店舗の住所:Grote Zavel 47/48, 1000 Brussel, Belgium

ベルギーワッフルまとめ

ベルギーワッフルには2種類あり、日本で食べるワッフルに似ているのが「リエージュ・ワッフル」、サクサクでパイのような食感なのが「ブリュッセル・ワッフル」です。ベルギーに行ったら、ぜひおすすめしたカフェでワッフルを楽しんください!

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

「芸術鑑賞はエンタメ!」
を伝えるため、勢いと慣性に任せた自由ブログ「アートの定理」を運営中。展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴る普通のブロガーです。[楽活]では美術館へのハードルを下げ、テンションの上がる記事を書いています。アートのある楽しい生活へのお手伝いを、させてください。

関連記事

  1. 【てつとび】鉄旅編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原の…
  2. 【Recipes of masterpiece】JAZZYなブル…
  3. 【パパと一緒に】子供も大好き?!自動車文化を無料で楽しめるテーマ…
  4. 【Takのアート入門講座】いつもと違ったルートで展覧会へ行こう!…
  5. 初夏の爽やかな夜にアートを。今週末、六本木アートナイト2018開…
  6. 下町情緒溢れる柴又にアートルームが誕生。ゲストハウス「柴又 FU…
  7. 食べるコミュニケーションって?「おべんとう展」を食べつくそう!:…
  8. 京都・嵐山に高級リゾートホテル「MUNI KYOTO」が2020…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

渋谷のバー「Six Sense」が新たな現代アートの発信基地に?!第1回はロシアのアーティストEvgeny Ches氏が登場!

最近、公園や映画館、レストランなど美術館以外でも様々な場所でカジュアルに現代アートを楽しめる場所が…

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。…

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

PAGE TOP