旅・グルメ

オランダ・ハーグの観光まとめ!美術館、カフェ、雑貨の街歩き【明菜のオランダ・ベルギー紀行 vol.4】

こんにちは、過去のバラエティ番組の総集編を見て「密!」と言って遊んでいる、美術ブロガーの明菜です。

皆さんは、コロナが収束したら行きたい場所はありますか?私はオランダのハーグにもう一度行きたいです!

ハーグには2019年9月に初めて行って、過ごしやすさに感激しました。オランダは首都アムステルダムを拠点に観光する方が多いのですが、ハーグを拠点にするべきではないかしら?

ハーグに8泊してみて、この街なら住めると本気で思いましたもん。大都会でもなく田舎でもなく、ちょうど良い街なんです。

今回はハーグってどんな所なのか紹介していきますね。おすすめの美術館、雑貨屋、カフェをご覧ください!

絶対外せない!マウリッツハイス美術館

ヨハネス・フェルメール《真珠の耳飾りの少女》

ハーグには、オランダに来たら絶対に外せない『マウリッツハイス美術館』があります。フェルメールが描いた有名な《真珠の耳飾りの少女》がここに!フェルメールはオランダを代表する画家。本作は直に見ると瑞々しくて惚れそうになります。

内装やシャンデリアも、美術品に負けず劣らずの存在感で、貴族気分を味わえる美術館。レンブラントなど美術史に名を残す巨匠の作品を、貴族のお屋敷のような建物で見られました。

マウリッツハイス美術館にはレストランもあるので、ランチやディナーにもおすすめ!オランダ名物のコロッケを注文したところ、パンに乗っかって出てきました。日本のカツサンドみたいなものでしょうか?

店内の雰囲気もいい。マウリッツハイス美術館でアート鑑賞→レストランという最強デートコースが1つの施設で完成します。

歴史あるハーグの街歩き

さて、ハーグは美術館も楽しいですが、街歩きも最高なので、ぜひブラブラお散歩してみてください!

可愛い雑貨が好きさんにオススメのお店が、『DILLE & KAMILLE』です。オランダのユトレヒト発祥の雑貨屋で、木や布などナチュラル素材の雑貨が人気。キッチン用品や紅茶、ジャムなど、生活に潤いを与えるアイテムがたくさんあります!

ハーグにはカフェもたくさんあるので、カフェめぐりも良いですね。おすすめは『The Chocolate Company Cafe』です。オランダで展開しているカフェで、

CH

CO

のロゴが目印!

ホットミルクに溶かす、チョコレートの塊が棒の先についてる商品、あるじゃないですか。あれの専門店みたいなイメージ。たくさんのチョコレートの中から好きな味を選んで注文し、ミルクに溶かして飲めるカフェです。

CHCOに初めて入ったとき、体調がやや優れなかったので、あたたかいチョコレートとミルクのマリアージュに救われました…その割には大きなアップルパイも食べてて元気じゃないかって話ですけれども。(オランダはアップルパイも名物)

最後に紹介したいのが、オランダのスーパー『Albert Heijn』です。ここで買ったビールとお菓子をホテルで楽しむのが、ハーグでの私の生活でした。

スーパーで買える激安ビールは、こちらの記事でレビューしました!

甘いお菓子はこちらの『mini Stroopwafels』が超おすすめ!イチゴジャムが薄いゴーフルの間に挟まっているお菓子。Albert Heijnのロゴがあるとおり、このスーパーでしか買えないお菓子です。

地元の人が使うスーパーなので、生活に必要なものは何でも揃います。お菓子や洗剤などが無くて困ったら、Albert Heijnで探してみましょう。

オランダ散策の注意点

さて、オランダの街歩きで注意してほしいことが2つあります。

①信号が無いから自転車や車に気をつける

②「コーヒーショップ」には入らない

1つめの「信号が無い」のは本気でビックリしました。ほとんどの交差点で、歩行者も自動車も信号が無く、うまく空気を読み合って進行します。なぜ事故らないのか不思議…

横断歩道はあるけど信号は無い。2台の自動車はぶつかることなく上手に交差しました。

自動車が危ないのはもちろんですが、自転車も危ないです。日本人がイメージする自転車とは比にならないスピードで飛ばしてくるので、道路を渡るときは自転車も警戒してくださいね。

2つめの注意点は、「コーヒーショップ」です。看板に「Coffee shop」と書かれているお店は、普通のカフェではありません。大麻などソフトドラッグが手に入るお店なので、近づかないことをおすすめします。

オランダでは一定の量以下なら大麻を持っていても捕まらないので、そういうお店が表通りに堂々と存在します。普通のカフェの看板は「Café」なので、こっちで休憩しましょうね。

オランダ行くならハーグを拠点に!

ヨーロッパはオランダの他に、イギリス、フランス、ベルギーにも行ったことがあるのですが、オランダが断トツで暮らしやすいと思いました。オランダの中だと、ハーグはアムステルダムより治安が良い感じで、住んでみたい都市ナンバーワンです。

世界的な名画が見られる美術館もあり、雑貨屋・カフェめぐりもできたので、「もしかして私、この世の全てを手に入れたのかな?」と本気で思いました。海外なので安全には気をつけつつ、ハーグで素敵な体験をされてはいかがでしょうか?

大好評!アートブロガー明菜さんによる【明菜のオランダ・ベルギー紀行】シリーズの過去記事はこちらからどうぞ!

【安くてウマい!】日本人が知らないオランダ・ビールの世界【明菜のオランダ・ベルギー紀行 vol.1】
https://rakukatsu.jp/beer-in-the-netherlands-20190912/

実は2種類あったベルギーワッフル!2つの違いやブリュッセルのおすすめカフェ店舗も!【明菜のオランダ・ベルギー紀行 vol.2】
https://rakukatsu.jp/belgium-waffle-20190926/

アムステルダム国立美術館で必見のレンブラントとフェルメール!【明菜のオランダ・ベルギー紀行 vol.3】
https://rakukatsu.jp/rijksmuseum-rembrandt-vermeer-20191016/

アントワープの見どころを紹介!ルーベンスとダイヤモンドの街【明菜のオランダ・ベルギー紀行 Vol.5】
https://rakukatsu.jp/antwerp_20200908/

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. 塩麹と醤油麹の失敗しない作り方!鶏肉や豚肉を使ったレシピによる食…
  2. 初夏の爽やかな夜にアートを。今週末、六本木アートナイト2018開…
  3. 首都圏から意外に近い?! 在来線でも行けちゃう!! 所蔵コレクシ…
  4. 首都圏から気軽に行ける!山梨県の「芸術の森公園」でアートの秋を満…
  5. 下町情緒溢れる柴又にアートルームが誕生。ゲストハウス「柴又 FU…
  6. ケンブリッジ大学には「ニュートンのリンゴの木」が実在していた!?…
  7. 体が温まる!台湾のポカポカスープ「麻油鶏」を本場のレシピで作って…
  8. 京都と乃木坂46、刀剣乱舞がコラボ!『KYOTO NIPPON …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

【宝塚歌劇の基本のキ!】宝塚ってどんなところ?初心者向けの入門情報やお家で公演を楽しむ方法を詳細解説!

キラキラとした華やかなレビューで有名な宝塚歌劇。「一度観てみたいと思っているけれど、なんとなくハー…

【美術史入門】ルネサンス絵画の技法解説②カンジャンテ~ミケランジェロの優れた色彩感覚が活かされた独自技法とは~

こんにちは、ライターの ”夜の美術史。” です。新型コロナウイルスの影響で、気軽に海外旅行に行けな…

古墳王国・群馬の個性的な埴輪を一挙にご紹介!古代ロマンあふれる1500年前のキュートな作品揃い!

突然ですが、古墳や埴輪に興味ありますか?筆者の住んでいる群馬県にはたくさんの古墳があり、埴…

知識ゼロでもOK!ギリシャ神話のとっておきのエピソードを西洋美術の名画で解説します!

遥か古代から伝わるギリシャ神話(ギリシア神話)は、数多くの西洋美術作品のモチーフに使われています。…

デパ地下のお惣菜でおうち時間をちょっと豊かに。日本最大級の地下食料品エリア・横浜高島屋「Foodies’Port」に行ってみた!

こんにちは。家族の事情で海外暮らし、7年ぶりに戻った日本の食事に感動している食いしん坊の“maya…

PAGE TOP