アート

手頃な予算で楽しめる!石の祭典 ミネラルショーに行ってみた!

突然ですが、皆さんはミネラルショーをご存知でしょうか?響きだけだと「なんだかアヤシイ……」と思う方もいらっしゃるかもしれません。今回は、以前からミネラルショーに興味があった私の【ミネラルショー初潜入レポート】をお届けいたします!

ミネラルショーとは?

ミネラルとは英語で【鉱物】という意味で、ミネラルショーは【鉱物の展示即売会】を指します。

全国から鉱物を取り扱うお店が出店するため「鉱物に興味があるけどどこで買えばいいかわからない」という方にぜひ足を運んでいただきたいイベントです。

日本でミネラルショーが開催されたのはおよそ20年前。

ご存知なかった方も多いと思いますが、海外のディーラーも参加する活気ある空間です。毎年6月に開催される「東京国際ミネラルフェア」(150を超える国内外のお店が出店。約3万人が来場)や、12月に池袋で開催される「東京ミネラルショー」が代表的ですが、この他にも各地で定期的にミネラルショーが開催されています。

予算は一万円!どんな石が買える?

ミネラルショーで並ばれた美しい石たち。どれを選ぶか迷ってしまいます。

今回私が訪れたのは、東京・両国で開催されたミネラルショーです。入場料は無料。予約も必要なかったため、ふらっと気軽に足を運ぶことができました。パンフレットをもらい、いよいよ会場へ。鉱物を扱うお店が所狭しに軒を連ね、たくさんの方がお宝探しに夢中になっていました。

私も負けてはいられないと、まずは会場を一周。鉱物初心者である私は、お手頃な鉱物をゆっくり探すことにしました。

ちなみに今回の予算は一万円。

どのような子をお迎えできるか、少しの不安と期待でドキドキしながらお店巡りをスタート。順調に歩みを進めていくと、千円というお手頃価格で販売しているお店や、ずっと欲しかった鉱物を売っているお店を発見!計3軒のお店でお買い物をしました!

今回の購入品を一挙紹介!

ミネラルショーは、鉱物だけでなく、宝石やアクセサリーなどを販売するお店も出店しています。ただ鉱物のありのままの美しさに惹かれていた私は、今回は鉱物のみ購入。手に入れた子を魅力とともにご紹介していきましょう!

水晶

水晶は、鉱物といったら真っ先に思い浮かぶ、お馴染みの鉱物ですよね。先端がとがった透明な六角柱の結晶は、古来より大勢の人々を魅了してきました。昔は氷の化石と考えられていたそうで、アメリカやオーストラリアの原住民は、水晶をお守りとして大切にしています。

今回は写真の水晶を千円で購入することができました!世界でもっとも多く存在する鉱物、石英の結晶版である水晶は、他の鉱物よりも比較的お手頃に購入できます。

アメジスト

紫水晶とも呼ばれるアメジスト。2月の誕生石で、石言葉は誠実・平和です。微量の鉄と天然の放射能によってこのような紫に発色します。じつはアメジストは、ギリシャ語で「酔わない」という意味。なぜ「酔わない」が語源になっているかというと、昔アメジストは酒の悪酔いを防止すると考えられており、粉末の薬にして人々を助けてきたからなのだそう。

こちらは二千円でゲットしました。紫色が濃く、透明度が高いほど良いアメジストとなります。日光に当てると紫色が薄くなってしまうので、できるだけ暗いところで保管するようにしましょう。

ラピスラズリ

日本では瑠璃とも呼ばれるラピスラズリ。特に美術が好きな方は聞き覚えのある鉱物かと思います。そう、フェルメールが名作「真珠の耳飾りの少女」などで用いた「青」の絵の具の原料です。

宇宙に浮かぶ星々のように、濃い青の中に金の粒が入り混じっています。フェルメールの時代は金と同程度の価値があったラピスラズリですが、今回は二千円でゲットすることができました。

ペンタゴナイト

ペンタゴナイトは、白い結晶の上に小さな青い結晶がついた鉱物です。

白の結晶は丸くてふわふわ、青の結晶はトゲトゲした見た目で、まるで雪山に咲いた青いバラのような奇跡的なビジュアル。こちらは2千円で購入。店員さんに「可愛い子を選びましたね」と言ってもらえた、お気に入りの子です。

玉滴石(ハイアライト)

グレーのマグマが固まったかのような見た目の鉱物、ハイアライト。今回購入した他の鉱物よりも控えめな見た目ですが、ブラックライトを当てると一変。結晶の原子が紫外線に反応し、鮮やかな蛍光色の光を放ちます。こちらは三千円で購入しました。

以上、今回一万円の予算で購入できたのは計5点の手乗りサイズの鉱物です!同じ鉱物でも一つとして同じ姿の鉱物はないので、どの子をお迎えしようか決めるのはとても大変な作業でした。ただそれだけ選んだ鉱物はかわいくてしかたがないです!

ミネラルショーと鉱物の魅力

かわいい鉱物たちにメロメロです。

いかがでしたでしょうか?キラキラと輝く石に囲まれた空間はまさに異空間。非日常を味わえるので、その場にいるだけでも楽しいです。鉱物はインテリアとしても優秀なので、興味が出てきたという方は、ぜひお迎えして自然の神秘をお家でも感じてみてください。きっと沼に落ちますよ。

ミネラルショーによっては入場料がかかったり、事前予約が必要になる場合があるので、よく概要を確認してから遊びにいってくださいね!

rum

投稿者の記事一覧

ときめきのある生活を大事にしています。
好きな画家は、マリーローランサン・竹久夢二
好きな作家は、森茉莉・三島由紀夫
アンティークを含めたインテリアが好き。そして健康オタクです。

関連記事

  1. 清春芸術村は素敵な建物に出会えるアーティストコロニー!文豪やアー…
  2. 藤田嗣治の魅力を再確認できる、日本初の個人美術館 軽井沢安東美術…
  3. 伝説の音楽プロデューサー月光恵亮氏がNFTとリアルの両方を一つに…
  4. 首都圏から気軽に行ける!山梨県の「芸術の森公園」でアートの秋を満…
  5. いつでもどこでもアートと一緒!憧れの絵画を指先に描く「絵画ネイル…
  6. 【速報】待望のフェルメール展詳細レポート!《窓辺で手紙を読む女》…
  7. 注目の国際芸術祭「ドクメンタ15」の開催見通しは?盛り上がる現地…
  8. 今、clubhouseで起きていること。独自の展開を続けるclu…

シネマ

アート

おすすめ記事

ニューヨーク・コンフィデンシャル エピソード3

このコラムでは、「どうせ私なんか…」というセリフが頭に浮かんでいた日本での私が、多様性の都とい…

3,000点を超えるフィギュアに心酔!『海洋堂フィギュアミュージアム ミライザ大阪城』

皆さんは子どもの頃、「大人になって大金持ちになったらこれをするんだ……!」と心に誓った夢はあります…

リーガロイヤル京都でブランドいちごフェア「Strawberry Fair 2023 ~スイーツトリップ× 大分県ベリーツ~」開催中!

2022年の流行語に「ヌン活」がノミネートされるなど、ますます人気が高まるアフタヌーンティー。…

現在公開中!映画『THE FIRST SLAM DUNK』号泣する人続出!「20年以上待った甲斐があった…」という声も。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」や「天才ですから」など、有名なセリフを数多く残すバスケットボー…

【展覧会レビュー】「浮世絵と中国」は浮世絵に描かれた意外な中国文化を楽しめる好展示!(太田記念美術館)

浮世絵を専門とする美術館は数多くありますが、ここ数年、ユニークな切り口の企画展でアートファンを楽し…

PAGE TOP