くらし

3高→4低→3生って何?

「3高」というワードをお聞きになったことがある方は多いと思います。

昔、昔、あるところにバブルという時代があり、この時に良く言われた女性が男性に求める結婚条件ですよね。

≪3高≫

・高学歴…大卒もしくは院卒・一流大学卒
・高収入…年収1,000万円以上
・高身長…180㎝以上

こうした結婚条件は時代と共に変化します。

「4低」というワードをご存知でしょうか。

≪4低≫

低姿勢…威張らない・偉そうな態度を取らない
・低依存…家のことを妻に丸投げしない
・低リスク…リストラの心配がない、安定した仕事に就いている
・低燃費…浪費家ではない、趣味にお金をかけない

偉そうにしたり威張ってはダメ、家事は男性も積極的に参加するべき、リストラの心配がない公務員がベスト…と、注文が細かくなってきた感があります。

出世より家庭とパートナーを重視し手堅く生きる男性のイメージで、例えば、「わナンバー(レンタカー)のベンツでも恥ずかしくない」、「ベンツや別荘など憧れの対象はない。但し、日常生活の質を高めたい」という人が求められています。

これまで当たり前とされてきた、男性像・女性像に変化が訪れたとも言えるでしょう。「男性はリードして当たり前」…から、「同じ目線になってコミュニケーションを取ることを求められる」ようになりました。また、「女性は家のことをやる」・「男性は外で働く」という概念もなくなってきていますよね。

そして、今は「3生」というワードのようです。

≪3生≫

・生存力…家庭内でトラブルが起こった時に対処できる力がある
・生活力…妻に頼らなくても家事をこなすことができる力、親に依存しなくても経済的に自立できる力がある
・生産力…何もないところから、新しいものを生み出す力がある。人脈があり人望が厚い

今の時代は、生き抜く力が強い男性がモテます。経済力がメインではないようです。ひと言でまとめるならば、「サバイバル力」です。

極端ですが、ある日突然無人島で暮らすことになっても、そこから人生を切り開いていけるような生命力に溢れた男性が求められています。

時代に合わせて、理想とする結婚の条件は変わっていきますね。

なので、時代や世代に合わせて趣味などを変えたり、試したりしていく必要もあるかもしれません。

「3生」でない人は、趣味や考えが合わないと結婚できないなんてことになりますよ!そのためにも、ぜひ「楽活」が推奨する「はじめの半歩」を実践してみませんか?

ネクタイ 派手夫

ネクタイ 派手夫

投稿者の記事一覧

結心会会長・上野直昭。1981年 損害保険会社に入社して以来保険一筋
全国数多くの生命保険、損害保険代理店さんと交流があり、業界情報量はダントツ?です保険ビジネスについて熱く語るブログ「ネクタイ派手夫の保険流通革命」を11年間毎日欠かさず更新中!

関連記事

  1. 2020年6月、隅田川に新たなランドマークが誕生!すみだリバーウ…
  2. 「ぼっち」の時代!「お一人様」でも安心な商品を開発する?
  3. 「サブスクリプション」の時代!賢く利用すれば楽しい生活が待ってい…
  4. 2020年の初詣は川崎大師に!マル秘開運スポットや周辺グルメ情報…
  5. 令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!…
  6. 『モードとアートの香水瓶―ポワレ、スキャパレッリ、ディオール』が…
  7. 「資産寿命」を考えよう!~老後の2000万円の不足に備えるために…
  8. 【速報】2020年9月、人気クリエイター佐藤可士和の初めての大規…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

首都圏から気軽に行ける!山梨県の「芸術の森公園」でアートの秋を満喫してきました!

山梨県甲府市の観光スポットの一つに芸術の森公園があります。公園内には、山梨県立美術館と山梨…

9月19日から開催!藝大アートプラザ人気No.1の展覧会「藝大の猫展2020」での注目点とは?展覧会直前まとめ!

※本記事は、藝大アートプラザ様のご厚意にて、以下の記事を転載させていただいたものとなります。…

清春芸術村は素敵な建物に出会えるアーティストコロニー!文豪やアーティストの息遣いが感じられました!

素敵な建物に出会える「清春芸術村」(きよはるげいじゅつむら)へ行ってきました!廃校となった清春小学…

上野の美術館帰りにオススメ!アイリッシュパブ「The World End」のクラフトビールがバカ旨でした!

唐突ですが、美術館や博物館で真剣に見た後って、お腹へりますよね?その証拠に、今ミュージアム…

アントワープの見どころを紹介!ルーベンスとダイヤモンドの街【明菜のオランダ・ベルギー紀行 Vol.5】

こんにちは、海外大好き美術ブロガーの明菜です。突然ですが、ベルギーといえば皆さんは何をイメージしま…

PAGE TOP