アート

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。

10月の終わり、秋の青森県に行ってきました!青森には以前から行ってみたかった美術館があったのです。

チェ・ジョンファ《フラワー・ホース》

それが、十和田市現代美術館!白い箱がいくつも繋がったような外観が印象的な建物です。大きな窓には、自然光がたっぷりと降り注いでいます。

スゥ・ドーホー《コーズ・アンド・エフェクト》

十和田市現代美術館では、国内外で活躍する現代アーティストの作品をたくさん見ることができます。《コーズ・アンド・エフェクト》は見る人をすっぽりと包み込むほど大きな作品ですが、実はとても小さな人型のフィギュアが連結してできています。

スゥ・ドーホー《コーズ・アンド・エフェクト》

すべてのフィギュアが同じ体勢で肩車し合う作品…と思いきや、異なるポーズのフィギュアを一体見つけることができました!どうやら他にも違うポーズのフィギュアがあるらしいので、よく目を凝らしてぜひ探してみてくださいね。

栗林隆《ザンプランド》

天井にあざらしが突き刺さった不思議な作品も。訪れた人も隣の穴から顔を出すことができるので、あざらしが何を見ているのかワクワクしながら覗いてみましょう。

山極満博《あっちとこっちとそっち / ちいさなおとしもの》

見逃してしまいそうなところに、ひっそりと存在する作品も。この風船があるのは…秘密にしておきますので、十和田市現代美術館を訪れたら探してみてくださいね!

ロン・ミュエク《スタンディング・ウーマン》

開館当初、館内の写真撮影はNGとしていましたが、現在は一部作品を除き撮影OKとなっています。《スタンディング・ウーマン》は高さが約4メートルと巨大な作品なので、背比べをするように写真を撮る方が多いです。

奈良美智《夜露死苦ガール2012》

奈良美智さんのアートの前では、少女と同じポーズで記念写真を撮る方がとっても多かったです。インスタでよく見かける作品と対面したら、芸能人に会えたかのような不思議な気分になりますよね。

アート鑑賞に疲れてきたら、カフェ&ショップ「cube cafe&shop」で休憩を。カレーやサンドイッチなどのメニューを頼んでも良し、持ってきたお弁当を食べたり、学校の勉強のために利用したりしても良しです。

cube cafe&shop

展示室と同じく、カフェも窓が大きく自然光が降り注いでいます。取材で訪れたときも、市民の方々が憩いの場として楽しく活用している様子でした。

奥入瀬ガーリックポークとりんごのカレー

カフェのメニューで気になったのが、「奥入瀬ガーリックポークとりんごのカレー」です!カレーの中に小さくカットされた青森のリンゴが入っており、甘い果汁がカレーの辛味をまろやかにまとめてくれる絶品でした!

草間彌生《愛はとこしえ十和田でうたう》

美術館の内側だけでなく、外に出てもアートを楽しむことができます。春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪と、日本の四季を堪能できる十和田市ならではのお散歩ができますよ!

美術館基本情報

十和田市現代美術館
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9
http://towadaartcenter.com/
※開館日・開館時間などは美術館ホームページを参照

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

「芸術鑑賞はエンタメ!」
を伝えるため、勢いと慣性に任せた自由ブログ「アートの定理」を運営中。展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴る普通のブロガーです。[楽活]では美術館へのハードルを下げ、テンションの上がる記事を書いています。アートのある楽しい生活へのお手伝いを、させてください。

関連記事

  1. [終了]楽活トークイベント:美術館に出かけてみよう! ~いちばん…
  2. 爆音上映ならぬ勉強上映? スクリーンから西洋美術を学ぶ。『アート…
  3. デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!…
  4. 【趣味れーしょん美術館】#002:ヌード展の想定外な展示とスマフ…
  5. 【セミナーレポート】夢の西洋美術史500年/第4回:新古典・ロマ…
  6. 【趣味れーしょん美術館】#001:横山大観展は極端アートがぞろぞ…
  7. 時を超え、いまに受け継がれる伝統:【特別展】琳派 俵屋宗達から田…
  8. 【てつとび】美術館編:快適![快速リゾートやまどり]で行く、高原…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

渋谷のバー「Six Sense」が新たな現代アートの発信基地に?!第1回はロシアのアーティストEvgeny Ches氏が登場!

最近、公園や映画館、レストランなど美術館以外でも様々な場所でカジュアルに現代アートを楽しめる場所が…

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。…

芸術の街「ウィーン」でクリムトの作品をたっぷり堪能してきた!

少し前になりますが、ウィーンに行ってきました。みなさんは、ウィーンといえば何を思い浮かべますか?…

【デュフィ知ってる?】マルチな才能が分かる『ラウル・デュフィ展 絵画とテキスタイル・デザイン』

《ニースの窓辺》 1928年 油彩/キャンバス 島根県立美術館蔵ラウル・デュフィという画家をご存…

令和初の新銘柄が登場!福井発「いちほまれ」が食欲の秋に発売開始!

みなさん、お米は大好きですか?どうも近年、「炭水化物ダイエット」の流行の影響で、敬遠される向きはあ…

PAGE TOP