アート

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。

10月の終わり、秋の青森県に行ってきました!青森には以前から行ってみたかった美術館があったのです。

チェ・ジョンファ《フラワー・ホース》

それが、十和田市現代美術館!白い箱がいくつも繋がったような外観が印象的な建物です。大きな窓には、自然光がたっぷりと降り注いでいます。

スゥ・ドーホー《コーズ・アンド・エフェクト》

十和田市現代美術館では、国内外で活躍する現代アーティストの作品をたくさん見ることができます。《コーズ・アンド・エフェクト》は見る人をすっぽりと包み込むほど大きな作品ですが、実はとても小さな人型のフィギュアが連結してできています。

スゥ・ドーホー《コーズ・アンド・エフェクト》

すべてのフィギュアが同じ体勢で肩車し合う作品…と思いきや、異なるポーズのフィギュアを一体見つけることができました!どうやら他にも違うポーズのフィギュアがあるらしいので、よく目を凝らしてぜひ探してみてくださいね。

栗林隆《ザンプランド》

天井にあざらしが突き刺さった不思議な作品も。訪れた人も隣の穴から顔を出すことができるので、あざらしが何を見ているのかワクワクしながら覗いてみましょう。

山極満博《あっちとこっちとそっち / ちいさなおとしもの》

見逃してしまいそうなところに、ひっそりと存在する作品も。この風船があるのは…秘密にしておきますので、十和田市現代美術館を訪れたら探してみてくださいね!

ロン・ミュエク《スタンディング・ウーマン》

開館当初、館内の写真撮影はNGとしていましたが、現在は一部作品を除き撮影OKとなっています。《スタンディング・ウーマン》は高さが約4メートルと巨大な作品なので、背比べをするように写真を撮る方が多いです。

奈良美智《夜露死苦ガール2012》

奈良美智さんのアートの前では、少女と同じポーズで記念写真を撮る方がとっても多かったです。インスタでよく見かける作品と対面したら、芸能人に会えたかのような不思議な気分になりますよね。

アート鑑賞に疲れてきたら、カフェ&ショップ「cube cafe&shop」で休憩を。カレーやサンドイッチなどのメニューを頼んでも良し、持ってきたお弁当を食べたり、学校の勉強のために利用したりしても良しです。

cube cafe&shop

展示室と同じく、カフェも窓が大きく自然光が降り注いでいます。取材で訪れたときも、市民の方々が憩いの場として楽しく活用している様子でした。

奥入瀬ガーリックポークとりんごのカレー

カフェのメニューで気になったのが、「奥入瀬ガーリックポークとりんごのカレー」です!カレーの中に小さくカットされた青森のリンゴが入っており、甘い果汁がカレーの辛味をまろやかにまとめてくれる絶品でした!

草間彌生《愛はとこしえ十和田でうたう》

美術館の内側だけでなく、外に出てもアートを楽しむことができます。春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪と、日本の四季を堪能できる十和田市ならではのお散歩ができますよ!

美術館基本情報

十和田市現代美術館
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9
http://towadaartcenter.com/
※開館日・開館時間などは美術館ホームページを参照

明菜

投稿者の記事一覧

美術ブロガー/ライター。美術ブログ「アートの定理」をはじめ、各種メディアで美術館めぐりの楽しさを発信。西洋美術、日本美術、現代アート、建築、装飾、ファッションなど、扱うジャンルは多岐にわたる。人間より猫やスズメに好かれる体質のため、可愛い動物の写真や動画もSNSで発信している。

関連記事

  1. よしもと芸人たいぞうさんと「ザ・ニュースペーパー」の福本ヒデさん…
  2. 女優・かでなれおんさんがデザイン!横須賀にクリスマス限定の巨大な…
  3. 【速報】快挙!柴田あゆみさんの切り絵が『週刊文春』の巻頭カラーで…
  4. 書籍やカタログ、絵はがきで振り返る「国立西洋美術館」の名品!休館…
  5. かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が…
  6. 遠征必至!西洋美術最大の巨匠「カラヴァッジョ」が札幌にやってきた…
  7. いつでもどこでもアートと一緒!憧れの絵画を指先に描く「絵画ネイル…
  8. 広大なデホーヘフェルウェ国立公園でサイクリング&アート鑑賞【クレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

京都でしか見られない日本初公開作品100点を含む約200点が来日!アンディ・ウォーホル「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展

ポップ・アートの旗手としてアメリカの大量消費社会の光と影を描いたアンディ・ウォーホル。…

【顔面学講座⑧】男顔・女顔   近ごろ「女顔」のほうが人気なのはなぜ?

ジェンダーフリーやジェンダーレスが叫ばれる昨今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル・…

かわいい日本美術が集結!『国宝 鳥獣戯画と愛らしき日本の美術』が福岡市美術館で開催

京都・栂尾(とがのお)に位置する高山寺所蔵の国宝『鳥獣戯画』。ウサギやカエルなどの動物たちが擬…

この秋、KITTE丸の内が巨大な切り絵に包まれる!柴田あゆみさん初のパブリックアートが登場!

これまで楽活で強力にプッシュしてきた切り絵アーティスト・柴田あゆみさんの待望の新作が、9月17日か…

「縄文アートライフデザイン展」開催!縄文アートに触れられる2日間を楽しもう!

1877年9月16日、アメリカ人の動物学者であるエドワード・S・モースが、東京の品川区・大田区…

PAGE TOP