アート

【青森】十和田市現代美術館の現代アートが楽しすぎる!りんごカレーも美味!

楽活をご覧の皆さん、こんにちは!東京のアートだけでは満足できなくなった、美術ブロガーの明菜です。

10月の終わり、秋の青森県に行ってきました!青森には以前から行ってみたかった美術館があったのです。

チェ・ジョンファ《フラワー・ホース》

それが、十和田市現代美術館!白い箱がいくつも繋がったような外観が印象的な建物です。大きな窓には、自然光がたっぷりと降り注いでいます。

スゥ・ドーホー《コーズ・アンド・エフェクト》

十和田市現代美術館では、国内外で活躍する現代アーティストの作品をたくさん見ることができます。《コーズ・アンド・エフェクト》は見る人をすっぽりと包み込むほど大きな作品ですが、実はとても小さな人型のフィギュアが連結してできています。

スゥ・ドーホー《コーズ・アンド・エフェクト》

すべてのフィギュアが同じ体勢で肩車し合う作品…と思いきや、異なるポーズのフィギュアを一体見つけることができました!どうやら他にも違うポーズのフィギュアがあるらしいので、よく目を凝らしてぜひ探してみてくださいね。

栗林隆《ザンプランド》

天井にあざらしが突き刺さった不思議な作品も。訪れた人も隣の穴から顔を出すことができるので、あざらしが何を見ているのかワクワクしながら覗いてみましょう。

山極満博《あっちとこっちとそっち / ちいさなおとしもの》

見逃してしまいそうなところに、ひっそりと存在する作品も。この風船があるのは…秘密にしておきますので、十和田市現代美術館を訪れたら探してみてくださいね!

ロン・ミュエク《スタンディング・ウーマン》

開館当初、館内の写真撮影はNGとしていましたが、現在は一部作品を除き撮影OKとなっています。《スタンディング・ウーマン》は高さが約4メートルと巨大な作品なので、背比べをするように写真を撮る方が多いです。

奈良美智《夜露死苦ガール2012》

奈良美智さんのアートの前では、少女と同じポーズで記念写真を撮る方がとっても多かったです。インスタでよく見かける作品と対面したら、芸能人に会えたかのような不思議な気分になりますよね。

アート鑑賞に疲れてきたら、カフェ&ショップ「cube cafe&shop」で休憩を。カレーやサンドイッチなどのメニューを頼んでも良し、持ってきたお弁当を食べたり、学校の勉強のために利用したりしても良しです。

cube cafe&shop

展示室と同じく、カフェも窓が大きく自然光が降り注いでいます。取材で訪れたときも、市民の方々が憩いの場として楽しく活用している様子でした。

奥入瀬ガーリックポークとりんごのカレー

カフェのメニューで気になったのが、「奥入瀬ガーリックポークとりんごのカレー」です!カレーの中に小さくカットされた青森のリンゴが入っており、甘い果汁がカレーの辛味をまろやかにまとめてくれる絶品でした!

草間彌生《愛はとこしえ十和田でうたう》

美術館の内側だけでなく、外に出てもアートを楽しむことができます。春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪と、日本の四季を堪能できる十和田市ならではのお散歩ができますよ!

美術館基本情報

十和田市現代美術館
〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9
http://towadaartcenter.com/
※開館日・開館時間などは美術館ホームページを参照

明菜

明菜

投稿者の記事一覧

「芸術鑑賞はエンタメ!」
を伝えるため、勢いと慣性に任せた自由ブログ「アートの定理」を運営中。展覧会の感想、作品の考察、ミュージアム私小説など、1人井戸端会議を綴る普通のブロガーです。[楽活]では美術館へのハードルを下げ、テンションの上がる記事を書いています。アートのある楽しい生活へのお手伝いを、させてください。

関連記事

  1. 【趣味れーしょん美術館】#006 二度見する、揺れる絵画『ゆらぎ…
  2. いつだって“盛って”きた!『ルーヴル美術館展 肖像芸術─人は人を…
  3. 霧と光で涼を楽しむ。WOWが手がけるデジタルアート庭園
  4. 未公開作品大量32点!嵯峨嵐山文華館「いちからわかる 円山応挙と…
  5. ズキュウウゥン!『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』8月開…
  6. 今度の若冲展はひと味違う!福田美術館「若冲誕生展」に行ってきた!…
  7. エッシャーが命がけで守った珠玉の作品群!メスキータ展を見逃すな!…
  8. 「日本刀の華 備前刀」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

現代人の狩猟採集?『ジャム・セッション 鴻池朋子 ちゅうがえり』で開かれる「内と外」

こんにちは、美術ブロガーの明菜です。アーティゾン美術館で開催中の展覧会『ジャム・セッション 鴻池…

【展示場所を探しているアーティストの方へ】渋谷・西麻布のバー「SIX SENSE」が展示施設無料提供中です!

以前、楽活編集部にてオープニング・パーティの様子を取材させて頂いた、プロジェクション・マッピングと…

「東京 TOKYO / MIKA NINAGAWA」で蜷川実花さんワールドに触れてきました!

6月12日(金)から渋谷パルコ4F・PARCO MUSEUM TOKYOで開催している蜷川美花さん…

今、オンラインが熱い!Withコロナ時代の4つの新しい美術鑑賞のあり方を一挙紹介!

緊急事態宣言が解除されて早くも約1ヶ月が経過しようとしています。3月頃から始まった約2ヶ月間の自粛…

どんなアーティスト?見どころは?『オラファー・エリアソン ときに川は橋となる』を徹底紹介!

こんにちは、久々に美術館に行って息を吹き返した、美術ブロガーの明菜です。話題の現代アートの…

PAGE TOP