アート

美術芸人の新境地!『福本ヒデのシュルレアリスム展』が横浜黄金町のカフェ「Art and Syrup」で開催!(2022/6/25~8/18)

2022年6月25日から8月18日まで、社会風刺コントグループの「ザ・ニュースペーパー」の福本ヒデさんによる『福本ヒデのシュルレアリスム展』が開催されます。開催場所は、浜の下町風情残る黄金町&阪東橋エリアにある喫茶・軽食&アートスペース「Art and Syrup」です。

福本ヒデさんは、「ザ・ニュースペーパー」での時事ネタによるコントだけでなく、美術史にも精通した「美術芸人」。名画を題材に政治パロディ画を制作しています。そんな福本ヒデさんが今回の個展に選んだ題材は、“シュルレアリスム=超現実主義”です。

【シュルレアリスム】心の純粋な自動現象(オートマティズム)であり、それにもとづいて口述、記述、その他あらゆる方法を用いつつ、思考の実際上の働きを表現しようと企てる。

――アンドレ・ブルトン『シュルレアリスム宣言』(岩波文庫)より

20世紀前半に隆盛したこの芸術運動を福本さん流にひも解き、自身の内面を発露した超現実主義的なシュルレアリスム絵画を展示・販売します。

福本さんから、楽活向けに特別にコメントをいただきました。

シュルレアリスムの画家、ダリ、マグリック、エルンスト、ミロなどの作品は、観たことない世界でワクワクします。彼らが製作する時にやっているように、『自分の内面から出てくるものを偶然に任せて表現する事』を、僕もやってみたくなりました。

何も考えずに描きはじめる、眠たい時に描く、描いた作品と写真をコラージュする、絵具を吹きかける、垂らす、塗料の化学変化、など、なるべく偶然性に身を委ねようとしています。

誰かの心が動くシュルレアリスムの作品ができるのか、自己満足で終わるのか、挑戦であり、本気の遊びなのです。

展示の制作前に、横浜の黄金町という街を訪れました。かつて、違法風俗、ちょんの間があった地区が、アートの街に変貌している様子を見学しました。街から着想を得た作品を展示します。

(福本ヒデさん)

本展での出品予定作品の一つ《白黒》を見てみましょう。偶然の化学反応でひび割れた白のキャンバス、絵具を垂らし砂を混ぜた黒のキャンバスの対の作品です。

それぞれ、写真を合成しています。これらの作品は、黄金町が違法風俗からアートの街に変わったことに違和感を感じたことから着想されました。白黒ハッキリつけた街。過去はすべて黒歴史なのか?アートは白?そんなに白黒ハッキリつけなくてよいのでは?そんな思いが込められているそうです。

これまでの政治パロディ画とはまた違った、無意識な内的世界を表現した作品と共に、アーティスト・福本ヒデさんの新境地を楽しんでみてください!

『福本ヒデのシュルレアリスム展』詳細情報

開催場所:アートアンドシロップ
横浜市中区曙町5-63-5
Tel. 045-263-1019
開催期間:2022年6月25日(土)~8月18日(木)
※展覧会のお休みは、「Art and Syrup」の休業日に準じます。
※展覧会にご来店の際は、1ドリンク以上のオーダーをお願いします。
公式HP:https://artandsyrup.com/

福本ヒデ プロフィール

広島県出身。社会風刺コントグループ「ザ・ニュースペーパー」メンバー。美術検定1級(アートナビゲーター)を取得し、政治風刺画をまとめた書籍『永田町絵画館』(ワニブックス刊)はじめ、Youtubeチャンネル「福本ヒデ美術館」、自身がデザインしたオリジナルグッズを販売するサイト「FUKUHIDE‘S WORLD」など、「美術芸人」としても多方面で活躍中。

関連記事

  1. 「ミツワ硝子工芸」工房見学レポート!江戸切子を現代に継承する若き…
  2. 遠征必至!西洋美術最大の巨匠「カラヴァッジョ」が札幌にやってきた…
  3. 【速報】2022年秋、京都国立博物館にて、特別展「京に生きる文化…
  4. 【速報】絵画公募展「FACE2022」のグランプリ、受賞作品9点…
  5. 日本映画再興の起爆剤になるか?国立の映画専門美術館「国立映画アー…
  6. デジタル迷路の森へようこそ。『チームラボ ボーダレス』オープン!…
  7. 自宅でも再生可能?!美術展で増える「スマホ音声ガイド」の特徴や活…
  8. ドイツ・カッセルの風刺画専門美術館「Caricatura-Gal…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シネマ

アート

おすすめ記事

「森のきのこ倶楽部」サンゴハリタケの18日間連続栽培レポート!数量限定の栽培キットで育てました!

「めずらしいきのこ」との出会いそのきのこに出会ったのは、Twitterがきっかけでした。…

印象派の先にはどんな名品があるの?プチ・パレ美術館展でわかる「印象派のその後」(SOMPO美術館)

みなさんは、SOMPO美術館といえばどんなイメージがありますか?おそらく、「ひまわり」のある美術館…

【群馬と新潟のイチオシ紫陽花鑑賞スポット】梅雨の風物詩アジサイの美しさをご堪能あれ!

例年6月から7月にかけて見頃を迎えるのが、紫陽花(アジサイ)です。満開になった淡い色の花は、梅雨時…

早見優が26年ぶりに主演!ミュージカル『mother』が7/13からスタート!

最近、幻のライブ盤が発売されるなど、デビュー40周年を期に芸能活動を本格化させている早見優。この夏…

「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」最終日に登場する「CHIBI with Friends」に注目!

今年、本土復帰50周年を迎えた沖縄で「祖国復帰50周年CANNON7周年フェス」が 6月20日から…

PAGE TOP